« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

ミズオオバコ

Mizuoobako
田んぼの植物の中で私が好きなベスト3に入るのがこのミズオオバコです。昨年は見られず,今年も駄目かと思いながら、以前見た田んぼに今日行ってみたら咲いていました。しかし、みな稲の間なので写真はなかなかとりにくく畔の近くのものを何とか撮影しました。葉は水中にありますが、形がオオバコに似ています。淡いピンクを帯びた花は可憐です。沼地などにも生えるようですが,私は田んぼ以外では見ていません。

(ミズオオバコ 水大葉子 2006.8.31)

| | コメント (2)
|

2006年8月30日 (水)

センニンソウ

Senninso_1
(センニンソウ (仙人草) 2006.8.30)

この花は夏から秋にかけて、人里や山裾の茂みに生える蔓性の木です。群がって咲いているので車からも真っ白の花が良く目立ちます。今日は小雨が降っていたので傘をさして撮りました。実になった時の果実の毛を仙人の髭にたとえ仙人草と名が付いています。クレマチスの仲間です。

ホームページを今日更新しました。花アルバム(14)と今月の花(9月)です。ご覧ください。

| | コメント (0)
|

2006年8月29日 (火)

オモダカ

Omodaka昨日は涼しく,過ごしやすくなったなと思ったら,今日はまた暑い日になりました。今日は会社のOB会の暑気払いで一日、近くのお風呂でのんびりと飲んで,騒いできました。という事で、今日は昨日田んぼで見た花です。
矢尻形の葉っぱ(左のもの)が上に向けた人の顔のように見えるので付いた名前です。農家の人にとっては田んぼの雑草です。除草剤を使うと出てこないので以前に比べると大分減ってきています。とは言っても休耕田や田んぼの淵では結構見られます。

(オモダカ(面高)2006.8.28)

| | コメント (0)
|

2006年8月28日 (月)

エノコログサ

誰もが知っているネコジャラシ、正式にはエノコログサ(狗尾草)、花穂を子犬のしっぽに見立てたものです。何気なく見ているネコジャラシですが結構種類が多いんです。まずエノコログサ、少し遅れて咲くアキノエノコログサ、オオエノコログサ、ハマエノコロ、キンエノコロ、コツブキンエノコロ、ムラサキエノコログサなどがあります。クサが付いた付かなかったりややこしいです。エノコログサは花穂はほぼ直立アキノエノコログサは先が垂れます。どちらも田んぼの道で今日撮りました。

(アキノエノコログサ         キンエノコロ 2006.8.28)
Akinoenokoro_1Kinenokoro

| | コメント (0)
|

2006年8月27日 (日)

スベリヒユ

Suberihiyu1夏に畑の手入れをちょっと怠ると直ぐに広がり、取ってもまたすぐ出てくるやっかいな畑の雑草ですが、路傍や荒れ地にも生育しています。葉は厚ぼったく、光沢があります。茎も多肉質であり、乾燥に強い対応能力を持っているようです。昔から食用にされていたようで、ゆでておひたしにしてたべます。
マツバボタンと同じ仲間です。葉や茎が滑らかでつるつるしていることから付いた名です。

(スベリヒユ 2006.8.27)

| | コメント (0)
|

2006年8月26日 (土)

コヤブタバコとガンクビソウ

月に2回ほど,囲碁の同好会の集まりがある。ヘボだが頭の老化防止になればと時々参加している.今日は一ヶ月ぶりで打ってきた。最近は植物の名前もすぐに出てこない事が多い。それに似たものはどれがどっちだったか分からなくなる事も多い。コヤブタバコとガンクビソウもその一つである。
違いははっきりしているのにすぐ忘れてしまう。もうひとつヤブタバコという似たものがあるせいかもしれない。

(コヤブタバコ              ガンクビソウ 2006.8.24)
KoyabutabakoGankubiso

| | コメント (2)
|

2006年8月25日 (金)

ミヤマウズラ

昨日の山歩きで撮ったものです。林の中にひっそりと咲いていました。以前群生しているのを見た事があるのですが,その後はぽつりぽつりと咲いているのしか見かけていません。葉はあちこちでみかけるのですが・・・・名前は葉をウズラの卵に見立てたものです。(葉に白い斑紋があります)花は白く見えますが,良く見ると、わずかに淡いピンクがかかっています。この仲間のラン(シュスラン属)は皆、地味な小さな花をつけます。

(ミヤマウズラ 深山鶉 2006.8.24)
Miyamauzura_1Miyamauzura2写真をクリックして拡大してみてください

| | コメント (2)
|

2006年8月24日 (木)

アキノタムラソウ

Akinotanuraso今日も残暑が厳しかった。我が家から一番近い山に行ってきましたが、汗だくだくで帰ってきました。アキノタムラソウが咲いていました。秋のとなっていますが6月頃から11月頃まで咲きます。タムラソウの由来は良くわからないようです。学名(万国共通の植物の名前)はSalvia japonica「日本のサルビア」となっています。これを聞くとなおさらみじかに感じます。
花が小さく,長い穂が揺れるのでこの種の花は写真が撮りにくい。

(アキノタムラソウ 秋の田村草 2006.8.24)

| | コメント (0)
|

2006年8月23日 (水)

チョウジタデ

Tyojitade昨日の田んぼの花の続きです。休耕田に茂っていたチョウジタデです。花が熱帯常緑高木のチョウジに似ていて(まだ実物見たことありません)葉がタデに似ているから名前がつけられたそうですが、何となくいい加減な名前の付け方ですね。(実の形が丁字形であるためと書いてある資料もある)水田に生えるので農家の人にとっては雑草です。タゴボウ(田牛蒡)とも呼ばれています。花びらは4枚だったり,5枚だったりします。

(チョウジタデ 丁字蓼 2006.8.22)

| | コメント (0)
|

2006年8月22日 (火)

ミゾカクシ

Mizokakusi夏の田んぼはいろいろな花が見られます。昨日紹介のサワギキョウの花にそっくりの同じキキョウ科のミゾカクシの花も今頃咲いています。長靴を履いて田んぼ道を歩いてきました。溝を隠すように生えるので「溝隠」の名がついていますが、別名アゼムシロとも呼ばれますが、こちらはムシロを敷いたように群生する様子からつけられています。名前のように一面に生えていますが花はなかなか一面には咲きません。

(ミゾカクシ 溝隠 2006.8.22)

| | コメント (2)
|

2006年8月21日 (月)

サワギキョウ

Sawagikyo_120、21日と長野県の高原に行ってきました。初日は八ヶ岳山麓,2日目は入笠山の湿原を散策してきました。しばしの高原の涼風を楽しんで来ました。入笠山は夏の花は少し遅めでしたが、花は多く秋の花が咲き始めておりあっという間に時間が経ってしまいました。
サワギキョウが一面に紫色に咲いていました。山野の湿地に生えるキキョウ科の花ですが、キキョウ科の仲間とはちょっと違った花の形です。

(サワギキョウ 沢桔梗 2006.8.21)

| | コメント (0)
|

2006年8月19日 (土)

ガガイモ

Gagaimo2
朝の散歩で田んぼ脇の草むらに花を付けているガガイモを見つけた。午後からカメラを持って撮影してきました。この花は真夏の暑い時期に咲きます。地味な花ですが、中々かわいい花です。
日当たりのよい空き地や土手に全国で普通に見られるつる性の多年草で、つるや葉を切ると白い汁が出ます。 ツル性の草は、個性的でかわいい花をつけるものが多く気に入っています。

(ガガイモ 2006.8.19)

| | コメント (0)
|

2006年8月18日 (金)

レンゲショウマ

今日は茨城県、福島県、栃木県にまたがる八溝山に行ってきました。山といっても頂上まで車で行ける所です。途中の山道で時々車を止め花を観察したり写真を撮ったりで,帰りも同じ道は避け,遠回りしながらのんびり1日遊んできました。花も一時より多くなりオトコエシ、タマジサイ、メタカラコウ、レンゲショウマ、ボタンヅル、キンミズヒキ、シラヤマギク、ミツモトソウ、フシグロセンノウ、ツリフネソウなどが良く目につきました。
レンゲショウマは大好きな花です。この色合いと雰囲気がなんともいえません。
(レンゲショウマ 蓮華升麻 2006.8.18)
Rengesyoma
Rengesyoma3

| | コメント (4)
|

2006年8月17日 (木)

ヤブラン

先月(4月17日)ヒメヤブランを紹介しましたが、今日はヒメヤブランより1ヶ月遅れで咲き出すヤブランです。山野の日陰に咲きますが大株になることもあるのでヒメヤブランより目にとまる事が多いと思います。庭の下草に植えられているのも良く見かけます。葉がランに似ているのでランの名がついていますがユリ科です。ヤブ蚊に刺されながらの撮影です。

(ヤブラン 薮欄 2006.8.17)
Yaburan2
写真をクリックすると拡大しますYaburan3_1

| | コメント (2)
|

2006年8月16日 (水)

イヌキクイモ

Inukikuimo2今の時期,原っぱや薮などに菊のような黄色い花が咲いているのを見かけます。北アメリカ原産のイヌキクイモです。こちらでは9月の初旬まで見られます。良く似た同じ北アメリカ産のキクイモは花の時期が少し遅く9月から10月に咲きます。キクイモの方は地中に大きな芋(塊茎)を付け食用、アルコール原料用に持ち込まれたようです。イヌキクイモは塊茎が小さく役にたたないのでイヌの名前がつけられました。(役立たずが犬とは犬に申し訳ない)

(イヌキクイモ 犬菊芋       2006.8.16)
写真をクリックすると拡大します

 

| | コメント (0)
|

2006年8月15日 (火)

タマアジサイ

Tamaojisai2日ほど群馬にお墓参りに行ってきました。お盆中は毎年山歩きはお休みですが、群馬に行っている間に、時間が空いたので、真夏の今の時期イワタバコとレンゲショウマが見られるはずと、榛名神社に行ってきました。
イワタバコは少し遅めでしたが沢山咲いていました。レンゲショウマは咲き始めでしたが3株ほどしか見られませんでした。沢沿いにタマジサイが沢山咲いていました。蕾みが球形をしているのでこの名がついています。日立市内近辺の山でも沢山見られます。
(タマアジサイ 玉紫陽花 2006.8.14)

| | コメント (0)
|

2006年8月13日 (日)

サギソウ

Sagiso残暑お見舞い申し上げます。あっという間に夏が終わりそうですがもうしばらくは暑い日が続く事でしょう。皆さん夏バテしないように気をつけて下さい。
鷺が翼を広げた姿を真似たような見事な花にただただ感心するばかりです。いかにも涼しげな花で大好きな花の一つです。湿地が減っており、野生のものはなかなか見られませんが湿原にぽつり、ぽつりと咲く様子は何とも言えません。

(サギソウ 鷺草 2006.8.12)

| | コメント (2)
|

2006年8月12日 (土)

キツネノカミソリ

Kitunenokamisori昨年は8月17日に見に行ったらちょっと遅かったので、今年は早めにと今日キツネノカミソリを見に行ってきました。今年は花が早いようでまたもやちょっと遅めでした。なかなか思うようにいきません。
ヒガンバナと同じ仲間で、早春に出た葉がかれると花茎を伸ばし8〜9月に花を咲かせます。半日陰を好むようです。葉の形を狐の剃刀にたとえ名前をつけたそうだが、良く思いついたと感心する。
この場所は年々増えているようです。

(キツネノカミソリ 狐の剃刀   2006.8.12)

| | コメント (4)
|

2006年8月11日 (金)

ミョウガの花

Myouga2しばらく畑をほっておいたら草が茂り、あまりにもひどいので、今日は畑の草むしり。暑いこと暑いこと、汗が滝のように流れてきました。ようやく取れだしたミニトマトを枝からとって食べながらどうにか征伐しました。脇に植えてあるミョウガを覗くと、花が沢山咲いていました。今日は散歩を中止し、ミョウガの花を撮りました。
日本にも自生しているそうですが、自生のものは見た事がありません。「茗荷の花」の季語は秋、もう秋の花が咲きだしました。

(ミョウガ 茗荷 2006.8.11)
 食すこと忘れ茗荷の花咲けり という俳句がありました。

| | コメント (5)
|

2006年8月10日 (木)

磐梯山

Miyamasyajin_1今日は所属する地元の観察会グループの月1回の観察会で福島県の磐梯山(1819m)に行ってきました。子供達は夏休み中で混雑するかと思ったが八方台の駐車場はがらがらで登山客も少なくのんびりとした山歩きができた。7年ぶりでしたが、前よりは緑が多くなっていましたが、花は若干少なくなったような感じがしました。ミヤマシャジン、キオン、エゾシオガマ、タマガワホトトギス、ヤマハハコなどが見頃でした。

(ミヤマシャジン 深山沙蔘
 2006.8.10 亜高山帯から高山帯の砂礫地や岩場に生えます)

| | コメント (0)
|

2006年8月 9日 (水)

ヘクソカズラ

Hekusokazuraこれほどかわいそうな名前の植物はあまりない。夏の暑い時期、茂みや生け垣に絡み付いている。茎や葉に嫌な匂いがあるのでこの名が付けられているがそれほど臭いとは思わないが・・・
早乙女花というかわいい名が付いているがヘクソカズラの名前の方が一般的になっている。灸(やいと)花とう言う名も持っている。外が白く内側が濃赤色の花はかわいい。

(ヘクソカズラ屁糞蔓 2006.8.8)

| | コメント (0)
|

2006年8月 8日 (火)

クルマバナ

Kurumabana2人間は勝手なもので雨が続くと「晴れて欲しい」と言い、また晴天が続くと「雨が降らないか」と言う。今日は台風の影響で関東地方も雨の予報。ようやく久しぶりの雨かと思っていたら,朝ちらっと降っただけで1日暑い日となった。 午前中近くを歩いた。田んぼ道の脇にクルマバナが咲いていました。山で見る事が多いが日当たりの良い原っぱなどでも良く見かける。花を車状に数段つける。この輪生状態から車花という名がついています。

(クルマバナ 車花 2006.8.8)

| | コメント (0)
|

2006年8月 7日 (月)

ミソハギ

そろそろミソハギが見頃かと水汲みの帰りに田んぼに寄ってみた。ちょっと盛りを過ぎた感じだが色鮮やかに咲いていた。お盆の頃に咲き、仏前に供えられるのでボンバナ(盆花)とも言われます。
ミソハギの名は、花穂に水を含ませて供物に水をかける風習が、禊を連想させるところから、ミソギハギ(禊萩)と呼ばれ、それが変化したものだとの説があります。
風か吹いており,大分粘りましたが、少しピンぼけになってしまいました。

(ミソハギ 禊萩 2006.8.7)
Misohagi
アップで見るときれいMisohagi2

| | コメント (0)
|

2006年8月 6日 (日)

高原の夏

5、6日と高原の花を見に長野県の車山高原の近くの姫木平に行ってきました。晴天の2日間で、高原とは言え日中は汗だくでしたが1700mの高原の木陰や山の上は涼しい風が吹き快適でした。ピーカンのため写真は全く駄目でしたが、秋の花も咲き始めており、久しぶりで高原の花を楽しんできました。(ヤナギラン、マツムシソウ、ハクサンフウロ、コウリンカ、キオン、オミナエシ、ニッコウキスゲ・・・・・・)

(ヤナギラン 後ろの山は蓼科山です 2006.8.5)
Yanagirann1

| | コメント (2)
|

2006年8月 4日 (金)

クサギの花

Kusagi家のすぐ脇の道路沿いにクサギの木があります。ちょうど低くなっており道路から見下ろす形で見る事ができます。1週間前頃から蕾が膨らみ,数日前からちらほら咲き出しました。
今日も暑くなりそうなので、早朝,カメラを構えた。葉が何とも言えないいやな臭いがするので臭木という名がついていますが、花は甘い強い香りがします。真夏、山を歩いていて良く目につく木の花です。

(クサギ〈臭木〉2006.8.4)

| | コメント (0)
|

2006年8月 3日 (木)

南八ヶ岳の花

南八ヶ岳の花

南八ヶ岳登山、花が遅くあまり見られないと書きましたが見頃は過ぎていましたが、それでも多くに花に出会いました。ウルプソウ、チョウノスケソウなどは全く花は残っていませんでしたが、コマクサは遅いながら一面に咲いていました。二つ紹介します。
コマクサは高山にしか咲きません。高山の女王と言われる気品のある花です。ムシトリスミレはスミレの名前は付いていますが、タヌキモ科の食中シ植物です。岩場に張り付いていました。

コマクサ(駒草 2006.8.1)     ムシトリスミレ(2006.8.2)KomakusaMusitorisumire

| | コメント (0)
|

南八ヶ岳登山

31日から山小屋2泊で同期入社の友人他と南八ヶ岳に行ってきました。険しい岩登りの登山でしたが、天候にも恵まれなんとか無事踏破できました。コースは美濃戸口から阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳、硫黄岳を縦走し赤岳鉱泉から美濃戸口に戻るコースです。花の最盛期は6月中旬なのでちょっと遅めであまり良い花は見られませんでしたが、今回は久しぶりの登山を満喫できました。赤岳は2899m、横岳は2829mの山ですがほとんど岩場なので久しぶりの本格登山でした。

赤岳北峰から横岳を見る        横岳方面から赤岳を振り返るYokodake_1Akadake_1

| | コメント (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »