« 大雪山の花観察 | トップページ | アカメガシワ »

2006年7月15日 (土)

オオバギボウシ

Obagibousi北海道から帰ってきたら、急に蒸し暑くなっており、今日もちょっと動くと、どっと汗が出る。10時過ぎから林の中を1時間ほど歩いたら、シャツがびっしょりになった。蚊取り線香を腰に下げ汗だくになりカメラと三脚を担いで歩く姿は物好きな思うだろう。花は少ないとはいえ、クサレダマ、ヒメヤブラン、ムラサキニガナ、オオバノトンボソウ、チダケサシなどの花が見られた。オオバギボウシがぽつりぽつりと咲き始めていたので撮影してきました。
ギボウシは蕾の集まりが橋の欄干の上に帽子のようについている擬宝珠(ぎぼし)に似ているからついた名前です。若い葉はウルイとかウリッパといって山菜として売られています。
(オオバギボウシ〈大葉擬宝珠〉2006.7.15)

|

« 大雪山の花観察 | トップページ | アカメガシワ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雪山の花観察 | トップページ | アカメガシワ »