« ようやくセンブリ | トップページ | アカザの紅葉 »

2006年11月10日 (金)

たまにはこんなものを

Merikenkarukaya今日はちょっとあるくと汗ばむような暖かい一日でした。山道にはタチツボスミレが咲いていました。
車を走らせていると道路沿いにメリケンカルカヤの赤茶色に紅葉した茎についた白い毛が光を受けて輝いていました。野芝の生えるている原っぱのような所に良く群生しており、風に揺れる様子はまさに秋の光景です。
米利堅の名の通りアメリカ原産の帰化植物です。在来種のカルカヤにはメガルガヤとオガルガヤがありますがメリケンさんの方が良く見られます。
イネ科の植物は地味なのでなかなか紹介する機会が少ないので・・・・
(メルケンカルカヤ 米利堅刈萱 2006.11.9)

|
|

« ようやくセンブリ | トップページ | アカザの紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん、こんばんわ!
私もイネ科、カヤツリグサ科は弱いのですが、詳しい友人もいますので、解る範囲でお答えします。是非アップして下さい。
イネ科は地味ですが花は結構きれいです。

投稿: やまそだち | 2006年11月11日 (土) 17:07

メリケンカルカヤっていうんですか、美しいですね

実はイネ科や カヤツリグサ科の植物がとても好きなんです
でもなかなか識別するのがむづかしくて、写真はホルダーに入れたままになってます
冬になったら出そうかな。。。
その時は ご教授お願いできますか^^;

投稿: yuuko | 2006年11月11日 (土) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやくセンブリ | トップページ | アカザの紅葉 »