« カントウタンポポ | トップページ | タネツケバナ »

2007年3月20日 (火)

アズマイチゲ

Azumaitige_1カタクリが咲き出しているという話を聞き、お隣栃木県に行ってみました。
残念ながら蕾を持ち上げ始めたところで、一輪も咲いていませんでした。帰りに県内の昨年観察した雑木林に寄って見たら、こちらもまだ、やはりちょっと早すぎたようです。代わりにアズマイチゲが満開でした。近くの農家にはミツマタが青空をバックにきれいに咲いていました。出かければ何かは見られるものですね。
Azumaiyige2
春の短期間だけ地上生活をする植物をスプリング・エフェメラル(春のはかないものたち)と呼んでいますが。
アズマイチゲもスプリング・エフェメラルと呼ばれる春の妖精たちの一つです。雑木林の白い妖精といったところでしようか。
良く似た花にキクザキイチゲがありますが葉の形などが違います。

(アズマイチゲ 東一華 2007.3.20)

|
|

« カントウタンポポ | トップページ | タネツケバナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふみさん、おはようございます
藤原岳は花の山として有名ですね、一度行きたいと思っていますが、ちょと遠いのでなかなか実現しません。
キクザキイチゲは比較的見る機会があると思いますので、再開を楽しみにして下さい。
青色のキクザキチゲはきれいですよ。

投稿: やまそだち | 2007年3月22日 (木) 07:59

やまそだちさん、こんばんは。随分長いあいだご無沙汰してしまいました。アズマイチゲ、とても可愛いですね。私は長いあいだもう見ていません、キクザキイチゲも・・・。先日登った山(花の百名山・藤原岳)なら見られると思いますが、どの辺りに自生しているのか分かりません。偶然にでも出会えれば嬉しいです。カタクリの花、今日の朝刊に愛知の足助町の香嵐渓で10万本が見ごろを迎えつつあると出ていました。自生していたものから地元住民が種を取り増やしたそうです。

投稿: ふみ | 2007年3月21日 (水) 19:14

shukuさん、おはようございます。

私もキクザキイチゲはあちこちで見ているのですが、アズマイチゲの方はあまり見ていません。
アズマイチゲの方は里山などに多いのでしょうか?
里山は減ってきているのであまり見かけない????
そろそろイワウチワが咲き出しそうです。

投稿: やまそだち | 2007年3月21日 (水) 08:43

やまそだちさん、こんにちわ(^o^)/
アズマイチゲ、いいですねぇ。
木漏れ日をうれしそうに見上げてるぅ(^.^)

こちらでもアズマ、キクザキともに見られますが、その数は少ないようです。しかもキクザキよりアズマイチゲの方がより少ないそうで、意外な気がしています。

投稿: shuku@静岡 | 2007年3月21日 (水) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カントウタンポポ | トップページ | タネツケバナ »