« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

フクジュソウももう

Hukujyuso_1
今年は「もう・・・」という言葉を良く目にしたり、耳にしたりします。
植物園で「フクジュソウがもう咲き出した」という話を聞き、見に行ってきました。例年より2週間ほど早いようです。今日は16度でした。
落ち葉の中で日の光りを一杯浴びて、鮮やかに黄色に輝いていました。
「福寿」は幸福と長寿を意味しており、おめでたい花として正月の床飾りに使われますが、正月用のものは温室で育てられたものでしょう。
植物園ではいつもは3月に撮影しているザゼンソウも咲き出していました。
(フクジュソウ 福寿草 2007.1.31)

| | コメント (2)
|

2007年1月30日 (火)

シダらしくないシダ、トウゲシバ

Togesiba
(トウゲシバ 峠芝 2007.1.28)
今日も花ではありません。ワラビやゼンマイのような一般的な形をしたシダとはちょっと変わった形のシダです。常緑のシダですので冬でも林の中で良く見られます。
トウゲシバといいます。日本全土に分布し、林床のやや湿った日陰に生育しています。漢字では「峠芝」でしょうが、何故「峠芝」という名がついたのでしょうか?
花はもちろん好きですが、自然の中の苔やシダもなかなか風情があり良いものです。
それにしても暖かい日が続きます。

| | コメント (2)
|

2007年1月29日 (月)

メギの紅葉

Megi昨年までは冬の時期は花が無いので写真はあまり撮ることがありませんでした。この冬はBlogを開設したお陰で、冬の植物を見る機会も増え、花の時期とは違った植物の様子を観察し、新しい発見もあります。
昨日、山道を散歩中、きれいに紅葉したメギを見つけました。
花や実は何度も撮影しているのですが、紅葉の撮影はは初めてです。
枝には鋭い刺があり、冬芽が刺に守られるように付いていました。
葉や枝を煎じて洗眼薬にしたので「目木」と言う名前が付いたそうです。
4月には黄緑色のかわいい花を沢山付けます。真っ赤な実もきれいです。
(メギ 目木 2007.1.29)

| | コメント (0)
|

2007年1月28日 (日)

Blog再開・・・もうウメが

Umeみなさん、ご心配おけかしました。いろいろバタバタしましたが入院・手術はしない事になりました。
ようやく、落ち着きましたので今日からBlogを再開いたします。
久しぶりで自然公園の山道を歩いてきました。1月とは思えぬ春のような日和でした。やはり、自然のなかを歩くのは気持ちいいですね。
私のフィールドでは毎年一番早く咲く場所のウメがもう満開でした。ウメは早春.最も早く咲く花ですが、一月に咲くとはちょっと早すぎです。家の近くのウメはまだまだ先になりそうです。

(ウメ 梅 2007.1.28 日立市内)

| | コメント (11)
|

2007年1月21日 (日)

アオキの実

Aoki_1冬から春先にかけてアオキの深紅の実がみられます。アオキは鳥が種を運ぶのか、この辺の山ではどこに行ってもよく見かけます。ところが赤い実の方はいざ見たいとなるとなかなか見つからないものです。というのもアオキは雄木と雌木が有ります、つまり雌雄別株なのです。庭に植える時は気をつけてください。
普段は目立たないアオキも実の時期は深緑色の葉と真っ赤な実の色合いがとてもきれいで一目をひきます。これに雪をかぶったら、さらに良い風景でしょう。
(アオキ 青木 2007.1.19)

23日から2.3週間入院致しますのでしばらくお休みします。

| | コメント (4)
|

2007年1月20日 (土)

ギシギシ

Gisigisi_1前にスイバの葉の紅葉を紹介しましたが、それに良く似たギシギシです。スイバほど色づきませんが、今頃になると色づいてきます。曇っていたので太陽の光を受けたきれいな色は出ていませんが枯れ草のなかで目立ちました。
道ばた、畑地の周辺、土手などに生えていますので、名前を知らなくても、皆見ていると思います。 何故、ギシギシと言う名が付いたかは調べても良く分かりませんでした。若芽は食用に、根は薬用になるそうです
ギシギシの仲間にはギシギシ・エゾノギシギシ・アレチギシギシ・ナガバギシギシなど有りますが、写真はエゾノギシギシのようです。
(ギシギシ 羊蹄 2007.1.20)

23日から2,3週間ほど入院致しますのでしばらくお休みします。
明日までは更新する予定です。

| | コメント (5)
|

2007年1月19日 (金)

カラスノエンドウの巻きひげ

明日は大寒というのにあまり寒くありません。植物達も驚いているのではないでしょうか。
昨日,散歩中にカラスノエンドウを見たら、だいぶ葉っぱが伸びてきています。カラスノエンドウの葉は複葉といって左右に小さな葉が対になって付いて一つの葉を作っています。8〜16個の小葉がついていますが先の1〜3個は巻きひげ状になり他のものにからみつきます。つまり、このひげは葉なんですね。
葉は霜焼けなのか紅葉していますが先の方はもう巻きひげが出ていました。
植物達も寒さの中、一日一日少しずつ、着々と春の準備をしています。

 (カラスノエンドウ 烏野豌豆 1.18)    (霜をかぶったカラスノエンドウ 12.31)
Karasunoendo_1Karasu2

| | コメント (2)
|

2007年1月18日 (木)

ヒメオドリコソウ

Himeodoriko相変わらず暖かい冬ですが、今日も風がなく、3月の陽気でした。近くの海に行き砂浜を30分ほど歩いたら汗が出てきました。
ヒメオドリコソウは1年中咲いています、今の時期はさすが花数は少ないですが、葉の紅葉が一番きれいな時期です。葉全体が赤く染まり見事です。
ヨーロッパ原産の植物で世界中に広く帰化しているようです。日本に帰化したのは明治中期で、現在は全国に広がっており、皆さんおなじみです。葉はしわが多くホトケノザに良く似ています。4〜5月花の時期にも上の方の葉が赤紫色になります。
(ヒメオドリコソウ 姫踊り子草 2007.1.18)

| | コメント (1)
|

2007年1月17日 (水)

スズメノカタビラ

Suzumenokatabiraスズメヤリ、スズメノテッポウ、スズメノエンドウ、スズメウリ、スズメノヒエと雀の名の付く植物は沢山ありますが、スズメノカタビラは一番身近な道端の草です。ほとんど一年中花をつけていますがただの雑草と見過ごす人が多いのでは無いでしょうか。庭の草むしりもこの草が一番多いのではないでしょうか。でも良く見ると中々かわいい植物です。
帷子(かたびら)とは単衣の着物の事で花序の形を雀の帷子に見立てたそうです、なかなか良い名前を付けたと感心します。
(スズメノカタビラ 雀の帷子 2007.1.12)

| | コメント (3)
|

2007年1月14日 (日)

タネツケバナ

種籾を水に漬けて苗代を準備するころ、田んぼなどに咲くのでこの名前が付きました。3月〜5月頃が花の時期ですが、冬の今頃でも霜をかぶって咲いています。稲の切り株が残る田んぼに沢山生えており小さな花を咲かせていました。春になると一面真っ白になります。
最近、稲刈り後すぐ耕してしまう田んぼが大いので切り株の残った田んぼは少なく、私には貴重な田んぼです。コオニタビラコなども切り株の残った田んぼでないと見られません。
柔らかい葉をそのままサラダなどにすると辛みがあり、なかなか美味しいです。
(タネツケバナ 種漬花 2007.1.11)          (2007.1.12)
TanetukebanaTanetuke

| | コメント (3)
|

2007年1月13日 (土)

クチナシの実

Kutinasiクチナシはあちこちで見かけますが。残念ながら野生のものはまだ見た事がありません。静岡県以南には自生しているようです。
6月に白い花を咲かせ良い香りがします。実は橙色に色づきとてもきれいです。実は黄色の染料としても使われますが、きんとんや沢庵の色づけにも使われています。
花は香料に、実は染料や色づけにさらに消炎、解熱などの薬効もあるそうですから、飛鳥時代から大事にされてきたのがうなずけます。

(クチナシ 梔子 2007.1.10 茨城県植物園)

| | コメント (4)
|

2007年1月11日 (木)

コブシの冬芽

Kobusi
(コブシ 辛夷 2007.1.10)
Kobusi2_1昨日,植物園に行った時、コブシの花芽が太陽にあたり銀色に輝いていました。コブシの花芽は白い軟毛でおおわれており、毛が立っているためこれに光が当たりキラキラ輝きます。良く似たハクモクレンは毛がややねています。
花も良いですが、春にむかい花芽が少しずつ膨らんでいく様子を観察するのも楽しいものです。今年は花付きが良いようで花の時期が楽しみです。
芽吹き始めた早春、後方に雪山が見える里山に点々と咲いている風景は何とも言えません。
(コブシの冬芽、毛で覆われているのが花芽、右下の小さいのが葉芽)

| | コメント (2)
|

2007年1月10日 (水)

ソシンロウバイ

風もなく、暖かな日になりましたのでしばらくぶりで植物園に行ってきました。時期はずれの植物園にはほとんど人がいません。ボタニカルアート展(国立科学博物館主催の植物画コンクール優秀作品展)をやっており、二人ずれが一組だけ見にきていました。Robai
植物園は樹木に名札が付いているので冬芽や木肌の勉強にはもってこいの場所です。
花の写真はできるだけ自然の野山のものを撮ることにしていますので植物園ではあまり撮らないのですが、今日は撮ってきました。
ソシンロウバイがちょっと遅めながら咲いていました。名札はロウバイとなっていましたが、花の内側が黄色なのでソシンロウバイです。ロウバイは花がソシンロウバイより、少し小さく花びらの内側が暗褐色です。

| | コメント (4)
|

2007年1月 8日 (月)

タチバナモドキ

Tatibanamodoki鳥達も山に餌も少なくなってくると人里の実を食べにきます。今の時期、庭木の実もほとんど無くなっています。この実だけがいつまでも残っています。あまり美味しく無いのでしょうね。
このオレンジ色の実はタチバナモドキで県民の森の入り口に植えられていました。赤い実のトキワサンザシも遅くまで実が残っています。
どちらもトキワサンザシ属という同じ仲間で総称してピラカンサと呼ばれています。
タチバナモドキの名はミカン科のタチバナに実の形や色が似ているからついたそうです。
これらの実もいつの間にか鳥達に食べられてしまいます。
(タチバナモドキ 橘擬)

| | コメント (2)
|

2007年1月 7日 (日)

七草・コオニタビラコ

今日は七草の日ですが、七草粥は食べましたか。
(セリ、ナズナ、ハハコグサ、ハコベ、コオニタビラコ、ダイコン、カブ)
都会では七草を野から採ってくるのは難しいでしょうが、ちょっと野原や田んぼに出れば、まだまだ七草は沢山あります。ただ一種だけ最近減って来てそう簡単には手に入らないのがコオニタビラコ(春の七草ではホトケノザと言われていますが、現在はホトケノザと呼ばれているのは別の植物です・・・昨日紹介した紅紫色の花)です。
春耕前の水田等に生えますが、最近は中々見られません。水田の管理状態が変わってきたせいでしょうか?
こちらでもある決まった田んぼにしかありません。毎年そこに見に行きますが、今年も沢山ありました。4月になると花が咲きます。
KoonitabirakoKoonitabirako2
(コオニタビラコ 小鬼田平子 2007.1.5)      (コオニタビラコの花 2006.4.8)

| | コメント (4)
|

2007年1月 6日 (土)

寒の入り

今日は寒の入りにふさわしい、寒い日になりました。
先日,友人のHPに「お正月に咲いていた野草」というテーマで寒さの中、けなげにに咲いている花が紹介されていました。
そのアイディアをおかりし、私も昨日,近くの草むらや田んぼ道に咲いている花をを探して見ました。結構咲いていました。主なものを紹介します。
(寒中に咲いている花達)
Hotokenoza_2Himeororikoso_1OinunohuguriHimejion_2
(ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ヒメジオン)
Nazuna_1Noborogiku_2Nogesi_2Nominohusuma_2
(ナズナ、ノボロギク、ノゲシ、ノミノフスマ)

| | コメント (3)
|

2007年1月 5日 (金)

スイセン

Suisen1Suisen3(スイセン 水仙 2007.1.5)

日立市北部の海岸の脇の草むらに毎年スイセンが咲く場所があります。数年前に墓地が造成され数は少なくなってしまいましたが今年も咲いていました。
犬をつれた老人が通りがかったので「ここのスイセンは何時頃からあるのですか?」と聞いた所、子供の頃から咲いていたとの事でした。「自生のものだよ」と言っていましたが???です。
スイセンは園芸種も多いですが、やはり野生のものが好きです。日本のものは地中海沿岸のフサザキスイセンがシルクロードを経て中国に持ち込まれ、中国で野生化したものが日本に入ってきたそうです。

| | コメント (2)
|

2007年1月 4日 (木)

キヅタ(フユヅタ)

KizutaKiduta2(キヅタ 木蔦の実 2007.1.4)    (キヅタの花 2006.10.20)

蔦には秋に紅葉する落葉性のツタ(ナツヅタ)と常緑のキヅタ(フユヅタ)があります。ツタはブドウ科、キヅタはウコギ科です。
今の時期、木に絡まって青々としているキヅタに沢山の実がなっているのが見られます。写真のように花がつく枝の葉は切れ込みがありませんが、花の付かない枝の葉は浅く3〜5裂します。
花は10月〜12月に黄緑色の小さな花を沢山つけます。花はキヅタの方がツタ(ナツヅタ)よりきれいですが、秋に真っ赤に紅葉するツタの方が皆さんにはおなじみですね。

| | コメント (2)
|

2007年1月 3日 (水)

ヤエムグラ

Yaemugura2Yaemugura1_1ちょっと冷たい風が吹いていたが、河原から田んぼ道を散歩、数年前までお正月には凧揚げをしているのが良く見られたが、ぐるっと見回しても凧揚げしている姿は見られない。「正月遊び」なんていう言葉は無くなってしまったのか・・・

ヤエムグラの越冬葉がきれいに紅葉していました。昔、勲章草と呼び胸につけ勲章遊びをした事を思い出します。
藪や荒れ地に重なり合って生えており花も小さくあまり注目されない植物ですが、この時期は背丈も低く葉が紅葉してとてもきれいです。

(ヤエムグラ 八重葎 2007.1.3)

| | コメント (4)
|

2007年1月 2日 (火)

セイヨウタンポポ

SeiyotanpopoSeiyo2(セイヨウタンポポ 西洋蒲公英 2007.1.2)
お正月って、何も特別変わった訳では無いのに、何故か清々しい気分になり、気分的にゆったりとします。今日は寒さも緩み、快晴ではありませんでしたが散歩していても寒くありませんでした。セイヨウタンポポが枯れ草の布団の中にあちこちに咲いていました。
タンポポはほとんど一年中咲いており、誰でも良く知っている植物です。でも1年中見られるタンポポは明治初期にヨーロッパから入って来たセイヨウタンポポです。
日本に昔からある在来種のタンポポは花の時期は限られており、今の時期はほとんど見られません。この辺で見られる在来タンポポはカントウタンポポとエゾタンポポですが、減って来ているようです。

| | コメント (0)
|

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとう

Dankobai(早春のダンコウバイ)

明けましておめでとうございます。
みなさま、どんな新年をお迎えですか
私の新年は毎年の事ですが日の出とともに起き、初日の出を見ながら近くの神社まで歩いて散歩がてら初詣。家に帰りお雑煮を頂き、隣保班(隣組)の賀詞交換会に・・・あとは年賀状を楽しみ、家でのんびりです。
今朝の日の出は例年になくきれいでした。
今年もどんな花と出会い、どんな花が紹介できるか楽しみです。どうぞよろしくお願い致します。

ホームページに「スミレの花(2)」と「今月の花」を更新しました

| | コメント (2)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »