« オオバタネツケバナ | トップページ | コメツブツメクサ »

2007年5月21日 (月)

ツクバキンモンソウ

Tukubakinmonso日立近辺の山で良く見られる花なので紹介しようと思っていた、ツクバキンモンソウです。
地元茨城県の筑波山で初めて採集されて中井猛之進博士により名前がつけられた植物です。良く似たものにニシキゴロモがありますが、茨城県ではみられないようです。
ニシキゴロモとの違いは花の上唇の長さの違いですが、その差が数mmと言いますから良く見ないとわかりませんね。
ニシキゴロモ:上唇の長さが2.5mm〜3mmで2裂
ツクバキンモンソウ:上唇の長さが1mm以下で半円形
(ツクバコンモンソウ 筑波金紋草 '07.4.26)

|
|

« オオバタネツケバナ | トップページ | コメツブツメクサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nonohanaさん、こんばんわ!

さすがですね〜
花の上唇の大きさの違いが分かりますか。
ニシキゴロモはそう多くは見ていないので、自信がありませんが今度じっくり見てみます。

投稿: やまそだち | 2007年5月22日 (火) 20:44


上唇の長さがはっきり分かる写真です。
なるほどこちらに普通なニシキゴロモとの違いが分かりますね。。

投稿: nonohana | 2007年5月22日 (火) 17:02

yuukoさん、こんにちわ!

ツクバキンモンソウは北海道にはないようですね。
ニシキゴロモの変種ですからそっくりなのは当たり前ですね。
花以外にはあまり見分ける方法はないようです。

投稿: やまそだち | 2007年5月22日 (火) 13:07

さなえさん、こんにちわ!

ツクバキンモンソウは太平洋側に分布ですので、そちらでは見られませんね。
ニシキゴロモも何回か見ておりますが、ニシキゴロモの方が花の色がピンクから白っぽものまで変化が多いように感じました。

投稿: やまそだち | 2007年5月22日 (火) 13:04

そ、それだけの違いだけですか?

ほかにどこか違いはないのでしょうか??

見分けはサッパリつきませんねぇ~~
こちらのは ニシキゴロモばかりなのでしょうね

投稿: yuuko | 2007年5月22日 (火) 07:56

おはようございます。

ツクバキンモンソウ、本当にニシキゴロモとほとんど同じです。
こちらはニシキゴロモばかりですが、もう少し春先にスミレの最盛期に咲くようです。

投稿: さなえ(花の庵) | 2007年5月22日 (火) 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオバタネツケバナ | トップページ | コメツブツメクサ »