« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

コガネネコノメソウ

Koganeneko今日は群馬県まで出かけました。地元の観察仲間の案内でスミレなどを観察をしてきました。群馬県の今日の日中の最高気温は29度、山は涼しく快適でしたが下界に下りたら暑い!!

沢沿いに咲いていたコガネネコノメソウです。花(萼片)の色が黄金色という分かりやすい名前です。花の後は緑色になってしまいます。
地味な花が多いネコノメソウの仲間の中でハナネコノメと並びきれいな花のネコノメソウです。
(コガネネコノメソウ 黄金猫の目草 '07.4.30)

| | コメント (5)
|

2007年4月29日 (日)

ウマノアシガタ

Umanoasigata春先は黄色い花が多いようです。今咲いている花もヤマブキ、タンポポ、ジシバリ、ノゲシ、キツネノボタン、コウゾリナ、ブタナ、クサノオウ・・・
同じ黄色でもウマノアシガタの花はテカテカと光り、今日はお天気が良かったので春の日差しに照り映えていました。
別名「金鳳花」は花の色からつけられておりうなずけます。「馬の脚形」は葉の形を馬のひずめにたとえたものといいますが似ていますかね。
黄色い花は色が飛んでしまい撮影は苦手です。
(ウマノアシガタ 馬の脚形 '07.4.29)

HPに「花アルバム19」「今月の花5月」を載せましたのでご覧下さい。

| | コメント (2)
|

2007年4月28日 (土)

ニョイスミレ(スミレNo.10)

Nyoisumireこのスミレも直径1cm前後と小さい花です。花の時期が遅い方のスミレで湿った所が好きです。群生している事が多いようです。花は白く、唇弁に紫色の筋があります。
別名ツボスミレと呼ばれます。
「如意」は葉の形が孫の手に似た仏具の如意に似ているので名前が付いたそうですが、私は如意なるものを見た事がありません。
「坪」は庭の意味で庭先に生えるスミレとして名付けられたと言います。
写真は田んぼの脇の土手で撮ったものです。
(ニョイスミレ 如意菫 '07.4.27)

HPに「花アルバム19」「今月の花5月」を載せましたのでご覧下さい。

| | コメント (4)
|

2007年4月27日 (金)

ツルカノコソウ

Turukanoko日立市は南北に細長い町で東は太平洋、海岸から山に向って住宅がありちょっと西に行くとすぐ山です。

図書館の帰りに水汲みがてら山道を歩いてきました。新緑が一番きれいな時です。林の陰にツルカノコソウが群生していました。
ツルカノコソウはオミナエシの仲間で湿った所に生えており4〜5月が花の時期です。花が終わったあと枝がどんどんのびて地を這い、その先に根と芽をつけてふえます。白い花ですが蕾の桃色がきれいです。
(ツルカノコソウ 蔓鹿の子草 '07.4.27)

| | コメント (2)
|

2007年4月26日 (木)

フモトスミレ(スミレNo.9)

久しぶりのお天気で早起きして、地元の山にスミレを見に行ってきました。コースタイムは3時間のコースなのですが、6時間かけてのんびり花観察です。スミレは8種類しか見られませんでしたが、お目当てのフモトスミレ、アケボノスミレが沢山見られました。
(フモトスミレ 麓菫 '07.4.26)
Humoto2Humotosumire1
「麓の名が付いているのに麓には無い」と言っている人がいましたが、確かに麓より上に咲いている事が多いようです。
白い小さいスミレですが唇弁の紫色のすじが良く映え、感じの良いスミレです。

| | コメント (2)
|

2007年4月25日 (水)

マキノスミレ(スミレNo.8)

Makinosumire何枚かまだ紹介していないスミレがあります。シーズンが終わらないうちに紹介します。
植物学者牧野富太郎を記念して名前がつけられたマキノスミレです。
花の時期が早く、日立市内ではこのスミレが一番早く咲き出します。茨城県から福島県にかけて良く見かけます。
花は紅紫色でこの辺のものは小形の花が多いようです。葉をピンと上に立てるのも特徴です。
葉の裏は少し紫色を帯びます。

(マキノスミレ 牧野菫 '07.4.7)

| | コメント (2)
|

2007年4月24日 (火)

ゲンゲ

Genge1
Genge2
(ゲンゲ 紫雲英 '07.4.24)

ここ2、3日天気が悪く、家にこもっていましたが、今日は午後から薄日が出てきましたので散歩にでかけました。
昨年一面にゲンゲの咲いていた田んぼに行ってみました。昨年は田んぼはやらなかったようです。草が大分生えていましたが、ゲンゲが一面に咲いていました。
しべが出ている花をアップで撮って見ました。真ん中の花の右下の花にしべが見えます。こんなシベだったのですね。

| | コメント (6)
|

2007年4月23日 (月)

タチイヌノフグリ

Tatiinu何処でも出てくるものですが、花が小さいうえに花柄がほとんど無く、萼に埋まっているのでほとんど目につきません。花の色は濃い青色できれいなんですけどね。
同じ仲間の花の大きさはというと、オオイヌノフグリ8〜10mm、フラサバソウ4〜5mm、イヌノフグリ3〜4mm、タチイヌノフグリ3〜4mmといったところです(直径)。この中で一番目立たない花です。
我が家の庭にも沢山生えてきます。
クリックすると大きくなります。

(タチイヌノフグリ '07.4.15 自然公園草むらで)

| | コメント (5)
|

2007年4月22日 (日)

キジムシロ

Kijimusiro今の時期、黄色い似たような花を見かけます。ヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴ、オヘビイチゴ、ミツバツチグリなどは同じ仲間ですので花はそっくりです。(バラ科キジムシロ属)
キジムシロは葉が5〜9個の小葉がある奇数羽状複葉(軸の左右に小葉が対になって並んでいる、写真の右下のような葉)なので区別できます。
黄色い花の撮影は色が飛んでしまってなかなか難しいんですよ。晴天の日などは全く駄目です。
この日は幸い薄曇りだったので何とか黄色が出ています。

(キジムシロ 雉蓆 '07.4.20)

| | コメント (0)
|

2007年4月21日 (土)

クサイチゴ

Kusaitigo2草の名が付いていますが、れっきとした木いちごです。背が低く草のように見えるので付けられた名前です。確かに横に這ったようになっているものが多いようです。

花が大きい(直径4cm)ので真っ白い花が良く目立ちます。
実も大きく、とても美味しい木イチゴです。一度おためしあれ!

北海道以外で、山野や里山で見られるようです。明日は雨だというので出かけました。
ちょっとアップで撮って見ました。

(クサイチゴ 草苺 '07.4.21)

| | コメント (4)
|

2007年4月20日 (金)

フデリンドウ・コケリンドウ

久しぶりで少し暖かい日になりました。
平地で春に咲くリンドウと言えばハルリンドウ・フデリンドウ・コケリンドウがありますが、この辺では何故かハルリンドウは見られません。
毎年、墓地の芝生にフデリンドウとコケリンドウが咲いてくれます。
今日覗いてみると、今年も一面に咲いていました。二つ同時に近くに咲いていると違いが良くわかります。
コケリンドウの花はフデリンドウ(2,3cm)の半分以下でしょうか、花の色もコケリンドウの方は淡青色で白っぽい感じです。
 (左フデリンドウ 筆竜胆  右コケリンドウ 苔竜胆 '07.4.20)
Fuderindo_1Kokerido

| | コメント (4)
|

2007年4月19日 (木)

ニガイチゴ

Nigaitigo
モミジイチゴより少し遅れて咲き出します。この辺ではモミジイチゴとこのニガイチゴが良く見られる木いちごです。
モミジチゴにくらべ花は小さく、花弁も細くちょっと貧相に見えます。モミジイチゴは花が下向きに咲きますが、ニガイチゴは上向きに付きます。
実はモミジイチゴはオレンジ色で甘酸っぱく、ニガイチゴは真っ赤で酸っぱ味の無い甘さです。(ちょっと苦みがあります)

(ニガイチゴ 苦苺 '07.4.18)

| | コメント (0)
|

2007年4月18日 (水)

キランソウ

今年はキランソウをあちこちで良く見かけます。地面にはりつくように生えています。石垣の間などでも見かけます。
写真は日当たりの良い草むらに群生していました。蕾みもあり丁度見頃なものに久しぶりで出会いました。
別名「地獄の釜のふた」というすごい名前が付いています。
キランソウは色々な病気にきき.これを使うと死にそうな人もなかなか死ねない(地獄の釜も蓋をされると、中に入れない)という事のようです?
(キランソウ 金瘡小草 '07.4.15)Kiranso

| | コメント (2)
|

2007年4月17日 (火)

エイザンスミレ(スミレNo.7)

Eizansumire普通のスミレとは葉の形が全く違い切れ込みがあります。この辺ではこのような葉のスミレはエイザンスミレしか見られません。葉が切れ込み花が白いヒゴスミレは分布としてはあるのですが県内では見た事はありません。
比較的早くから咲き、日陰を好みます。花の色が淡紅紫色で色の濃いものから薄いものまで変化があります。
写真を撮った場所は花が終わったものが多く、なんとか2輪咲いているものを見つけました。
(エイザンスミレ 叡山菫 '07.4.15)

| | コメント (2)
|

2007年4月16日 (月)

サルトリイバラ

Sarutori晩秋に赤い実の付いた枝をお花の材料として使い、サンキライと呼んでいるのはこのサルトリイバラです。
枝には刺があり、蔓性で巻きひげで他の植物に絡み付いて枝を伸ばしていきます。刺が有ってもバラでは無くユリ科です。
名前の由来は藪のようになったところに猿が追い込まれると、動けなくなってしまうので猿捕り茨(さるとりいばら)という名がついたとか・・・
雌雄別株で写真は雄花です。

(サルトリイバラ 猿捕茨 '04.1.10)

| | コメント (0)
|

2007年4月15日 (日)

アケボノスミレ(スミレNo.6)

友人からスミレが沢山あったと聞き、ようやく行ってきました。聞いてから一週間経ってしまったので花は遅めのもの多くありましたが、予想以上に9種類のスミレが見られました。一カ所でこんなに見られるなんて嬉しいですね。来年は是非、最盛期に行きたいです。
(アケボノスミレ 曙菫 '07.4.15)
Akebonosumireこの辺ではいつも5月初めに見ていたアケボノスミレも咲いていました。スミレも今年は花が早いですね。
このスミレは花が咲く時期には葉がまだ出ておらず、出ていても丸まってちょこっと出ているだけのものが多いです。花の色が鮮やかでとてもきれいです。距(花の後ろの袋)が太くぼってりしてるのも特徴です。
花の色が紅紫色なので曙の空の色にたとえて付いた名前です。
今日見た花は色がかなりうすいものでした。白花品もありますが、まだお目にかっかっていません。

| | コメント (4)
|

2007年4月14日 (土)

スズメノテッポウ

Suzumeteppo前にスズメノカタビラ、スズメノヤリを紹介しましたが、今回はスズメノテッポウです。
耕す前の春の田んぼに群生するのですが、最近は以前ほど見られなくなりました。早く耕してしまうせいでしょうか?
湿った所を好むようなので、田んぼが湿っていないせいのようにも思います。(昔の田んぼは冬でも水がある程度あり湿っていました)
子供の頃、花茎を抜き取り草笛にしピーピー鳴らして遊びました。
テッポウは細い花穂を鉄砲に見立てたものです。クリーム色のが若い葯で花粉を出したあと褐色に代わります。
(スズメノテッポウ 雀の鉄砲 '07.4.12)

| | コメント (0)
|

2007年4月13日 (金)

ハナネコノメ

北の方ならまだカタクリが見られるかと3度目の挑戦で茨城の北部まで出かけました。友人に教えてもらって初めて行く場所です。同行のNさんと探し、何とか見つけました。人の手が入っていない自生地で、脇に冷たい小川が流れており、とても雰囲気の良い場所でした。人もほとんど入っていないようです。
花は見頃でしたが、今年はどこも何となく花が良くありませんね。静かに雰囲気だけを味わってきました。

Hananeko_1

小川の脇のハナネコノメを撮影してきました。
ネコノメソウの仲間は地味な花が多いのですが、ハナネコノメの花(萼片)は白で赤い葯との対照が美しいです。

ハナの名が付いているのがうなずけます。でも大きさは直径5mm位の小さい花です。分布の中心は関東、東海地方です。

(ハナノネコノメ 花猫の目
         '07.4.13)

| | コメント (2)
|

2007年4月12日 (木)

ヒメスミレ(スミレシリーズNO.5)

Himesumire2
姫の名が付いているだけあり、小さく可愛い菫です。人家近くによく生えているので目にする機会も多い菫です。
花の色は濃い紫色でスミレ(スミレという名のスミレです)と似ています。
群生していることが多く、今日も芝生一面に花を咲かせていました。
我が家の鉢の中にも入り込みもう30年以上絶える事無く、松の盆栽鉢の中で毎年花を咲かせてくれます。
(ヒメスミレ 姫菫 '07.4.11)

| | コメント (3)
|

2007年4月11日 (水)

カキドオシ

2、3日寒い日が続いています。今日は少し離れた田んぼを歩いてみましたが、風が強く寒かったです。田んぼで行き会ったと話したら、今年はヤマザクラがあまりきれいでないと言っていました。

カキドウシが満開でした。茎がつるになり、垣根を通り抜けて伸びるので「垣通し」の名が付けられた繁殖力の強い草です。淡い紫色が多いですがピンクのも見かけます。葉を揉むと良い香りがし、和製ハーブといったところです。葉で肉を巻き串に刺して焼いて食べるとなかなかいけます。 

(カキドオシ 垣通 '07.4.7 道路脇)   (田んぼの脇の土手  '07.4.11)
Kakidosi1Kakidosi2

| | コメント (3)
|

2007年4月10日 (火)

ムラサキケマン・ミヤマキケマン

Murasakikeman_1(ムラサキケマン 紫華鬘 '07.4.10)

ムラサキケマンがあちこちで咲きはじめました。やや湿った所に生えており、花の色は紫というより紅紫色で柔らかい草です。家の近くの草むらで見たものです。花が白いものもあります。(シロヤブケマン、ユキヤブケマン)
Miyamakikeman
(ミヤマキケマン 深山黄華鬘 '07.4.8)
ミヤマキケマンは同じ時期に山野で見られます。がれ場のような所が好きなようです。写真は先日,福島県の木戸川渓谷に行ったときのものです。
どちらも、先日紹介したジロボウエンゴサクやヤマエンゴサクと同じ仲間です。
華鬘は仏殿の欄干などに飾る壁掛けのような仏具です。

| | コメント (0)
|

2007年4月 9日 (月)

エゾアオイスミレ(スミレNO.4)

Aoisumire花がしっかりと開かず、白っぽいものが多いのであまり目立たないスミレですが。花の時期が早いので、春を待つ者にとっては嬉しい出会いです。湿り気のある、林の縁などにひっそり咲いています。
葉の形が、徳川家の家紋に使われている「葵」の葉に似ているので付いた名だと言われています。
昨日の観察会で福島県で見ました。なぜか花付きが悪く、2個しか付いていませんでしたがなかなか良い顔をしていました。。

(エゾアオイスミレ 葵菫 2007.4.8)

| | コメント (2)
|

2007年4月 8日 (日)

イワウチワ

今日は今年度最初の地元の所属グループの観察会でした。イワウチワの観察に隣の福島県まで出かけました。途中雨に降られましたが、イワウチワは満開でした。
Iwautiwa1Iwautiwa3  
山でイワウチワの花を見ると、ようやく山にも春が来たと感じます。
岩地に生え、葉が団扇に似ているのでこの名が付きました。大抵岩場の北斜面に群生します。木が切られ日が当たるようになると無くなってしまいます。
Iwautiwa4
  
可愛い花なので、人里近くでは採取され無くなってしまった場所もあります。持ち帰って植えても2、3年でほとんど枯れてしまいます。やはり山で自然のまま見るのが一番です。
(イワウチワ 岩団扇 2007.4.8)

| | コメント (2)
|

2007年4月 7日 (土)

エンゴサク2種

 (ジロボウエンゴサク 2007.4.7)
Jirobo今年はまだ満足できるカタクリを見ていないので、今日もカタクリを見に出かけました。結果は3カ所とも盛りを過ぎおり、空振りでした。でも、他の花達を沢山見てきました。(ミヤマカタバミ、カテンソウ、セントウソウ、ニリンソウ、トウゴクサバノオ、スミレ数種、ハルトラノオ、キクザキイチゲ、レンプクソウ・・・)
(ヤマエンゴサク 2007.4.7)
Yamaengo

エンゴサクの仲間も数種類ありますが、今日は、この辺で見られるジロボウエンゴサクとヤマエンゴサクの2つを見てきました。
ジロボウエンゴサクは花の色が普通紅紫色です。
ヤマエンゴサクは青〜青紫色ですが、写真の後ろに写っているような赤っぽいものなど色の変化が結構あります。

| | コメント (5)
|

2007年4月 6日 (金)

オドリコソウ

Odorikoso_2
オドリコソウがあちこちで咲き始めています。例年は4月末から5月に撮影していましたので、やはり今年は早いようです。

花は淡い紅紫色と淡い黄色の花があるのですが、今日は3カ所ともみな淡紅紫色のものでした。そういえば昨年も淡黄色のものは撮影していません。黄色の方が少ないのだろうか?また探してみます。
Odorikoso2_1
日陰の草地を好みますので、あまり日当たりが良くなってしまうと消えてしまうようです。
花の形を笠をかぶった踊り子に見立て付けた名前です。毎年見ているうちにようやく編み笠に見えるようになりました。

(オドリコソウ 踊子草 2007.4.6)
下の写真の場所が上のより日当たりが良い場所です。葉の色が違います。

| | コメント (2)
|

2007年4月 5日 (木)

マルバスミレ

Marubasumireそろそろ、こちらも桜のお花見が出来るようになりましたが、朝から寒く、気温が上がりません。お花見にはちょっと寒そうな一日でした。

散歩中、マルバスミレを見つけました。寒さの為かちょっと元気が無いように見えました。道路脇の日当たりの良い斜面に群生しているのを良く見かけます。
名前のとおり葉が丸く、花も丸みがありふくよかな感じがします。
普通花の色は白ですが、淡い桃色のものも有るようです。

(マルバスミレ 丸葉菫 2007.4.5)

| | コメント (4)
|

2007年4月 4日 (水)

近くの山のヤナギ

Kituneyanagi昨日、今日とまた寒くなりました。月曜日に群馬に行き、今日帰って来たのですが、風が冷たく桜も寒そうでした。
午前中に群馬でカタクリを覗いて見たら花はもう盛りを過ぎていました。帰りに、栃木の三毳山にも寄ってみたのですが、こちらももうカタクリは遅くイチリンソウが咲き始めていました。

先日,近くの山でみたヤナギです。ヤナギは種類も多く同定が難しく自信が無いのですが、多分キツネヤナギだと思います。
(キツネヤナギ 2007.3.31)

| | コメント (0)
|

2007年4月 1日 (日)

ニオイタチツボスミレ

Nioitatiタチツボスミレ以外のスミレもぽちぽち咲いてきました。
昨日は近くの山の日当たりの良い草むらにニオイタチツボスミレが咲いていました。
この辺ではタチツボスミレに次いで良く見られるスミレです。名前の通り良い香りがします。鼻があまり良く無い私には香りがしない事が良くあります。香りの強いものと、弱いものがあるようです。
タチツボスミレの仲間ですがタチツボスミレに比べると色も鮮やかで花は丸みがあり、中心部がはっきり白く抜けています。
見つけたら香りを嗅いでみて下さい。

(ニオイタツツボスミレ 匂立坪菫 2007.4.1)
明日から3日ほど所用で出かけますのでお休みします。

| | コメント (4)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »