2024年5月21日 (火)

トベラ

K3_3632

    (トベラ 2024.5.17)
 この時期,海岸で見られる花です。咲きはじめは真っ白で古くなるとクリーム色になります。とても良い香りがします。

K3_3692

 節分に魔よけのために枝を門扉に挿した風習があったことから「扉の木」とよばれ、これが転嫁してトベラとなりました。 魔よけに使われた理由は、枝、葉、根に臭気があるからだそうです。

| | | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

コゴメウツギ

K3_3609_20240520195101

    (コゴメウツギ 2024.5.15)
 コゴメウツギはバラ科です。とげはありません。白い小さな花ですが、枝いっぱいに花をつけるので、山道を歩いていると良く目に入ります。近寄ってみると、花びらは5枚でへら状で繊細な可愛い花です。

K3_3616

  コゴメ(小米)は米粒を砕いたもので、小さい白い花を小米に見立てたと言います。萼筒のが内側が黄色いので遠くから見ると黄色っぽく見えます。

| | | コメント (0)

2024年5月19日 (日)

ベニバナハコネウツギ

K3_3603

    (ベニバナハコネウツギ 2024.5.15)
 ハコネウツギははじめ白色で、しだいにに紅色にかわるので、山で見ると白と紅色の混じったものが多く見られます。時々、白ばかりや濃い紅色ばかりのものを見かけます。それぞれシロバナハコネウツギ、ベニバナハコネウツギという名前が付けられています。

| | | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

ナワシロイチゴ

Dscn8029

    (ナワシロイチゴ 2024.5.14)
 キイチゴは5枚の白い花弁のものがほとんどですが、ナワシロイチゴの花は紅紫色で満開時も花びらは開かず閉じたままです(開いているのは萼です)。あちこちで見頃の花が見られます。この後、赤く熟し食べられます。

| | | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

アメリカフウロ

K3_3554

    (アメリカフウロ 2024.5.14)
 北アメリカ原産の帰化植物です.、花は小さく、淡紅白色でなかなか可愛い花です。ゲンノショウコと同じフウロソウの仲間です。葉が5~7裂し、基部まで切れ込みます。葉の縁の赤い縁取りもおしゃれです。

| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

ハコネウツギ

Dscn8015_20240516185301

    (ハコネウツギ 2024.5.12)
 花は初め白で、しだいに紅色の変わり、ニシキウツギと似ていますが花の形が違います。ウツギの名が付いていますが、卯の花のウツギは離弁花でアジサイ科、ハコネウツギやニシキウツギは合弁花でスイカズラカ科です。どちらも枝がが中空になっているので空木の名前がついています。

 

| | | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

ジャケツイバラ

Dscn7991

    (ジャケツイバラ 2024.5.11)
 ジャケツイバラが市内の山のあちこちで黄色く広がっていますが、近寄って見られる場所は少ないです。道路近くに咲いているものを探して撮影です。枝がつる状に伸び鋭い刺があるので、近寄るには要注意です。

| | | コメント (2)

2024年5月14日 (火)

ギンラン・ササバギンラン

K3_3346

    (ギンラン 2024.5.4)
 今年は花が早く、なかなか良い株に出会えませんでした。一本だけ咲いていた株になんとか出会いました。こんな年もあります。

K3_3453_20240514191101

    (ササバギンラン 2024.5.6)
 ササバギンランも、今年はなかなか出会えず、ようやく見られました。咲き始めたところで花は新鮮でした。

| | | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

ツルウメモドキ

Dscn7970

    (ツルウメモドキ 2024.5.10)
 冬、大きな木に絡まって橙赤色の実を沢山付けた姿は目立ち、毎年撮影していますが、花は地味なので滅多に撮りません、Blogも初登場です。花は小さな淡緑色で、目立ちません。葉がウメに似ていて、つる性であることから付けられた名前です。雌雄別株でこれは雄花です。

| | | コメント (2)

2024年5月12日 (日)

ヤブデマリ

K3_3520

    (ヤブデマリ 2024.5.6)
 名前の通り丘陵の藪の中で真っ白な装飾花の花が見事に咲いていました。アジサイに似ていますがアジサイの仲間はアジサイ科ですが、ヤブデマリはレンプクソウ科のガマズミの仲間で小高木です。

K3_3521

 花が同じ仲間のムシカリにそっくりですが、ヤブデマリは花柄がありますが、ムシカリには花柄がありません。

| | | コメント (0)

«ツクバネウツギ