2017年5月20日 (土)

シラン・エビネ

 5月16日、花友さん(サクラスミレさん)に誘っていただき房総の渓谷沿いを歩いてきました。ヒルに注意しながらの散策でしたが、気持ち良い山歩きでした。
Sirank3_4440
    (シラン 2017.5.16)
 昔は当地の里山でも一面いに咲いていたそうですが、自生のものはほとんど見られなくなりました。渓谷沿いの急斜面にちょうど見頃の花がたくさん咲いていました、やはり自然の中のシランは良いですね。
Sirank3_4473

Ebinnek3_4524
    (エビネ 2017.5.16)
 エビネもシラン同様、自生のものはどんどん少なくなっています。今年は地元の山のものは見に行けなかったので嬉しい出会いでした。山道の脇から藪漕ぎをして花友が見つけてくれた深山に自生している雰囲気が感じられるエビネでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年5月19日 (金)

フイリシハイスミレ

 5月10日に長野県まで出かけ、見られたフイリシハイスミレです。小雨が少し降っており、葉の模様が一段と綺麗に見えました。咲き出しの花がたくさん見られました。雨の日のスミレはしっとり落ち着いた色合いが良いですね。
Huirisihaik3_3976
Huirisihaik3_3940
Huirisihaik3_3832
Huirisihaik3_3746

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月17日 (水)

一番遅く咲くスミレ

 地元では一番遅く咲くスミレはコミヤマスミレです。昨年、一昨年は5月の初めが見頃でしたが、今年は平年並みの10日過ぎに見頃になりました。花は直径1.5cmの清楚なスミレですが、見逃せないスミレです。
Komiyamasumirek3_4219
    (コミヤマスミレ 2017.5.12)
Komiyamasumirek3_4213

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゲンジスミレ

 ゲンジスミレは地元にはありませんので見る機会が少なく、見たいスミレの一つです。山梨県や長野県では良く見られるようです。今年は長野県で見られました。
Genjik3_3410
    (ゲンジスミレ 2017.5.8)
 ゲンジスミレは日当たりの良い乾き気味の場所で見られますが、この株は陽の当たらない、場所のもので、そのせいか葉の色が黒っぽく、花の色もちょっとくすんだような色です。
Genjisumirek3_4085
    (ゲンジスミレ 2017.5.11)
 こちらは日当たりの良い土手に咲いていたもので、咲き始めの淡い紅紫色の可愛い花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月15日 (月)

ヤブサンザシ

Yabusannzasik3_3337    (ヤブサンザシ 2017.5.8)
 初めてに出会いです。スグリの仲間で本州・四国・九州・中国に分布しますが、個体数が少なく見る機会が少ないようです。雌雄別株でこれは雄花です。黄緑色の小さな花です。沢沿いに咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年5月14日 (日)

テンナンショウの仲間達

 テンナンショウの仲間はみんな良く似ていて、私には名前の同定はできません。群馬県で見られたものです。花友に教えてもらいました。
Mikunitennannsyok3_3624
    (ミクニテンナンショウ 2017.5.9)
 群馬県の三国山で見つけられたものだそうです。仏炎苞は緑色で舷部の外側の中央に1本の白い筋が入っているのが特徴だそうです。
Yosinagamamusik3_3585
    (ヨシナガマムシグサ 2017.5.9)
 地元で良く見るミミガタテンナンショウを小さくしたような感じでした。別名コウチテンナンショウとも呼ばれ、正式にはヒガンマムシグサ?とか・・・
Mamusigusak3_3600
    (マムシグサ 2017.5.9)
 仏炎苞は緑色~紫色で、色や形に変異が多いようです。この仲間は奇妙な花ですが、植物好きな人には結構人気があり、良く見ると綺麗な姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月13日 (土)

オオコガネネコノメソウ

Koganenekonomen9701    (オオコガネネコノメソウ 2017.5.9)
 コガネネコノメソウの変種で、全体が大きく、茎にびっしりと白毛が生えるものはオオコガネネコノメソウと呼ばれています。両者を区別しないとする学者もいるようです。コガネネコノメソウの分布は関東以西となっていますが、茨城県では見られません。
Koganek3_3564
 コガネネコノメソウは群馬県では普通に見られるようで、これも群馬県で見たものです。黄金の名が付くだけあって萼片の色が濃いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月12日 (金)

チチブシロガネソウ

 5月8日から11日まで群馬県、長野県を回ってきました。
Titibusirokanek3_3509
    (チチブシロガネソウ 2017.5.9)
 長野県以北に分布しますが、茨城県では見られない花です。真っ白な清楚な花です。以前、長野県で見ていますが、群馬県で見るのは初めてです。埼玉県秩父市で発見され、その後群馬、長野、栃木などで、見つかっています。
Titibisorokanek3_3519
 道路、近くの林なので、撮影には気を使います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年5月11日 (木)

イズハハコ

Izuhahakok3_3416    (イズハハコ 2017.5.8)
 春と秋に花を咲かせるキク科の地味な花です。関東以西に分布する絶滅器具種で茨城県内では記録がありません。群馬県で見てきました。和名は伊豆半島の海岸に多いことからついています。

Izuhahakok3_3424

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月 7日 (日)

交雑スミレ達(群馬編)

Hiratukak3_2877   (ヒラツカスミレ)
 ヒゴスミレとエイザンスミレの交雑
Tanaosumirek3_2972
   (タナオスミレ)
 ヒゴスミレとフモトスミレの交雑
Sihaihumotok3_2954
  (シハイスミレとフモトスミレの交雑?)
 happy01 
 明日から11日まで出かけますのでBlogはお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«スミレ以外の花達(群馬編)