2017年9月22日 (金)

ツルギキョウ

Turugikyok_3_9416   (ツルギキョウ 2017.9.22)
 19日に行く予定が体調を崩し、今日になってしまいました。山道を一時間半ほど歩き、見てきました。まだ蕾もありましたが、実になっているのも多く、いまいちでした。今年は、「はずれ」と言った感じです。この場所が北限のようです。

Turugokyok_3_9425

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年9月21日 (木)

マツカゼソウ

Matukazesok_3_9299   (マツカゼソウ 2017.9.18)
 4ミリほどの白い小さな四弁花は目立ちませんが葉が綺麗です。「松風草」というなんとも趣のある名前がつけられています。葉や茎が柔らかく,わずかな風で揺れる様から名付けられたようです。写真の撮りにくい花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月20日 (水)

ツリフネソウ

Turihunesok_3_9289   (ツリフネソウ 2017.9.18)
 ツリフネソウを見ると、子供の頃の庭の鳳仙花を思い出します。ツリフネソウと同じ仲間です。どこの家の庭にも在り、熟した実を指で触り、弾けさせるのが遊びの一つでした。ツリフネソウの花は普通は紅紫色ですが、時々白い花を見かけます。
Turuhunesok_3_9363 白い花がある場所では中間のピンクの株もよくあるのですが、この場所はありませんでした。
Turihunesok_3_9355

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月19日 (火)

キツリフネ

Kiturihunek_3_9332   (キツリフネ 2017.9.18)
 アケボノソウの咲いていた沢沿の藪に咲いていたキツリフネです。ツリフネソウもようやく、散歩道などで咲き始めていますが、キツリフネは山地で見られ、花期がツリフネソウより少し早いようです。花が終わっているものが多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月18日 (月)

アケボノソウ

Akebonosok_3_9249   (アケボノソウ 2017.9.18)
 この時期も、春と同じく見たい花が多く、体が何個か欲しい時期です。今日はアケボノソウを見に出かけました。毎年花期が微妙に違い、タイミングが難しいアケボノソウ、今年は綺麗な状態のものが見られました。
Akebonosok_3_9233 花が次々と咲くので全ての花が新鮮なものと言うわけにはいきません。葯の落ちたものも在りますが蕾も沢山あるので、丁度見頃でしょうか。
Akebonosok_3_9254   画像をクリックして拡大して見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年9月17日 (日)

ムカゴニンジン

Mukagoninnjinimg_0801   (ムカゴニンジン 2017.9.16)
 観察会の前にスタート地点の湿地を覗いて見ました。もう実になりけていましたが、地味なムカゴニンジンが草むらにひそりと咲いていました。葉脇にムカゴができるので、見分けやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月16日 (土)

ヤマナシ

Yamanasiimg_0813   (ヤマナシの実 2017.9.16)
 今日は地元のサークルの観察会で市内の山を歩いてきました。秋の花が咲き始めていました。市内では初めてヤマナシ(梨の原種)の実が見られました。大きさは直径4cmほどの実が沢山なっていました。写真では大きく見えますが、ちっちゃい実です。
Yamanasi20150425nikon0534   (ヤマナシの花 2015.4.25)
 実はこの木の花は以前見ていました。その時はエゾノコリンゴ?、でも当地に記録はないので???でした。葯がが紫色が特徴のようです。これでスッキリしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年9月15日 (金)

ヒメハッカ

Himehakkaimg_0782   (ヒメハッカ 2017.9.15)
 5年前に初めて見たこの花、それ以後お目にかかっていません。準絶滅危惧種ですので、そうは見られないようです。5年前に見た湿地に行って見ました。乾燥化しており、以前のような状態の花は見られませんでしたが、なんとか数株の花が見られました。
Himehakkaimg_0780

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月14日 (木)

メドハギ

Medohagik_3_9137   (メドハギ 2017.9.9)
 小さな花をつけるマメ科の多年草です。乾いた草地や河原でよく見られます。白っぽい旗弁に紫色の斑があります。 昔、この茎を占いの筮(めどき)に使ったのでメドハギと名が付きました。その後は竹で作った筮竹(ぜいちく)が多くなったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月13日 (水)

ヤブマメ

Yabumameimg_0758   (ヤブマメ 2017.9.13)
 この時期、マメ科の花が多く見られますが、葉に隠れて見つけにくいものもあります。ヤブマメも花が小さく、気づかず見落としてしまうことの多い一つです。ウズラ豆に似た実をつけますが、そのほかに茎の一部から地中に枝が伸び、土の中でも果実を実らせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«アレチヌスビトハギ