« 一雨ごとに | トップページ | 土筆だれの子 »

2006年3月24日 (金)

在来種のイヌノフグリ

今の時期、道端や野原でオオイヌノフグリがルリ色の花を一面に咲かせています。
この花はヨーロッパからきた帰化植物です。日本にはイヌノフグリという植物があり以前は普通に見られました。ところがオオイヌノフグリが日本に入ってきてから追いやられるように少なくなってしまったようです。
我が家の近くに1カ所だけイヌノフグリが生えています。10年ほど前に教えてもらってから、毎年確認しています。今年も咲いており、ほっとしました。花は淡紅白色で直径3ミリくらいですからよほど注意しないと見つかりません。
タンポポもセイヨウタンポポが幅をきかせ在来の日本たんぽぽ(カントウタンポポほか)が減ってきています。
(写真:イヌノフグリ 上の大きい花がオオイヌノフグリ)inunohugu

|

« 一雨ごとに | トップページ | 土筆だれの子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在来種のイヌノフグリ:

« 一雨ごとに | トップページ | 土筆だれの子 »