« タネツケバナ | トップページ | ヒメオドリコソウ »

2007年1月17日 (水)

スズメノカタビラ

Suzumenokatabiraスズメヤリ、スズメノテッポウ、スズメノエンドウ、スズメウリ、スズメノヒエと雀の名の付く植物は沢山ありますが、スズメノカタビラは一番身近な道端の草です。ほとんど一年中花をつけていますがただの雑草と見過ごす人が多いのでは無いでしょうか。庭の草むしりもこの草が一番多いのではないでしょうか。でも良く見ると中々かわいい植物です。
帷子(かたびら)とは単衣の着物の事で花序の形を雀の帷子に見立てたそうです、なかなか良い名前を付けたと感心します。
(スズメノカタビラ 雀の帷子 2007.1.12)

|
|

« タネツケバナ | トップページ | ヒメオドリコソウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか・・
貧乏草という名前は人気があるんですね!

長者草という名前のものもあるのでしょうかしらん??

投稿: yuuko | 2007年1月18日 (木) 20:46

yuukoさん、おはようございます

調べてみたら、スズメノカタビラも貧乏草と呼ばれているようです。
一般的に貧乏草と呼ばれているのはヒメジオンのようですが、
ハルジオンやナズナ、ホトケノザなども貧乏草とよばれるようです。
人間さまはいろいろな名前をつけるものです

投稿: やまそだち | 2007年1月18日 (木) 07:45

フムフム、、スズメノカタビラね。。。

聞いたことある名前だ、 見たこともあるぞ。。。

な~んて考えながら見ていたら、ひょっとして、これ。。。

ビンボウグサかなぁ。。。

うちにもたくさ~~んありまする

投稿: yuuko | 2007年1月17日 (水) 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タネツケバナ | トップページ | ヒメオドリコソウ »