« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

セリの花

Seri_1春の七草の芹は夏になると笠を広げたような花をつける。俳句で芹は春の季語ですが、芹の花は当然夏の季語です。近くの休耕田に真っ白く一面に咲いていた。食べられるのは早春にもので今の時期のものはあくが強く、かたいので食べられない。セリの仲間(セリ科)は似たものが多く,名前の同定に苦労するものも多いがセリは昔から見慣れているのですぐ分かる。
(セリ〈芹〉2006.7.30)

明日からまた3日ほどでかけますのでお休みです。お土産の花の写真をお楽しみに。

| | コメント (0)
|

2006年7月29日 (土)

イヌゴマ

Inugoma7月〜8月にかけて、田んぼ道を歩いていると休耕田や田んぼの畔など、湿った所に薄紅色のかわいい花を見かける。今日も散歩途中、何カ所かで見かけた.イヌゴマである。家に帰ってからカメラを持って撮ってきた。ゴマの名がついているがゴマ科ではなくシソ科である。種がゴマに似ているが食べられないのでイヌゴマという名がつけられた。
ようやく田んぼの夏の花が見られるようになってきた。真夏の暑い時期、田んぼを歩くのは堪えるが花が多いので楽しみでもある。家の脇のクサギも花が咲きだした。いよいよ本格的な夏だ。

(イヌゴマ〈犬胡麻〉2006.7.29)

| | コメント (0)
|

2006年7月28日 (金)

ワルナスビ

Warunasubi_1暑い夏の時期になると、毎年近く河の堤防の土手に茂るワルナスビ、久しぶりで散歩に行ってみると,一面に薄紫色の花を咲かせていた。暑い時期は川沿いは涼しいので、この散歩コースが多くなる。
名前からして悪者のこの植物、北アメリカから入ってきたもので、 長さ約1cmの鋭いトゲが,葉脈の裏表,茎,花序軸にあります。繁殖力も強く,いわゆる害草といわれ嫌われ者です。白〜淡紫色の花を房状につけます。
農地に入ると、茎葉や果実にアルカロイドが含まれるため,収穫物の汚染の被害も引き起こすようです。


(ワルナスビ〈悪茄子〉2006.7.28)

| | コメント (0)
|

2006年7月27日 (木)

ノカンゾウ

Nokannzo昔はどこにでもあったキキョウ、自生のものはなかなか見られない。市内でキキョウが自生している場所に行ってみました。一輪だけひっそり咲いていました。蕾みをつけたものが何株か見られたので1週間もすれば開きそうである。車で山道をゆっくり走っているとオレンジ色のノカンゾウが目に入った。(日立は街をちょっと離れると静かな山々があります)
7月初めに紹介した八重のヤブカンゾウは人里近くにあちこちとよく見ますがノカンゾウの方はちょっと山に入った林の縁や斜面にぽつりぽつりと見られます。最近は数本纏まったものはなかなか見つからない。

(ノカンゾウ〈野萱草〉2006.7.27)

| | コメント (0)
|

2006年7月26日 (水)

コマツナギ

Komatunagiようやく朝から晴れ。朝6時、久しぶりに散歩、ようやく夏らしい日になりました。今日は昨年ホームページを見て,知り合った市内に住む、尾瀬をフィールドとして「尾瀬の写真」のホームページを開いている方と近くの山を歩いた。今の時期、ヤマユリ以外はこれといった花は無いが、尾瀬の話や、写真の話、郷土史の話等聞きながら、のんびりと楽しい散策だった。アキノタムタソウ、ヤマハギ、ママコノシリヌグイ、クサアジサイ、タマアジサイ等が咲き始めていた。道端に咲いていたコマツナギが今日の花です。
細い茎ですが,馬を繋げるほど丈夫だそうです。

(コマツナギ〈駒繋ぎ〉2006.7.26)

| | コメント (0)
|

2006年7月25日 (火)

ヤマユリ

Yamayuri今日も午前中は雨模様だったが,昼になると日差しが出てきた。何日かぶりのお天道様、早々と昼食を済ませ、気になる一週間前つぼみだったヤマユリの場所に行ってみた。一週間前は全く咲いていなかったヤマユリが満開で少し遅い感じになっていた。そこの撮影を終え、近くに無いかと歩いていると
犬を連れた人がこの先に見事なヤマユリがあると教えてくれた。行ってみるとちょっと遅めながら数10本の見事なヤマユリが斜面に生えていた。
残念ながら毎年山のヤマユリが減ってきているように感じる。

(ヤマユリ〈山百合〉2006.7.25)

| | コメント (2)
|

2006年7月24日 (月)

オオナンバンギセル

Onanbangiseru2日間は何とか天気ももちましたが、今日はまた朝から雨降りになってしまいました。昼すぎ、ちょっと小やみになった頃「オオナンバンギセルが咲いている」と電話が入り、近くの山に行ってみました。数年前見た場所に、ぽつりぽつりと花が見られました。所々掘られた跡もある(掘っていっても育たないのに・・・)。ススキ、ミョウガ等の根に寄生する寄生植物です。ナンバンギセルはよく見かけますがオオナンバンギセルはここでしか見ていません。ナンバンギセルの古名は「思い草」で万葉集にも詠まれています。

(オオナンバンギセル〈大南蛮煙管〉2006.7.24)

| | コメント (0)
|

2006年7月23日 (日)

伊吹山のユウスゲ

Yusuge21日の夜から滋賀県の伊吹山に行ってきました。夜10時にバスで日立を出発、頂上駐車場に早朝に到着。朝食をすませ頂上までの遊歩道を午前中観察し、午後1時に登山道を3合目まで歩き、そこでユウスゲを見て、ゴンドラで登山口までおりました。22日は長浜の国民宿舎に泊まり、今日は醒ケ井のバイカモを見て、帰ってきました。
伊吹山は10年ぶりでしたが、前日までは雨だったのに22日はとてもよい天気でイブキトラノオ、ミヤマコアザミ、キンバイソウ・・・のお花畑を楽しんできました。

(ユスゲ〈夕菅〉2006.7.22.17時 伊吹山3合目)

| | コメント (2)
|

2006年7月21日 (金)

メマツヨイグサ

Mematuyoigusa_1マツヨイグサの仲間で一番良く見られるのがメマツヨイグサです。北アメリカ原産で道端や河原、海岸などに野生化しています。マツヨイグサは竹下夢二の「宵待草」、太宰治の「月見草」でお馴染みですが、これはどちらもオオマツヨイグサだろうと言われています。マツヨイグサの仲間としてはこの2種の他にマツヨイグサ、コマツヨイグサ、ユウゲショウ、ツキミソウがあります。マツヨイグサはチリ原産で最も早く渡来しましたが、あまり見かけません。ツキミソウは白い花で野生化はしていません。(明日、明後日は出かけます)
(メマツヨイグサ〈雌待宵草〉  2006.7.20 近くの海岸で)

| | コメント (0)
|

2006年7月20日 (木)

スカシユリ

5月29日に御前崎に旅行した時のスカシユリを紹介しましたが、日立の海岸でも咲き始めています。時期的にかなり違いがありますね。家の近くの海水浴場の崖に数株株か咲いていました。岩の上で穫られる心配の無い所ですが、写真を撮るには遠くて望遠で何とか撮りました。このお天気で海水浴場は誰もいませんでした。きれいな花なので掘られることも多く、年々少なくなっているように感じます。
(スカシユリ〈透し百合〉2006.7.20 近くの海岸で)Sukasiyuri

| | コメント (0)
|

2006年7月19日 (水)

大雪山のお花畑

Diasetuhanatate連日の雨であちこちで被害が出ています。お気の毒なことです。
大雪山のフィルムで撮った写真が出来上がってきましたのでお花畑の写真を紹介します。旭岳山麓のチングルマとエゾノツガザクラのお花畑です。宿の旭岳温泉からロープウェイで姿見まで登り、裾合平方面を往復しました。その日の飛行機で帰るので約半日の観察でしたがエゾコザクラ、イワブクロ、キバナシャクナゲ、イワヒゲ、ジムカデ・・・・等が見られました。残念ながら旭岳は雲に隠れ全容は見られませんでした。
(チングルマ、エゾノツガザクラのお花畑 2006.7.13 旭岳山麓)

| | コメント (0)
|

2006年7月18日 (火)

コムラサキ

Murasakisikibu梅雨の後半になり、集中的に雨が降っていますね。これだけ降るとなかなか外に出る気がしません。まだ雨は続きそうですの散歩も出来ず、ストレスがたまります。庭をみると鳥が運んできた種からでた木が大きくなり花を咲かせました。コムラサキです。秋になると紫色の小さな実をつけるこの木は誰も知っていると思いますが、花は薄紫の小さな花なのであまり気がつかないかもしれません。今の時期、山を歩くと良く見かけるのは同じ仲間のムラサキシキブのほうです。庭ではコムラサキの方が植えられている事が多いです.

(コムラサキ〈小紫〉      2006.7.18)

| | コメント (0)
|

2006年7月17日 (月)

ヒメヤブラン

Yaburan今日は朝から雨が降り続き、時折激しい雨音がする一日でした。これでは外に出るわけにも行かず本を読んだり、写真を整理したり、山登りの下調べをしたりで一日が終わってしまいました。
今日の花は一昨日に撮影したヒメヤブランです。山野の木陰や海岸、日当たりの良い野原の芝地など、いろいろな環境に生えています。花は小さいのですが一面囲広がっているのでちょっと気をつければ見つけられます。
日当たりの良い所のものは色が薄いように感じます。ユリ科です。
(ヒメラブラン〈姫薮欄〉         2006.7.15)

| | コメント (0)
|

2006年7月16日 (日)

アカメガシワ

Akamegasiwa木の花は草の花に比べ撮影することが少ない。何故だろう? 下ばかり見て歩いている訳ではないのだが・・・・
今日は午後から予定があるので朝のうち家から一番近い風神山に車で行ってみました。2週間ぶりですが、花の様子もだいぶ変わっており、この時期、毎日様子が変わってくる感じがする。満開のアカメガシワを撮ってきました。新芽が赤く、葉をカシワのように葉に食べ物を乗せたことからアカメガシワの名前がつきました。雌雄別株でこの写真は雄の株でです。あちこちで見られ、赤い葉は目立つので皆さん見た事があると思います。
(アカメガシワ〈赤芽柏〉2006.7.16)

| | コメント (0)
|

2006年7月15日 (土)

オオバギボウシ

Obagibousi北海道から帰ってきたら、急に蒸し暑くなっており、今日もちょっと動くと、どっと汗が出る。10時過ぎから林の中を1時間ほど歩いたら、シャツがびっしょりになった。蚊取り線香を腰に下げ汗だくになりカメラと三脚を担いで歩く姿は物好きな思うだろう。花は少ないとはいえ、クサレダマ、ヒメヤブラン、ムラサキニガナ、オオバノトンボソウ、チダケサシなどの花が見られた。オオバギボウシがぽつりぽつりと咲き始めていたので撮影してきました。
ギボウシは蕾の集まりが橋の欄干の上に帽子のようについている擬宝珠(ぎぼし)に似ているからついた名前です。若い葉はウルイとかウリッパといって山菜として売られています。
(オオバギボウシ〈大葉擬宝珠〉2006.7.15)

| | コメント (0)
|

2006年7月14日 (金)

大雪山の花観察

Midoridake_1
(緑岳への途中から 2006.7.11)
10日〜13日にかけて北海道大雪山の花を見に行ってきました。アイヌは大雪山を「神々の庭」と呼ぶそうですが、スケールの大きさに圧倒されました。10日は黒岳、11日は緑岳、12日は雨のため予定変更で十勝岳山麓、13日は旭岳で植物観察をしてきました。雪渓をこえ上まで行かないと花が見られないという事で、朝早く起き歩き出すという観察会でしたが皆花好きのメンバー(15名)でしたので楽しいものでした。
天気も1日だけ雨模様でしたが3日間は雨にも降られず、お目当ての花は大体見られました。

   エゾノツガザクラ            イワブクロ   EzonotugazakuraIwabukuro

| | コメント (0)
|

2006年7月 9日 (日)

ヒルガオ

Hirigao_2明日から4日間ほど出かけるので、今日はおとなしく家でのんびりしています。庭のアサガオはようやく蔓が伸び始めました。花が咲くのは7月下旬か8月になりそうです。アサガオと同じヒルガオ科のヒルガオが畑の脇の薮に沢山咲いています。梅雨の頃咲くので雨降り花と呼ぶ地方もあるそうです。
朝から夕方まで咲いています。この写真は今朝7時過ぎに撮りましたが、小雨が降る曇り空ですが、しっかり咲いています。蔓は左巻きですが、つぼみは右巻きに捩じれています。
畑に入り込むと、抜いても地下茎が少しでも残っているとすぐまた芽を出します。良く似たコヒルガオが公園の植え込みなどで見られますが、花が少し小さく、葉の形が違います。一番分かりやすいのは花の柄に翼があるのがコヒルガオです。
(ヒルガオ〈昼顔〉2006.7.9)

| | コメント (0)
|

2006年7月 8日 (土)

ヨウシュヤマゴボウ

Yousyuyamagobo_2今日も何とか1日雨が降らず、お陰で家にこもらず外でいろいろ出来ました・・・・
薮に咲いていた花を見つけ、風と根比べをしながら、何とか撮影してみました。ヨウシュヤマゴボウという花です。
別名アメリカヤマゴボウと呼ばれるように北アメリカ原産です。空き地や道端に、9月から10月頃、真っ赤な枝に黒紫色に熟した実をびっしりつけた、木のように大きいこの草は見た事があると思います。果実をつぶすと紅色の汁がでます。昔は染料に使ったそうですが、実は有毒また根っこはゴボウに似ているようですがこちらも有毒だそうです。ヤマゴボウは中国産で根は薬用になるそうですが、こちらはまだ見た事がありません。

(ヨウシュヤマゴボウ〈洋種山牛蒡〉2006.7.8)

| | コメント (1)
|

2006年7月 7日 (金)

ネムノキ

日が沈むと葉は垂れ下がり、小葉は上側にたたまれて眠る、それで付いた名前がネムノキ。図書館に行った帰り、遠回りし山道をドライブしていたらネムノキが咲いていました。赤い花に見えるのは紅紫色の雄しべが多数集まったもので花弁は小さく目立たちません。花は夕方からいっせいに開き、まる一日咲き続けます。午後4時前なので花はしおれかけていました。和名「合歓」は中国名だそうです。
ネムという響き、いいですね。うっとうしい梅雨にこんな花が咲くと気持ちが晴々します。

(ネムノキ〈合歓の木〉2006.7.7)
Nemunoki2

| | コメント (0)
|

2006年7月 6日 (木)

ムラサキツメクサ

Murasakitumeどこでもあり、いつも見ている花はなかなか撮影しないものです。牧草として入ってきたシロツメクサ(クローバー)、ムラサキツメクサ(アカツメクサ)などはその代表的なものです。
全国どこにも野生化しており、春から夏までどこでも見られます。ツメクサはオランダからガラス器を送った時、壊れないようにと乾燥させ、箱に詰め込んだので詰草の名がついたといいます。ムラサキツメクサの方がシロツメクサより花が大きく色も紅紫色なのでよく目立ちます。シロツメクサとムラサキツメクサでは花の柄の長さが違います、シロツメクサは柄が長いので、編んで髪飾りの輪などにします。ムラサキツメクサは柄が短く花のすぐ下に一対の葉が付いています。
(ムラサキツメクサ〈紫詰草〉
2006.7.6)            

| | コメント (0)
|

2006年7月 5日 (水)

ヤブカンゾウ

Yabukanzo2今日は久しぶりで午後からしっかり雨が降りました。午前中は気温が低く、歩いていても汗ばむ事も無いくらいでした。散歩途中、ヤブカンゾウを見つけ家に帰ってから急いでカメラを持って撮ってきました。橙赤色の鮮やかな色の花なので、道端や土手に咲いていると良く目立ちます。花は明け方に咲き、夕方にはしぼむ一日花です。ヤブカンゾウは八重咲きですが、一重咲きのノカンゾウも同じ仲間です。
カンゾウは古名を忘草と言い、万葉集にも読まれています。この草を身に付けていると嫌な事を忘れるという伝説があるそうです。これはヤブカンゾウなのかノカンゾウなのか?最近野草を食べるのがはやっており、若芽を摘んで酢みそ和えが絶品とか・・・
(ヤブカンゾウ〈薮萱草〉2006.7.5)

| | コメント (3)
|

2006年7月 4日 (火)

タカトウダイ

Takatodai野の花には地味であまり人の目に留まらない花も多い。今日紹介するタカトウダイもその一つです。トウダイグサ科の花はどれも目立たないので名前さえ覚えてもらえない。ノウルシ、コニシキソウ、エノキグサ、コミカンソウなど知らない人が多いと思う。皆さんご存知のポインセチアもトウダイウサの仲間だが色の付いた苞を楽しむものだ。
燈台草といっても海の燈台ではない、昔あかりに使った油を皿にいれた燈架に似ていることによる。
タカトウダイは6月〜7月に草むらにつんと立っている。似たものにトウダイグサ、ナツトウダイがあるがトウダイグサは4〜6月にナツトウダイは夏の名がついているが春4〜5月に咲きます。

(タカトウダイ〈高燈台〉2006.7.4)

| | コメント (0)
|

2006年7月 3日 (月)

クサレダマ

Kusaredama友人のBlogにミソハギが咲き始めたとの書込みがあったので、こちらでもそろそろ咲き始めたかと見に行ってみた。残念ながらミソハギが咲くまでにはあと1週間弱はかかりそうであったが、クサレダマが咲き始めていた。
花の観察はこんな事が多い、お目当ては見られず、思いがけないものが見られたり、新しい発見をしたり・・・雨もしばらく降りそうも無い気配なので自然公園を2時間ほど歩き回ってきました。ごろごろと音がしてきたので早々と引き上げてきました。
クサレダマというと腐れ玉と思う人もいるがレダマというマメ科の木があり、これに似ているから名がついたというが、あまり似ていない。花の色と感じが似ているからか??? レダマは図鑑でしか見ていません。

(クサレダマ〈草連玉〉2006.7.3)

| | コメント (4)
|

2006年7月 2日 (日)

イタドリ

イタドリ

原則として、その日に撮った写真を載せたいので、雨の合間に近くを歩いてきました。今日も蒸し暑く、ちょっと歩くと汗だくです。でも夏は暑く、冬は寒いのが自然ですから自然随順でいきたいものです。
春先、土手などに赤い芽生えのきれいなイタドリがあっという間に大きくなり、今の時期花を咲かせています。花自体は地味ですが、纏まって咲いている姿は風情があるものです。若い茎はスカンポと呼び、皮をむいて茹でて食べます。子供の頃そのままかじった経験を持つ人も多いと思います。
虎杖(いたどり)は中国名で、虎は茎の赤黒いまだら模様、杖は硬くて長い茎にちなんだものだという。

(イタドリ〈虎杖〉2006.7.2)
Itadori

| | コメント (0)
|

2006年7月 1日 (土)

キキョウソウ

Kikyouso今日は散歩にも,山にも出かけられなかったので,我が家の庭に自然に生えてきた皆さんが雑草と呼ぶ植物(私は雑草という言葉は使いたくない)を紹介します。3、4年前から入ってきて今年は良く咲きました。この花は通勤途中、国道の分離帯に沢山咲いていて、出勤の渋滞の時など良く見た懐かしい花です。
北アメリカ原産の帰化植物ですが、何処でも見られるほど多くはないようである。キキョウの花を極端に小さくした(直径1.5cmから2cm)花を、茎の上の方に付ける。茎の下の方は閉鎖花(蕾のまま花は開かず自家受粉して果実をつけるもの)をつける。別名ダンダンキキョウと呼ばれる。葉も花も段々になってついているからか・・・・

(キキョウソウ〈桔梗草〉2006.7.1)

| | コメント (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »