« 芽吹き | トップページ | フキノ雄花 »

2007年3月 4日 (日)

フラサバソウ

Hurasabasoオオイヌノフグリと同じ仲間ですが、花の大きさはオオイヌノフグリの半分くらいです。
最近、良く見られるようになりましたがオオイヌノフグリほどどこでも見られるという訳にはいきません。でも、気をつけて探せば見つかります

フラサバソウとは奇妙な名前ですが、これを長崎で採集したフランスの植物学者フランセとその採集品を研究したサバチエの名前の頭の2文字ずつをとり、フラサバソウと名付けられたと言います。
(フラサバソウ 2007.3.4)

|
|

« 芽吹き | トップページ | フキノ雄花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さなえさん、こんばんわ!

私も「犬に歩けば棒にあたる」でふらりと出かける事が多いです。
思いかけずに出会うものの方が多く、喜びもも百倍です。
何回も行っている場所でも結構新しい発見があるものです。

投稿: やまそだち | 2007年3月 4日 (日) 20:48

こんばんは。

素敵なフレーズを紹介してくださってありがとうございました。

フラサバソウ、今度気をつけて探してみようと思います。
芽吹き、綺麗に撮っておられますね。

野山を歩くのに、今日は何を見ようと思って歩かれるのはいいですね。
何しろ好奇心が一杯で、とりとめのない観察になりますから、今度から私も目的を持って見ようと思います。

投稿: さなえ(花の庵) | 2007年3月 4日 (日) 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芽吹き | トップページ | フキノ雄花 »