« シュンラン(ジジババ) | トップページ | アズマイチゲ »

2007年3月19日 (月)

カントウタンポポ

奄美大島から帰ってから寒くなり風邪をひいたり、所用が続いたりで久しぶりの散歩をしました。冬型の低気圧が来ているとは言え.お彼岸ですから日だまりは暖かいですね。
鶯の初音、雲雀のさえずりを聞きながら田んぼ道を1時間ほど歩きました。カントウタンポポも咲き始め、タネツケバナも一面真白になっています。
Kantotanpo2(カントウタンポポ 関東蒲公英 2007.3.19)
セイヨウタンポポはいたるところで見られますが、在来種の日本タンポポはどこでもとうわけにはいきませんが日立市近辺ではまだまだ見られます。
この辺で見られる在来種の日本タンポポとしてはカントウタンポポとエゾタンポポがあります。セイヨウタンポポは総苞片(花の外側にある葉状の鱗片)が反り返りますが在来種は反り返りません。

|
|

« シュンラン(ジジババ) | トップページ | アズマイチゲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん、おはようございます。

エゾタンポポは総苞片がしもぶくれののように膨らんでいるんですが、最近カントウタンポポとの中間見たいのが出て来て迷う事があります。
雑種ができているのでしょうか?

投稿: やまそだち | 2007年3月20日 (火) 07:48

今晩は~
エゾタンポポはそちらにもあるんですね

カントウタンポポは こちらにはないようです・・・

投稿: yuuko | 2007年3月19日 (月) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュンラン(ジジババ) | トップページ | アズマイチゲ »