トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

久しぶりの山歩き

今年に入ってから2月に2回ほどハイキングに参加しましたが、今日は今年初めて一人で、のんびり山歩きに行ってきました。低山ですが、里よりは気温が低いので花はこれからですが、ダンコウバイが満開、ショウジョウバカマもかなり咲いていました。
私の山歩きは植物を観察しながらですから、時間がかかります。頂上を目指すより自然を楽しむ散歩みたいなものですから、一人の時は時間はあまり気にしません。でも今日はちゃんと頂上まで登ってきました。
(写真:ダンコウバイ 檀香梅 鍋足山)
明日から新潟に行ってきます。天気は雪のようです。Dankobai06_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月27日 (月)

ハコベ

春の七草で今、花をつけているものといえば、hakobeナズナ、ハコベです。
「春の七草」も花が咲くようになると食べるには適さないようです。
特にペンペン草と呼ばれるナズナは葉が固く美味しくない。
ハコベはまだ美味しそうに見えるがどうだろうか。ハコベは小鳥の餌でおなじみであり、ヒヨコグサと呼ばれている。英語でもChickweed(「にわとりの雑草」)と言うそうだ。
ハコベの花びらは10枚に見えるが、実は5枚で基部近くまで2つに裂けている。

(写真;コハコベ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月26日 (日)

土筆だれの子

「つくしだれの子、すぎなの子」こんな言葉を今の子は知っているだろうか。
土筆も杉菜も植物学上はスギナと呼ぶ。シダの仲間でツクシはスギナの胞子茎である。
スギナは畑や庭に入り込むと繁殖力が極めて強く、厄介ものになる。
しかしツクシには日本全国で500以上も方言があるというから、いかに日本人に親しまれてきたかがわかる。
「つくつくぼうし つくぼうし どこを継いだか当ててみろ」というわらべ歌もあり、子供の遊びは全国的のようだ。
ツクシは酢の物、ゴマ和え、煮びたしなどにも利用され日本人の伝統的な味であろう。
散歩道に敷き詰めたように生えていた。
tukusi

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月24日 (金)

在来種のイヌノフグリ

今の時期、道端や野原でオオイヌノフグリがルリ色の花を一面に咲かせています。
この花はヨーロッパからきた帰化植物です。日本にはイヌノフグリという植物があり以前は普通に見られました。ところがオオイヌノフグリが日本に入ってきてから追いやられるように少なくなってしまったようです。
我が家の近くに1カ所だけイヌノフグリが生えています。10年ほど前に教えてもらってから、毎年確認しています。今年も咲いており、ほっとしました。花は淡紅白色で直径3ミリくらいですからよほど注意しないと見つかりません。
タンポポもセイヨウタンポポが幅をきかせ在来の日本たんぽぽ(カントウタンポポほか)が減ってきています。
(写真:イヌノフグリ 上の大きい花がオオイヌノフグリ)inunohugu

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月23日 (木)

一雨ごとに

昨夜遅くから降り始めた雨も昼前にはやみ、青空がhotokenoza
出てきました。雨上がり、鶯が気持ち良さそうに鳴いています。一羽はまだ鳴き方がおぼつかなく練習中のようです。
散歩道にはホトケノザが鮮やかに咲いています。まだ花が少ないこの時期、一番目立つ花です。
12月から咲いていますが、やはり今が見頃です。
(写真:ホトケノザ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月21日 (火)

梅香る

お墓参りの帰りに霊園の近くの梅林に寄ってみた。ume
満開のものから2、3分咲きの木と丁度見頃、ほんのりと梅の香りが心地良い。
人も比較的少なくのんびりと散策、タチツボスミレが数株咲いていた。梅の木の下でキツネノカミソリが緑の元気な葉を拡げていた。ここは8月になると一面にキツネノカミソリで黄赤色に染まる場所、その時期はほとんど人は見かけない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年3月20日 (月)

春まじか

毎年、お彼岸になると、ようやく野山歩きの始まりで浮き浮き気分・・・・
毎日の散歩道にも春の花が少しづつ目立つようになる。
オオイヌノフグリもホトケノザも色鮮やかになり、花も目立つようになってきた。
今日は散歩道で在来種のカントウタンポポを見つけた。
ちょっと冷たい風が吹いていたが、春を感じることが出来た。春は目の前だ!
(写真:オオイヌヌフグリ)ooinu

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2006年4月 »