« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

ジュズダマ

Jyuzu今日で11月も終わり、花も無くなってきました。これからは木の実や冬芽などになりそうです。今日は朝から雨、天気が良いと家にじっとしていられないので、雨の日は溜まった写真整理、観察記録整理などができます。午後からは久しぶりで先日手に入れた新蕎麦粉でそばを打ちをました。

自宅の近くの廃線になった線路脇にジュズダマの実がなっています。熱帯アジア原産のイネ科の植物でハトムギの原種、果実を包んでいる壺形の玉で数珠を作るという? 母がお手玉の中の入れたのは覚えている。
(ジュズダマ 数珠玉2006.11.29)

| | コメント (4)
|

2006年11月29日 (水)

紅葉見頃

市内の近場の自然公園の紅葉が見頃かと行って見ました。ここの紅葉は例年は12月に入ってからが見頃になります。人も少なく広い山なので人にもあまり会いません、月に1、2回は植物観察に行く場所です。のんびりと2時間ほど散策し、イロハモミジ、アカシデ、ダンコバイなどの紅葉を楽しんできました。
写真をクリックすると大きくなります。
Momiji2Momiji1Momiji3Akaside

| | コメント (2)
|

2006年11月28日 (火)

アゼトウナ

Azetona先日、伊豆半島に行った時咲いていたアゼトウナです。岩場にへばりつくように咲いていました。
伊豆半島以西、四国、九州の太平洋側海岸に生育しています。9月〜12月まで咲いていますので晩秋から冬の花です。
花は10月14日のBlogに載せた、山野に咲くヤクシソウにそっくりです。海と陸とを仕切るような大きな岩の溝に生え、漬物用の「唐菜」に似ているのでこの名前があるそうです。
(アゼトウナ 畔唐菜 2006.11.25 伊豆半島)

| | コメント (4)
|

2006年11月27日 (月)

シロダモ

この時期になると花が少なくなってきます。シロダモも花はちょっと遅めなのですが、良く探すとまだ花を見ることが出来ます。翌年の10から11月に赤い実を付けますので花と実が一緒に見られます。ただし雌雄別株ですので雌の木でないと両方は見られません。
常緑広葉樹のなかでも耐寒性が強く、宮城県以南で見られるようです。
葉の裏が白いのでシロダモの名がついており、風に吹かれると葉が裏返り白いのが良くわかります。
(シロダモ 2006.11.25 伊豆半島)
SirodamoSirodamomi

| | コメント (2)
|

2006年11月26日 (日)

イソギク

Isogiku3昨日は植物観察仲間と伊豆半島にイソギクを見に行ってきました。三島から天城峠を超えて行きましたが途中紅葉がきれいでした。イソギクは見頃で、天候も比較的穏やかでのんびりと観察してきました。気の置けない仲間との観察は楽しいです。
イソギクは家の庭にはあちこちで植えられていますが、自生のものの分布は千葉県〜静岡県ですので、こちらの海岸では見られません。
キクの仲間は花が多数集まって一つの花となっております。花は外側は花びらの付いた舌状花、内側は筒状の管状花のものが多いのですが、イソギクは舌状花がなく黄色の管状花だけでで出来ています。
(イソギク 磯菊 2006.11.25)

| | コメント (2)
|

2006年11月24日 (金)

ヒイラギ

今日、今まで歩いた事のないコースを散歩していたら良い香りが漂ってきました。何の花だろうときょろきょろしながら歩いていたら、農家の生け垣の上の方から飛び出した枝にヒイラギが真っ白に咲いていました。
花がびっしり付いていましたので、遠くまで香りがしたようです。
生け垣の中のを覗くとかなり大きな木でした。葉をみると刺のない丸い葉です。やはり老木になるとヒイラギの葉は全縁になるのですね。
私もそろそろ丸くならないといけませんね。
明日は出かけますのでお休みです。
(老木のヒイラギ 2006.11.24)  (まだ若いヒイラギ)Hiiragi2Hiiragi

| | コメント (3)
|

2006年11月23日 (木)

ウリカエデとウリハダカエデ

紅葉というとやはり色とりどりのカエデが一番良く目立ちます。カエデの中にも常緑のものや黄色に紅葉するものもありますが、多くは黄色から濃い赤まで色とりどりです。
ウリカエデは葉は小形で切れ込みがないか、浅く3裂です、ときには5裂の葉もあります。名前の由来は木の肌がマクワウリの皮の模様に似ているからですが、ウリハダカエデも若木の木の肌がマクワウリの皮の模様に似ているので同じような名前が付いています。ちょっとややこしいですね。
ウリハダカエデも葉はふつうは浅く3〜5裂しますがウリカエデより大きく、形がちょっと違います。画像をクリックして比較してみて下さい。
(ウリカエデ 瓜楓 11.22)    (ウリハダカエデ 瓜膚楓 11.21)UrikaedeUrihadakaede

| | コメント (4)
|

2006年11月22日 (水)

里山の秋

今日は小春日和の良い天気になると聞き、紅葉でも見ようと出かけました。隣町常陸太田市はのどかな山村風景が続きます、しばし車を止め田んぼ道を歩きながら里山の秋を楽しみました。
里山の紅葉は子供の頃の田舎の山を思い出し、懐かしい風景です。コナラ、クヌギ、クリなど黄色に染まる紅葉が多く、真っ赤に染まるモミジの紅葉とは一味違います。
道草をしすぎ、目的地の渓谷に着いたらお昼になっていました。
(里山の秋 2006.11.22)
Satoyama

| | コメント (2)
|

2006年11月21日 (火)

夕暮れのコセンダングサの実

Kosendangusa4時過ぎに散歩にでたら、真っ赤な夕日が枯れ草にあたりきらきら光っていました。道端のコセンダングサの実の先が金色に光っていたので撮ってみましたが、日が沈む寸前でかなり暗くなってしまいました。
コセンダングサは繁殖力も強く、荒れ地などに群生しています。今の時期、実が沢山付いており、実の先端に下向きの刺があるのでズボン等にびっしりと付いてきます。花は黄色で花びらがありません。原産地ははっきりしないようです。似たものにセンダングサ(在来種)、アメリカセンダングサがあります。
(コセンダングサ 小栴檀草 2006.11.21)

| | コメント (4)
|

2006年11月20日 (月)

ハハコグサ

Hahakogusa2先日田んぼを歩いていて見つけたハハコグサです。春の七草の一つ御行(ゴジョウ、オギョウ)ですが、春咲く花が、今の時期沢山咲いています。
秋に芽生え、ロゼット(根生葉)で冬を越し、春に花が咲きます。越年草と言われるものです。七草がゆに使うのは冬のロゼットの部分です。
温暖化の影響か季節がおかしくなり、植物達も戸惑っているようです。
ハハコグサにくらべチチコグサはやせて貧弱で花も地味な薄茶色です。母のほうがふくよかです。
(ハハコグサ 母子草 2006.11.15)

| | コメント (2)
|

2006年11月19日 (日)

ヤブツバキ

Yabutubaki日本人にはなじみの深い花です。山の登り口に咲いていました。今では何百種類もあるツバキはヤブツバキ、積雪地に自生するユキツバキと中国のトウツバキの交配種がほとんだそうです。
花弁は5枚で、基部が合着しているので、花弁は散らず、そのままの形で落ちます。首からおちるので昔は武士には縁起が悪いと自宅には植えなかったと言われています。
花が咲く季節は花を訪れる昆虫が少なく、花粉の媒介は主にメジロなどの小鳥が行っています。
(ヤブツバキ 薮椿 2006.11.15)

| | コメント (3)
|

2006年11月18日 (土)

御輿草(みこしぐさ)

Gennosyoko今朝は冷え込みました。5時半過ぎ外に出たら駐車場に置いてあるフロントガラスが凍っていました。近くの芝生には霜が降りていました。多分初霜です。これで一気に冬になったようです。
御輿草とはゲンノショウコの別名です。この写真で納得して頂けると思います。実が熟すと一つず弾けてこんな形になります。御輿の屋根そっくりですね。葉も紅葉するときれいですがまだ色付いていませんでした。左は5個全部弾けていますが、右のものは4個だけ弾けています。
(ゲンノショウコ(御輿草)の実 2006.11.16)

| | コメント (2)
|

2006年11月17日 (金)

オギ

散歩道を変えて隣街の東海村を歩いていたら小川の縁に雲の間からのぞいた太陽の光を浴び輝いていました。ススキではありません。良く似ていますがオギです。直ぐお日様が隠れてしまい残念ながら銀白色はお見せできません。こんな風景は初冬というより晩秋の感じですね。
ススキとの違いはまず生育場所、ススキはいたるところに生えますがオギは水辺に生えます。オギはススキのように株を作りません。見た目ではススキより花序が長くふさふさした銀白色です。(ふっくらしています)
一番分かりやすい違いは右の写真で分かります。右の写真の左がオギ、右がススキです。良く見比べて下さい。

(オギ 荻 2006.11.17)    (左がオギ、右がススキの穂です)OgiOgi2

| | コメント (7)
|

2006年11月16日 (木)

ツルリンドウの実

Tururinmi昨日は家から北の方の山でツルリンドウの花を撮ったのですが、実を撮れなかったので今日は家から南の方の山に行ってみました。予想通りこちらの山のツルリンドウ、花は終わっており赤い実が結構見られました。
ちょとどぎつい感じの色の実ですが、山の中ではそれほど派手には感じません。花の大きさに比べ実は大きいので結構目立ちます。
実はブドウやトマトと同じつくりで、中は水分の多い肉質の柔らかい組織で熟しても裂けません。液果といいます。               
(ツルリンドウの実 2006.11.16)

| | コメント (2)
|

2006年11月15日 (水)

ツルリンドウ

Tururindo図書館に行く途中、ぐるっと遠回りして田んぼと里山を歩いてみました。モミジの紅葉はまだちょっと早いのですが、ヤマウルシは真っ赤に染まっていました。
ツルリンドウがあちこちで咲いていました。この株は近くに絡まるものが無く横に広がっていました。もう真っ赤な実を付けているものもちらほら見かけました。
ヤマノイモの黄色い紅葉もきれいでした。おつまみ用にむかごをちょっと収穫してきました。
(ツルリンドウ 蔓竜胆 2006.11.15)

| | コメント (3)
|

2006年11月14日 (火)

これでも冬です

Hotokenoza立冬から1週間になりますが、どうも暖かく季節外れの花を良く見かけます。今日も田んぼ道を散歩中、写真のようなホトケノザを見つけました。春の花と秋の花イヌタデが仲良く咲いていました。ホトケノザはこの辺でも1年中見られる花ではありますが、例年ですと、こんな状態の花は今の時期にはあまり見かけません。今年はやはり暖かいようです。
朝晩は寒くはなって来ていますが、昼間はぽかぽか陽気です。初霜はいつになるのでしょうか。
(ホトケノザとイヌタデ 2006.11.14)

| | コメント (2)
|

2006年11月13日 (月)

赤城山と榛名山

昨日、中学校の同窓会のため群馬県の伊香保温泉に行く途中赤城山に寄ってみました。山の上は雪雲がかかっており、車で登るにつれ雪が木々についており大沼付近は雪がうっすらと積もっておりました。中腹まではまだ紅葉が残っており、モミジや唐松等の紅葉と雪をうっすらかぶった様子を見る事ができました。上の方は寒く早々と引き上げました。
今日は昨日とはうって変わって暖かい静かな良い天気になりました。同窓生数名で、伊香保から榛名山に行ってみる事にしました。ロープウェイで榛名富士に登ると360度素晴らしい展望でした。富士山、八ヶ岳、谷川岳、日光白根等山々が青空にくっきりと見られました。
(赤城山の紅葉と初冠雪)    (榛名富士から見る榛名湖と浅間山)Akagi3Asama

| | コメント (2)
|

2006年11月11日 (土)

アカザの紅葉

Siroza田んぼの縁に真っ赤に紅葉したアカザが一列に並んできれいでした。若葉が赤いのがアカザ、白いのがシロザですが、こうなてしまうとよくわかりません。シロザかもしれません。ホウレンソウも同じ仲間(アカザ科)で、ホウレンソウが輸入される前はアカザ、シロザを栽培しお浸しや汁の実として食べていたそうです。
戦争前後の食糧灘の時もさかんに食べられたようです。
草の紅葉を草モミジといいますが、これから寒くなるといろいろな草紅葉が見られます。
(アカザ 藜 2006.11.3)
明日、明後日は中学校の同窓会で伊香保温泉に出かけますのでお休みです。

| | コメント (5)
|

2006年11月10日 (金)

たまにはこんなものを

Merikenkarukaya今日はちょっとあるくと汗ばむような暖かい一日でした。山道にはタチツボスミレが咲いていました。
車を走らせていると道路沿いにメリケンカルカヤの赤茶色に紅葉した茎についた白い毛が光を受けて輝いていました。野芝の生えるている原っぱのような所に良く群生しており、風に揺れる様子はまさに秋の光景です。
米利堅の名の通りアメリカ原産の帰化植物です。在来種のカルカヤにはメガルガヤとオガルガヤがありますがメリケンさんの方が良く見られます。
イネ科の植物は地味なのでなかなか紹介する機会が少ないので・・・・
(メルケンカルカヤ 米利堅刈萱 2006.11.9)

| | コメント (2)
|

2006年11月 9日 (木)

ようやくセンブリ

Senburi今年も愛知県できれいなムラサキセンブリを見ることが出来たが、肝心のマイフィールドのセンブリの良い株に出会わない。あちこち歩いているが、なかなか見つからない。よそに見に行ったのでセンブリさんへそを曲げたか・・・・
そんな矢先、友人のNさんから近くの山でセンブリの群生を見たとメールで教えてもらいました。今日、時間がとれたので出かけてみました。背は低いのですが花付きも良く、一面に生えていました。2、3分咲きといったところで蕾も沢山あり、あと1週間は楽しめそうです。1時間ほど何株か撮影してきました。最近はセンブリもめっきり減ったようです。
(センブリ 千振 2006.11.9)

| | コメント (4)
|

2006年11月 8日 (水)

ヒメジョオン

Himejion_1ヒメジョオンとハルジオンと良く似た花がありますが、今の時期、写真のような花が咲いていれば大抵ヒメジョオンです。とはいっても時たまハルジオンもさいていますので良く見ないと間違えます。
今日は朝は冷え込んだのですが良いお天気で山にでも出かけるところですが、午後から会社のOB会の総会があるので、午前中近くを散歩し撮ってきました。
花はハルジオンの方が大きく、蕾のときはハルジオンは花序全体がうなだれ下をむいています。ヒメジオンはあまりうなだれません。一番解りやすい判別法は茎を折ってみて中空ならハルジオン、白い随がつまっていればヒメジョオンです。
(ヒメジョオン 姫女苑 2006.11.8)

| | コメント (2)
|

2006年11月 7日 (火)

草刈り後の花

今年は暖かいせいもあるのですが、草刈りされた後に2回目の花がきれいに咲いています。花が咲く前に刈られ、その後伸びて咲いたのかも知れませんが・・・刈られた後の花は立派な株にはなりませんが、こじんまりした花になります。花自体はきれいに咲かせます。
背の低いアキノキリンソウが沢山咲いていました。日当たりのよい草原ではツリガネニンジンがあちこちに咲いていました。なんだか得した気分になりました。
(ツリガネニンジン アキノキリンソウ 2006.11.5)
TuriganeninjinAkinokirinso

| | コメント (2)
|

2006年11月 6日 (月)

お茶の木

Tya今日はちょっと用事があり、歩いて出かける途中、畑のわきを通ったら茶の木の花が目についた、3株ほど畑の縁に植えられていました。今日は撮影には出かけられそうもないので今日はこれにしようとカメラを向けた。(デジカメを買ってからはカメラはいつも持ち歩いています)
チャはツバキの仲間で奈良時代に中国から薬用として持ち込まれたという。嗜好品として茶が広まったのは鎌倉時代以降とされています。
白い花びらと黄色の葯とのバランスが何とも言えず、マタタビ、ヒメシャラ等と共にに大好きな花です。
(チャノキ 茶の木 2006.11.6)

| | コメント (2)
|

2006年11月 5日 (日)

キッコウハグマ

今日は近くの山(自然公園)のパトロールでした。そんなに広くないので1時間ほどで一廻りしてゴミ拾いとトイレチエック等しましたが、相変わらず不法投棄のゴミが道路脇に沢山有り、あきれるやら腹が立つやら・・・・
パトロール後、別の山に行ってきました。ここは車が入れないのでゴミ捨てはなくきれいな山です。道の両脇がきれいに刈られているのが残念ですが。
キッコウハグマが沢山咲いていましたが、ほとんどが閉鎖花(蕾のままで花は開かないで自家受粉して果実になる花)で花はぽつりぽつりと咲いていました。花は直径1cmと小さく中に小花が3個入っています。気をつけて見ないと目に入らないでしょう。
(キッコウハグマ 亀甲白熊 2006.11.5 右が閉鎖花です)
KikkohaguumaKikkohaguma2

| | コメント (3)
|

2006年11月 4日 (土)

クコの花と実

海岸のあちこちで赤いクコの実が目につくようなりました。チョット海岸に行き撮ってきました。今の時期は花と実が一緒に撮れます。真っ赤な実は光沢があってきれいですが淡紫色の花の方が好きです。クコの花の季語は春になっていますが、春に花を見た記憶がありません。夏から秋にかけて咲いているように思われます。過去の写真を調べてみたら10月と11月にしか写真を撮っていません。
夏の花は実を結びにくようですが、秋の花は実を鈴なりに付けます。
ナス科の植物で芽、葉、実それぞれに薬効があり、芽はクコ飯に葉はクコ茶に果実はクコ酒として利用されます。以前、クコ酒を作ろうと実を採ったのですが、乾燥中に腐ってしまい失敗しました。
(クコ 枸杞 2006.11.4 )
KukoKuko2

| | コメント (2)
|

2006年11月 3日 (金)

ベニバナボロギク

Benibanaboro今日は朝早くからヒッヒッというジョウビタキノ声が聞こえる。穏やかな日になりそうである。午前中1ヶ月早いが沢庵漬けの大根を掘り上げ、洗い干した。10日ほど乾燥させ漬け込みます。
畑の脇にベニバナボロギクがかたまって咲いていた。畑(借りている)は家の直ぐ前なので早速カメラをとってきて撮影。
ベニバナボロギクはアフリカ原産の帰化植物で、山林の伐採地や林の縁などで良く見られる。線路脇などでも群生している。花はレンガ色で下向き花を付け、花後の白い冠毛が目立ちます。
(ベニバナボロギク 紅花襤褸菊 2006.11.3)

| | コメント (2)
|

2006年11月 2日 (木)

春の花が・・・・・

Katabami11月に入っても暖かい日が続いています。畑の大根も1ヶ月近く早く出来てしまいました。いつも12月に入ってから掘り上げ10日ほど干して沢庵にしているのですが、今掘っても上手く乾燥できるか心配です。
道端に黄色の花が纏まって見えたので近寄って見るとカタバミでした。カタバミは春の花(5〜7月)ですが、最近は9月を過ぎても咲いている事が多い。今年はさらに暖かいのか例年以上に春の花が沢山咲いています。
ホトケノザ・ナズナ・オオイヌノフグリ・ハコベ・・・・
庭でも昨年ホームセンターで購入したナンザンスミレの種が近くの鉢にこぼれ芽を出したものが咲いています。
(カタバミ 傍食 2006.11.2)

| | コメント (2)
|

2006年11月 1日 (水)

リュウノウギク

Ryunogikuリュウノウギク 2006.11.1)

昨日のアワコガネギクと同じく、今頃咲きます。リュウノウギクは花の色が真っ白でとてもきれいです。(淡紅色を帯びるものもありますが純白のものが多いようです)茎や葉に竜脳のような香りがあります。(竜脳と言っても今の人達は解らないでしょう、洋服の防虫剤の匂いです)
一番遅く咲く野菊です。撮影した山は昨年は花が少なく、探すのに苦労しましたが今年は道の両側に沢山見られました。センブリもきれいに咲いていました。
(リョウノウギク 竜脳菊 2006.10.31)

ホームページに「花アルバム(16)」と「今月の花(11月)」を載せました。

| | コメント (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »