« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

フデリンドウ

Fuderindo
世の中、ゴ−ルデンウイークが始まり、海外旅行、国内観光地は大変な人出のようですね。毎日が日曜日になってからは特に人出の多い休日は出来るだけ人の居ない場所か自宅でのんびりや畑、庭いじりをする事が多くなりました。「金はなくても暇がある」特権でしょうか。今日は植替え用土が無くなりやむえずホームセンターに行ったらここも何時もより人が多かったようです。
明日は人の行かない地元の山にでも行ってみます。

(フデリンドウ 2006.4.28)
県民の森に行った時のものです。芝生に沢山ありました。春まっさかりですね。

| | コメント (0)
|

2006年4月28日 (金)

ウワミズザクラ

Uwamizuzakura
桜も葉桜になり、山々も日一日と新緑が進んできました。銀色の開き始めた葉、薄い薄い緑色の葉が何とも素敵です。
八重桜も遅れて咲きますが、変わった形の花の桜が今咲いています。試験管ブラシのような形の白い花です。良く見ると結構あちこちで見られます。ウワミズザクラと言います。
似たものにイヌザクラがありますがこちらの方が花穂が小形です。

(ウワミズザクラ 2006.4.28)

| | コメント (0)
|

2006年4月27日 (木)

ムラサキケマン

Murasakikeman
暖かかったり、寒かったり天気は落ち着きませんが、花は次々と咲いていきます。雨で外に出られない日は落ち着きません。雨が上がったので散歩に出かけました。もうオドリコソウが咲き出していました。田んぼの周りにはムラサキサギゴケ、カキドウシ、キツネノボタン、スズメノテッポウなども咲いていました。
これからは朝の散歩も楽しくなります。

(ムラサキケマン 2006.4.27)
やや湿った所に生える。紅紫色はとても目立つ。華鬘は仏殿の欄間等に飾る仏具のこと。

| | コメント (0)
|

2006年4月26日 (水)

チゴユリ

Tigoyuriimgp0973
今の時期、山で会う人は大抵が山菜採りの人達です。山菜採りも良いのですが、タラボなど芽を全部採ってしまうため枯れてしまっているのもがあちこち目につきます。コシアブラも木を切り倒し芽を採っている人も見かけます。せめて最低のマナーは守って欲しい物です。
かわいい「チゴユリ」が咲き出してしました。

(チゴユリ 2006.4.26)

| | コメント (3)
|

2006年4月24日 (月)

キクザキイチゲ

15年前から地元の自然観察グループに入り、毎月の観察会には大抵参加しております。
今月は23日に福島県に行ってきました。白河市内は桜が満開状態でしたが、山に向かうにつれ春はまだまだの感じ、雪が解けたばかりで、日陰はあちこちまだ雪がちょっとずつ残っておりました。早春の花も未だ咲かず、唯一キクザキイチゲが咲いていました。それが素晴らしい花で、普通我々が見るのは白ばかりですが濃い青紫色でこれだけで大満足の観察会でした。
(キクザキイチゲ 2006.4.23)
Kikuzakiitige945

| | コメント (0)
|

2006年4月22日 (土)

スミレ

Sumire_1
スミレは皆さんお馴染みですが、日本にスミレは基本種で56、7種もあるそうです。スミレの仲間は大抵タチツボスミレ、マルバスミレ等○○スミレと名前がつきます。
そんな中で、今日紹介するスミレは「スミレ」という名前のスミレです。濃紫色のきれいなスミレです。団地の側溝の縁のアスファルトからぞっくりと咲いていました。
私が今までに観察したスミレは約50種です。

(スミレ 2006.4.21)

| | コメント (0)
|

2006年4月19日 (水)

早春の渓谷

Takikawakeikoku草春の渓谷歩きは静かでいい、若葉がちょっと出かかった頃で草も芽吹いたばかり、落ち葉もたっぷり、なんとも言えぬ気持の落ち着く雰囲気だ・・・・・・
歩いてもそう汗ばむ事もなく、紅葉の頃は人出の多い場所も今頃は人にも会わない。

(2006.4.19 滝川渓谷)

| | コメント (0)
|

2006年4月18日 (火)

ヤマザクラ

我が家の前の道路を挟んで向こう側は畑になっており、その脇がちょとした林になっています。
その林のヤマザクラが2、3日前から見頃になっています。そのうちの1本は大きくまことに見事な花をつけます。
花見といえばソメイヨシノがもてはやされますが、葉の展開と一緒に花が開く、ちょっと控えめなヤマザクラや白い花のオオシマザクラの方が私は好きです。
(自宅前の林のヤマザクラ、右手前が大きく見事なヤマザクラ 2006.4.18)
Yamazakura

| | コメント (2)
|

2006年4月17日 (月)

ヒトリシズカ

Hitorisizuka_1
2日間、留守にしたら花も大分進んでいるのではないかと心配しながら、カタクリを見に出かけました。
案の定、カタクリはちょっと遅めでした。でも遅いと思ったヒトリシズカが見頃でした。一時、株が減っていたのが今年は大分一面に増えていました。久しぶりの晴天で気分爽快でした。

(ヒトリシズカ 2006.4.17)

| | コメント (0)
|

2006年4月14日 (金)

モミジイチゴ

モミジイチゴの花が見たくなり、近くの山に行ってきた。
モミジイチゴは木いちごの中で一番ポピュラーで、子供の頃、この実を弁当箱に一杯採っておやつ代わりにした懐かしい思い出がある。この時期、ちょと山に入ると白いかわいい花を下向きに付けたモミジイチゴが見られる。実は橙黄色で甘酸っぱく、おいしい。
(近くの山でモミジイチゴが沢山咲いていた。2006.4.14)
Momijiitigo

| | コメント (0)
|

2006年4月12日 (水)

鉢にヒゴスミレ

Higo今日は朝から雨が降っていたが、暖かい1日だった。
昨日は蕾みだったヒゴスミレが今日見ると花を咲かせていた。
以前もらった鉢に入り込んでいたものが種をつけ別の鉢に飛び、今年芽をだしたようだ。
(鉢に芽を出し咲いたヒゴスミレ 2006.4.12)

| | コメント (0)
|

2006年4月11日 (火)

我が家の庭のスミレ

我が家の庭で一番早く咲かせてくれるのはマルバスミレです。もう我が家に住み着いてから大分経つがあちこちに増え続けている。特に縁の下が好きなようで写真のように咲いている。スミレは人間の手がある程度入っている場所に良く見られる。
我が家の庭ではこれからタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、ヒメスミレ、アリアケスミレ等が咲き出す。
(縁の下に咲くマルバスミレ 2006.4.11)
Maruba_1

| | コメント (5)
|

2006年4月10日 (月)

菜の花

Kyona
我が家の畑に水菜(京菜)の花が咲いてきた。昨年の秋、蒔いたものでいわゆる薹が立ったものである。
「菜の花」の菜はアブラナ科アブラナ属全体をさすが、本来の「菜の花」といっているものはアブラナのようである。
ハクサイ、カブ、カラシナ、キャベツ、水菜(?)も黄色花のアブラナ属で「菜の花」と呼んでいる。
春に咲く花は黄色が多い。以前、季節別に花が載っている図鑑で調べたら、確かに春は黄色、初夏は白、秋には紫や青が多かった。何故かは知らない・・・

(写真:我が家の畑に咲いた水菜 2006.4.11)

| | コメント (0)
|

2006年4月 9日 (日)

日立風流物

日立さくらまつりに出かけ、久しぶりに日立風流物Hitachihuryu
(ひたちふうりゅうもの)を見てきました。
国の重要民族文化財に指定されておりテレビでも良く紹介されています。山車に人形芝居を組み合わせたもので、特徴はからくりです。15体の人形が上下を逆転させ早返りしたり、弓矢を射ったりします。4町の4台がありそれぞれ出し物が違います。今年は「源平盛衰記」でした。
どんなものか、詳しく知りたい方は是非一度見にきて下さい。
今日は桜も満開でかなりの人出がありました。

(写真:日立風流物「源平盛衰記」2006.4.9撮影)

| | コメント (0)
|

2006年4月 8日 (土)

桜フェスティバル

4月8日はお釈迦様の降誕を祝して行われる「花祭り」(灌仏会)ですね。
子供の頃お寺さんに行き甘茶をもらって飲んだ記憶があります。しだれ桜が満開だった記憶もあります。
今日は私が入社した事業所の構内で桜フェスティバルがあり、行ってきました。
ここのソメイヨシノは私の入社3年目に建家が新築された時に道路の両側に植えられたものです。もう40年経っていますので幹も太くなり立派な花を咲かせ、桜のトンネルが出来ています。
天気はぱっとした晴天ではありませんでしたが、ときどき薄日もさしまあまあのお花見日よりでした。今日,明日はこちらでは桜祭りがあちこちで催されています。SakuraSakura3

| | コメント (0)
|

2006年4月 6日 (木)

市内の山

日立市内の桜もあちこちで見頃になってきました。
市の花が桜だけあり、日立市は桜が多い。駅前通り(平和通り)の桜は「日本のさくら名所100選」に選ばれている。今日、車で通ったら7、8分咲きで週末の桜祭りに満開になりそうである。
この桜(ソメイヨシノ)も樹齢50年を超え、衰弱に向かっている。
今日はイワウチワが見頃かと市内の山に行ってきた。先日見事な群落を見てきた後だっただけにちょと寂しい感じ、以前はもっと沢山あったのだか・・・・
千葉から見にきていた男性も「昨年より減っておりがっかりした」と言っていた。
帰り道、群馬から一人でイワウチワを見にきたが見つからないという女性に行き会った。
場所まで案内し、話して見ると、私が高崎に単身赴任していた会社に勤務していたと言う。世間は狭いものである。結局、駅まで送ってあげた。
時間があったので隣の高萩市まで行って、こちらのイワウチワも覗いて見た。
(写真は高萩市のトウゴクサバノオ)Togokusabanoo

| | コメント (2)
|

2006年4月 4日 (火)

イワウチワ

昨年イワウチワの群生地を教えてもらい、行きそびれたので、今年こそと思っていましたが、今日行ってきました。女房も行く予定だったが用事ができ一人で出発。
風もなくぽかぽか陽気でシャツにチョッチでも登り始めるとすぐに汗ばんでくる。
平日のせいか誰にも行き会わない、じっくりとイワウチワを見る事が出来ました、帰り道5、6人のおばちゃん達が登ってきた。
自宅から1時間余でこんな自然のお花畑を満喫できる幸せに感謝。下山したら丁度お昼時、駐車場のベンチでのんびり昼食、周りは梅もまだ花が満開ちょい過ぎ状態、鶯の声も聞こえる。
昼食を済ませ、道端にカタクリが咲いているとの情報を昨日インターネットで教えてもらっていたので、そこに向かう。この辺かなと車を止めるとあるある、1時間ほど観察し今日は大満足で帰宅、ビールがうまい。
(写真はイワウチワの群落)Iwautiwa0372

| | コメント (3)
|

2006年4月 3日 (月)

我が家の菜園

20年以上前から家の前に17坪ほどの畑を借りて野菜を作っています。
ジャガイモ、茄子、胡瓜、ミニトマト、エンドウ、大根、菜っ葉類、トウモロコシ、サトイモ等、毎年同じようなものですが季節折々に、いろいろなものを少しずつ楽しみながら栽培しています。勿論、消毒はしません。
今年もジャガイモは栃木県に住む同期入社の友人が送ってくれた「じゃがいも栽培法」のマニュアルどおり植付けました。これで我が家1年分の収穫はできます。自家製沢庵も毎年漬けています。
私の畑仕事は畑に生えるいわゆる雑草と言われる草の観察をしたり、時にはその花の写真を撮りながら、のんびりやっています。
今日はこれから植える茄子、胡瓜、トマトの場所つくりをやりました。
(写真はキブシの雄株、この花が咲くと本格的な春間近です)Kibusi0300

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年4月 2日 (日)

ショウジョウバカマ

1月頃には、今年は冬が寒く早春の花はSyojyobakama0301咲くのが遅れるのではと話していましたが、2、3月が例年より暖かかったようで例年より早いように感じます。
今日、昨年4月6日に行った場所にショウジョウバカマを見に行ってみたら、昨年より4日早いのに花は昨年より進んでいました。
しかしモミジの芽だしは昨年より少し遅い感じでした。
植物それぞれ、早いものや遅いもの一概には言えないようです。
こんな状態ですので、こまめに観察していないとそれぞれの花のジャストタイムを逃しそうです。これからの時期は毎年のことですが体がいくつも欲しいと思うシーズンです。
(写真はショウジョウバカマ、昨年より花が多くあちこち群生していました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年4月 1日 (土)

新潟は雪模様

30,31日と新潟にミスミソウを見に出かけました。Kosinokobaimo0257
天気予報は雪、関越トンネルを超えると横殴りの雪が降っていました。周りはまだ2mを超えそうな雪、新潟市に入ると雪もやみ地面にもほとんど雪は積もっていません。海岸沿いは雪はあまり積もらないのです。
幸い観察中はちらほら雪が降った程度でしたが、曇っていてはミスミソウは花を開かずちょっと残念でした。
31日は30日の夜に降った雪の上を歩いての観察でしたが、雪をかぶったカタクリ、コシノコバイモ、ナガハシスミレ、シュンラン、ミスミソウ、オウレン、ナヌワズ等の普段見られない花の様子を見られました。
天気ばかりはどうにもなりませんので、自然の中での植物観察は雨は雨なり、雪は雪なりの楽しみ方をすることにしています。

(写真は雪の中のコシノコバイモです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »