« ツルリンドウの実 | トップページ | 御輿草(みこしぐさ) »

2006年11月17日 (金)

オギ

散歩道を変えて隣街の東海村を歩いていたら小川の縁に雲の間からのぞいた太陽の光を浴び輝いていました。ススキではありません。良く似ていますがオギです。直ぐお日様が隠れてしまい残念ながら銀白色はお見せできません。こんな風景は初冬というより晩秋の感じですね。
ススキとの違いはまず生育場所、ススキはいたるところに生えますがオギは水辺に生えます。オギはススキのように株を作りません。見た目ではススキより花序が長くふさふさした銀白色です。(ふっくらしています)
一番分かりやすい違いは右の写真で分かります。右の写真の左がオギ、右がススキです。良く見比べて下さい。

(オギ 荻 2006.11.17)    (左がオギ、右がススキの穂です)OgiOgi2

|
|

« ツルリンドウの実 | トップページ | 御輿草(みこしぐさ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天馬さん、おはようございます
荻は古来和歌にも詠まれていますので、昔は一面に生えていたのでしょうね。
オギは刈り取りには弱く、地上部を年1回刈り取られると、数年で急激に勢力が弱くなってしまうそうですから、だんだん少なくなって来ています。ススキには負けそうです。

投稿: やまそだち | 2006年11月18日 (土) 07:22

住んでいる杉並区の荻窪は、オギの自生していた窪地から地名になったと本で読んだ記憶があります。
今、荻窪周辺で見ることのできるオギは少なくなりました。

投稿: 天馬 | 2006年11月17日 (金) 23:37

さなえさん、こんばんわ!
今年はツルリンドウは実成りが良いようです。ヤブコウジも大分色が濃くなってきました。
オギは大きな群落を作る事が多いので、一面に広がると見事ですね。

投稿: やまそだち | 2006年11月17日 (金) 21:52

yuukoさん、こんばんわ!
写真で見る限りではオギのようですね。
右の写真のようにオギには芒がありませんがススキには芒があります。

投稿: やまそだち | 2006年11月17日 (金) 21:45

こんばんは。

川岸や水辺に生えるオギは、ススキに比べると雰囲気が少し、
逞しい感じがしますね。
どちらも穂が立つと少しもの寂しい感じがします。

↓のツルリンドウの実、綺麗に撮られていますね。
今年は我が家のツルリンドウも綺麗な実がなりました。
とても好きな花の一つです。

投稿: さなえ(花の庵) | 2006年11月17日 (金) 20:31

ごめんなさい、今やってみたら行かれませんね

投稿: yuuko | 2006年11月17日 (金) 19:18

オギとススキの違い、図鑑で見るのですが今いち分かりにくかったです
花序の状態もこんなに違うのですね

先日撮ったあれは、オギだったのかもしれない、、、と今思い返しています
ススキより 白っぽくてフワフワしてました
そして一本づつ生えたたんですよ
もし時間がありましたら 私のところのhttp://yamanoomomuki.blog68.fc2.com/blog-entry-91.html#moreを見ていただけますか?
紅葉と黄葉というタイトルです

投稿: yuuko | 2006年11月17日 (金) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルリンドウの実 | トップページ | 御輿草(みこしぐさ) »