« ヤマネコノメソウ | トップページ | カントウタンポポ »

2007年3月18日 (日)

シュンラン(ジジババ)

Syunran1_1午前中、毎年恒例の自然公園の湿地整備があり、そのあと自然公園の林を歩いてきました。例年より早く、日当たりの良い場所ではシュンランが満開でした。ショウジョウバカマもちらほらと咲き始めていました。

シュンランは北海道から九州まで分布するので一番親しみやすいランです。早春の明るい林にぽつりぽつりと咲いています。ランと名が付くと採取されてしまい、何処の山も以前に比べ少なくなってしまいました。実はつきますがランは実で増える事は少ないので採られてしまうと絶えてしまいます。
(シュンラン 春欄 2007.3.18)

|
|

« ヤマネコノメソウ | トップページ | カントウタンポポ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

常陸大宮市家和楽さん

ようこそ!
全国的には減っている所も多いようですが、幸い茨城県では、山に入ればまだまだ見られますね。
家和楽研修センターへは行ったことがありません。機会があればお邪魔します。

投稿: やまそだち | 2008年4月23日 (水) 21:57

家和楽研修センターの管理人です。
昨日、中国河南省研修生と近くの里山にトレッキングに出かけた際にシュンランを中国人が見つけ、この花は中国に沢山あると言ってました。
この辺では、最近乱獲がたたりすっかり個体数を減らしています。
でも南側の斜面を気をつけていると、ジジババを見つけられますよ。
イワウチワの群生も人知れず咲いています。
マイナーな場所だけに、ある意味穴場かも?

投稿: 常陸大宮市家和楽 | 2008年4月23日 (水) 21:12

天馬さん、調べてくださって有難うございます
関東の方ではジジババと言うんですね
今度知ったかぶりをしようっと!

そのいわれも面白いですね♪

投稿: yuuko | 2007年3月19日 (月) 16:35

よっちゃん、こんにちわ!

ことらもやはり何かに(野うさぎ?)食べられた株が結構あります。
葉のきれいな株を探して、撮っています。

投稿: やまそだち | 2007年3月19日 (月) 12:34

天馬さん、こんにちわ!

いろいろ調べて頂きありがとうございます。
地方ににより呼び方の違う植物はいろいろありますね。

投稿: やまそだち | 2007年3月19日 (月) 12:32

こちらでは,今年は多くの株がウノサギに葉を食べられています。

投稿: よっちゃん | 2007年3月18日 (日) 22:51

ジジババをフリー百科事典のウィキペディアで調べてみましたら下記のように記されていました。
「一説には、ジジババというのは蕊柱を男性器に、唇弁を女性器になぞらえ、一つの花に両方が備わっていることからついたものとも言われる。」
ジジババ、以外にホクロ、ハシクリ、オジャババなどの別名を記しているサイトがありました。

投稿: 天馬 | 2007年3月18日 (日) 22:45

福島及び千葉でも、ジジババと呼んでいましたよ。

投稿: 天馬 | 2007年3月18日 (日) 22:13

yuukoさん、こんばんわ!

シュンランのことを別名「ジジババ」と呼んでいますが、これは関東地方だけの呼び名かも知れませんね?
皆様、いかがでしょうか??

投稿: やまそだち | 2007年3月18日 (日) 21:48

こんばんは!

あの~ シュンランとジジババは どういうご関係??

シュンランは知り合いのお庭で見せていただいて すっかり好きになりました
まだ山にあるのを見たことがないので、今年は会いたいな・・・
美しい写真ですね♪

投稿: yuuko | 2007年3月18日 (日) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマネコノメソウ | トップページ | カントウタンポポ »