« ベニバナボロギク | トップページ | キッコウハグマ »

2006年11月 4日 (土)

クコの花と実

海岸のあちこちで赤いクコの実が目につくようなりました。チョット海岸に行き撮ってきました。今の時期は花と実が一緒に撮れます。真っ赤な実は光沢があってきれいですが淡紫色の花の方が好きです。クコの花の季語は春になっていますが、春に花を見た記憶がありません。夏から秋にかけて咲いているように思われます。過去の写真を調べてみたら10月と11月にしか写真を撮っていません。
夏の花は実を結びにくようですが、秋の花は実を鈴なりに付けます。
ナス科の植物で芽、葉、実それぞれに薬効があり、芽はクコ飯に葉はクコ茶に果実はクコ酒として利用されます。以前、クコ酒を作ろうと実を採ったのですが、乾燥中に腐ってしまい失敗しました。
(クコ 枸杞 2006.11.4 )
KukoKuko2

|
|

« ベニバナボロギク | トップページ | キッコウハグマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これから,初冬にかけて実ってきます。鈴なりの実は光を浴びるとさらにきれいです。
北海道にはクコ、無いんでしたよね!

投稿: やまそだち | 2006年11月 5日 (日) 07:07

きれいに咲いていますね
まだこれから咲くのも沢山見えますね
これらの実は冬になる前にできるのかしら?

花をみても、実を見ても良しで、しかも薬効もあるなんて一挙三得ですね。。。笑

投稿: yuuko | 2006年11月 4日 (土) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベニバナボロギク | トップページ | キッコウハグマ »