« タブノキ | トップページ | オニグルミの冬芽 »

2006年12月28日 (木)

冬らしくない冬

Kouyaboki今日も朝から春のような暖かい日になりました。上着を着て山道を歩いたら暑くて、直ぐ脱いでしまいました。とは言っても山道の木や草は冬の様相です。実も無くなり、木々の冬芽が膨らんできています。
薮の中にコウヤボウキの実の綿毛が日に当たりキラキラ輝いていました。うっすらとピンクに色がついておりなかなかきれいです。綿毛が飛ぶと萼だけが残りドライフラワーのようになります。

(コウヤボウキの果実 2006.12.28)

|
|

« タブノキ | トップページ | オニグルミの冬芽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん、こんばんわ
この色が好きで毎年見に行きます
今年は遅くまで残っています
今日は北風が吹いて寒い一日でした

投稿: やまそだち | 2006年12月29日 (金) 21:24

そちら今日は雪は降りませんでしたか?
今年はやっぱり変で、この辺には降らずに北陸や東北の日本海側に沢山降っていますね

コウヤボウキの綿毛、あまりにきれいなので どこかに飾りたいですね☆

投稿: yuuko | 2006年12月29日 (金) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タブノキ | トップページ | オニグルミの冬芽 »