« 名残惜しい紅葉 | トップページ | キカラスウリの実 »

2006年12月11日 (月)

龍の玉

Jyanohige太陽の日を受け、紺碧色(コバルト色)に輝くジャノヒゲ(別名リュウノヒゲ)の実(本当は前に紹介したヤブランと同じように果実では無く種子ですが)を探してきました。最初は緑色ですが今頃になるとこんなきれいな色になります。
この実のような種子、俳句では龍の玉と詠まれています。皮を剥くと白く、ピンポン玉のように良く弾むので「はずみ玉」という名もあります。
子供のころ投げつけて遊びました。
(ジャノヒゲの種子  蛇の髭 2006.12.11)

|
|

« 名残惜しい紅葉 | トップページ | キカラスウリの実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

結構、多くの実が付きますが、無い株も結構有りますので、熟すと鳥が食べてしまうのかもしれません。

投稿: やまそだち | 2006年12月12日 (火) 16:43

 ジャノヒゲが実る頃になったのですね。
庭のジャノ髭は今年は花が良く咲いたので、実もたくさん付いていると嬉しいな。鳥に食べられない内に探して見ます。

投稿: 秋人 | 2006年12月12日 (火) 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名残惜しい紅葉 | トップページ | キカラスウリの実 »