« スハマソウ | トップページ | カンスゲ »

2007年3月24日 (土)

ミツマタ

Mitumata庭先のミツマタは大分前に花が終わってしまいましたが、山間部では車を走らせていると畑の縁や、山の麓で、満開のミツマタが目に入ってきます。
製紙の原料の為に植えられたのか、観賞用に植えられたのは分かりませんが黄色い花は青空に良く映えます。
中国〜ヒマラヤ原産ですが、日本に入って来たのは古く室町時代だそうです。
ロウバイ、マンサク、ダンコウバイ、サンシュユ、トサミズキと早春は黄色い花が多いですね。

(ミツマタ 三叉 2007.3.20)

|
|

« スハマソウ | トップページ | カンスゲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか、ベニバナは日本には自生してないんですね
有難うございました

投稿: yuuko | 2007年3月25日 (日) 18:13

yuukoさん、こんにちわ

黄色のトキワマンサクは本州、九州の一部に自生があるそうです。
三重県が北限のようです。
ベニバナトキワマンサクは中国原産で日本では庭園などに植えられているそうです。

投稿: やまそだち | 2007年3月25日 (日) 16:10

こんにちは!

マンサク、ロウバイ、ミツマタ、どれもきれいで どれもなくて・・・
このお花もとても可愛いですね♪

ところで、トキワマンサクのベニバナって自生しているのでしょうか?

投稿: yuuko | 2007年3月25日 (日) 10:17

天馬さん、おはようございます。

ジンチョウゲ科ですから、良い香りですね。私は鼻はあまり敏感でないのでスミレなどもそう香りが分からないのですが、ジンチョウゲの仲間は良い香りがわかります。

投稿: やまそだち | 2007年3月25日 (日) 07:40

ミツマタを見るとカメラを向ける前に、鼻を近づけてしまいます。ミツマタは好きな香りの花です。

投稿: 天馬 | 2007年3月24日 (土) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スハマソウ | トップページ | カンスゲ »