« ヤブカンゾウ | トップページ | ネムノキ »

2006年7月 6日 (木)

ムラサキツメクサ

Murasakitumeどこでもあり、いつも見ている花はなかなか撮影しないものです。牧草として入ってきたシロツメクサ(クローバー)、ムラサキツメクサ(アカツメクサ)などはその代表的なものです。
全国どこにも野生化しており、春から夏までどこでも見られます。ツメクサはオランダからガラス器を送った時、壊れないようにと乾燥させ、箱に詰め込んだので詰草の名がついたといいます。ムラサキツメクサの方がシロツメクサより花が大きく色も紅紫色なのでよく目立ちます。シロツメクサとムラサキツメクサでは花の柄の長さが違います、シロツメクサは柄が長いので、編んで髪飾りの輪などにします。ムラサキツメクサは柄が短く花のすぐ下に一対の葉が付いています。
(ムラサキツメクサ〈紫詰草〉
2006.7.6)            

|

« ヤブカンゾウ | トップページ | ネムノキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤブカンゾウ | トップページ | ネムノキ »