« フキノ雄花 | トップページ | 奄美大島の花(1) »

2007年3月11日 (日)

南の島に行ってきました

Hikakehego6日から10日まで、奄美大島に行ってきました。鹿児島から南に380kmに位置する亜熱帯気候の暖かい島です。ところが前日までは20度の暖かさだったそうですが、6日から寒くなり夜は持って行ったセーターが役にたちました。
とはいっても5日間、目一杯にしっかり植物を見てきました。予想以上に大きい島で南部の方は今回は見られませんでした。
今日は初日に行ったアマミクロウサギが生息する金作原(きんさくばる)の原生林の様子です。
Simaotaniwatari (ヒカゲヘゴ)

ヒカゲヘゴは常緑のシダで、高さ10mにもなります。
シマオオタニワタリは湿った林内の樹や岩上に着生する常緑生シダです。放射状に出た葉がとてもきれいです。

午後でしかも曇っていましたので薄暗い森が、さらに暗く原生林を十分堪能できました。

    (シマオオタニワタリ)

|
|

« フキノ雄花 | トップページ | 奄美大島の花(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん、こんにちわ!

南のシダだ大型のものが多いですね。リュウビンタイという大きなシダもあります。
山道の両脇はウラジロ、コシダ、タマシダなどがびっしり生えています。

投稿: やまそだち | 2007年3月12日 (月) 16:38

きょこさん、こんにちわ!

南の島は屋久島依頼です。
見慣れない植物ばかりでいつものパニック状態でした。
屋久島とはまた違った感じがしますね。

投稿: やまそだち | 2007年3月12日 (月) 16:29

南国の植物はまるで縁がないので 興味深いです!!

如何にも南国らしい雰囲気というものがあるんですね~
原生林・・・ 素晴らしい・・・・!

ヒカゲヘゴはシダ科の木なのですか?
あ~~~そういえば葉がシダのような
一瞬椰子の木かと。。。

ずい分でっかいオオタニワタリもあるんですね
南国原生林の植物、楽しみにしてます(ワクワク♪)

投稿: yuuko | 2007年3月12日 (月) 13:11

やまそだちさん、お帰りなさい。
奄美大島だったんですね。
南の島って、どこに行かれたのかなあって想像していました。
金作原の原生林はいいですね。


投稿: きよこ | 2007年3月12日 (月) 10:31

Shukuさん、おはようございます!

5日間、良く遊び、学んで(?)きました。
紹介できる範囲で明日から紹介します。
私は沖縄にはまだ行った事がないのですが南の島も良いですね。
どうも北の方が好きな人種のようです。

投稿: やまそだち | 2007年3月12日 (月) 08:56

やまそだちさん、お帰りなさ~い!
ヒカゲヘゴにシマオオタニワタリ。南国ムードいっぱいですね。
五日間いろいろ見られたのでしょうね。
今後のアップをたのしみにしています(*^.^*)
私もまた沖縄へ行きたくなっちゃったなぁ~!

投稿: shuku@静岡 | 2007年3月11日 (日) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フキノ雄花 | トップページ | 奄美大島の花(1) »