« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

ビロウドモウズイカ

Birodomozuika全体にビロードのような白っぽい毛でおおわれているのでビロードモウズイカと名前が付いた地中海沿岸原産の帰化植物です。海岸近くで咲いていました。
この花は日光のいろは坂の脇に群生しているのを見た記憶が強く残っています。今では日本中で見られるようで、先日も八ヶ岳に行く途中の高原道路脇で見かけました。ゴマノハグサですので花は可愛いです。
今年は早くから咲き始めています。高さが1m以上になります。背が高いので上の方だけ撮りました。
(ビロウドモウズイカ 天鵞絨毛蕊花 '07.6.28)

ホームページに「花ルバム(21)」「今月の花7月」を載せましたのでご覧下さい。

| | コメント (4)
|

2007年6月29日 (金)

Murasaskisikibu2
昨日、山に沢山咲いていたムラサキシキブです。紫色の実は誰でも知っていますが、今頃咲く咲く薄い赤紫色の花はあまり見ていないのでは無いでしょうか? 次々咲きますので、花の時期は結構長いようです。
淡い赤紫の花冠から突き出した黄色い葯がきれいです。
この山には葉がビロードのようなヤブムラサキもありますが、ヤブムラサキの方が花の色は濃いです。
(ムラサキシキブ 紫式部 '07.6.28)

| | コメント (4)
|

2007年6月28日 (木)

クリ

Kuri
今日、家の近くの山に行ってみるとクリ(ヤマグリと呼んでいる実が小さいもの)の花が満開でした。あまり良い匂いではありませんが花の写真を撮って見ました。
良く見るときれいです。尾状の花序のほとんどが雄花です。元に1個付いているのが雌花です。この中に3個の雌花が入っており、いがの中に3個の実が成ります。
子供の頃、この山栗を穫り、栗ごはんをにして食べた思い出があります。小さいのでむくのが大変ですが、これが栽培の栗より甘みが強いんです。
(クリ 栗 '07.6.28)

| | コメント (2)
|

2007年6月27日 (水)

ヤマアジサイ

Yamaajisai
園芸のアジサイは大分前から、色々な種類のものが咲いていますが雨が降らず、ちょっと元気がありません。
沢沿いの山道でヤマアジサイが咲きだしました。
装飾花の色も淡青色や紅色のものなど変異が多いようですがこの辺で見るヤマアジサイは白色のものが多いです。
ガクアジサイより小ぶりで、優しい感じがするのでこちらの方が好きです。撮影が苦手な白い花ですが。
(ヤマアジサイ 山紫陽花 '07.6.26)

| | コメント (4)
|

2007年6月26日 (火)

八ヶ岳山麓の花2

Himemuyoran←←ヒメムヨウラン(姫無葉蘭)
針葉樹林に生える、葉緑素を持たない腐生植物(腐食土のように分解してある有機物から養分を取り入れている植物)です。
高さ10〜20cmで、薄い紅褐色の長さ5mmほどの小さな花を穂状に咲かせます。
丁度、休憩した場所で何気なく草むらに目を落としたら目に入りました。近くに10株以上がありました。ラッキーでした。
Benibanaitiyaku→→ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)
亜高山の林に生えます。標高1500mから1800mくらい迄咲いていました。下の方は満開を過ぎていましたが上の方はまだ蕾が沢山ありました。
色の濃いもの、ちょっと淡いものなどがあります。
今回、イチヤクソウの仲間は多く、ジンヨウイチヤクソウ、コバノイチヤクソウ、コイチヤクソウ、マルバノイチヤクソウ、ムヨウイチヤクソウが見られました。

| | コメント (6)
|

2007年6月25日 (月)

八ヶ岳山麓の花

23日の午後、24日午前中は八ヶ岳山麓の植物観察をしました。前日の雨もあがり、よいお天気になりました。24日は途中から雨が降ってきました。6月はやはり端境期で花の数は少ないようです。
ランを何種類か見られました。
Itiyoran2
←←イチヨウラン(一葉欄)
葉も花も一つの目立たないランです。低山〜亜高山に生えます。これらのランは最初の一つがなかなか見つかりません。不思議なもので一つ見つかると目が慣れるのか次々と見つかります。

Kamomeran2

カモメラン(鴎欄)→→
湿り気の多い林に中にひっそりと咲いています。花茎の先端に淡紅色の花を1〜2個つけます。この株は3個の花が付いていました。 産地は少なく、なかなか出会えません。

| | コメント (8)
|

2007年6月24日 (日)

レンゲツツジ

22日は群馬県の赤城山に行きました。小雨が降っており山に登るにつれ霧が出てきました。レンゲツツジが満開で雨の中、カメラを構えている人達が結構いました。観光バスも来ており傘をさした人達も歩いていました。
人のあまり来ない場所に移動し雨に濡れ、一段と鮮やかな花を堪能してきました。
Rengetutuji3
(レンゲツツジ 蓮華躑躅 '7.6.22)
花が大型なので小さな花のヤマツツジに対し、鬼という名を付け鬼ツツジとも呼んでいます。日本のツツジの中では一番花が大きいようです。
つぼみのかたまった様子を蓮華にたとえレンゲツツジとなったと言います。
橙色の濃いものから薄いものまで色々ですが、私は少し薄めの方が好きです。

| | コメント (6)
|

2007年6月21日 (木)

アカバナユウゲショウ

Akkabanayugesyo夕化粧という色っぽい名前の付いたこの花、夕方咲くのでこの名がついたと言いますが、1日中咲いている感じです。写真は朝の散歩中(6時過ぎ)に田んぼの淵で撮ったものです。
南アメリカ原産で明治時代に栽培用として導入されたそうですが、今ではあちこちで野生化しており、家庭で栽培しているのは見かけません。
田んぼの淵で咲いていると何となく異様な感じですが、見慣れてしまうとそうでもありませんね。
これより花が大きいヒルザキツキミソウも今、花壇や道端で群生しているのを見かけます。
(アカバナユウゲショウ 赤花夕化粧 '07.6.21)

明日からまた出かけますので3日ほどお休みします。

| | コメント (8)
|

2007年6月20日 (水)

ヤブヘビイチゴの実

Yabuhebiitigoヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴが赤い実を付けています。ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ、良く似ています。
見慣れれば、葉や花でも区別できますが、実で区別するのが確実な方法です。ヤブヘビイチゴの方は光沢があり、赤い実をルーペで見るとしわがありません。ヘビイチゴにはしわがあります。でもこんなことをする人はいませんね。
ヘビイチゴも食べられるそうですが、水分が無くおいしいものではないそうです。ヘビイチゴは田んぼの畔や道端で見られますが。ヤブヘビイチゴは薮や林の縁などで見られます。
(ヤブヘビイチゴ 薮蛇苺 '07.6.20)

| | コメント (2)
|

2007年6月19日 (火)

ブタナ

Butana2ブタナを知ったのはもう15年ほど前、会社の芝生で見かけ、おかしなタンポポだと思い調べたらブタナでした。
ブタナとは日本名としては変だと思ったら、フランスの属名の豚のサラダを訳したものだという。
別名タンポポモドキと呼ばれるように、花はタンポポに似ていますが、タンポポと違い枝分かれし背が高くなります。
昭和の初め、ヨーロッパから日本に入り、全国に広がったようです。
滅多に写真など撮らない花ですが、群生しているときれいです。
(ブタナ 豚菜 '07.6.17)

| | コメント (4)
|

2007年6月18日 (月)

テリハノイバラ

Terihanoibara海岸を歩くと、暑い日差しを浴びてテリハノイバラが大きな花を咲かせています。海岸から離れるとノイバラが多くなります。
テイハノイバラとノバラとの違いは、葉が、一番分かりやすいです。テリハノイバラは光沢があります。花はノイバラより大きいですがノイバラのように沢山は付けず、数個です。
ノイバラは直立しますが、テリハノイバラはつる性で海岸を這い回っています。山で見かけるものも草の中に這っています。
(テリハノイバラ 照葉野茨 707.6.12)

| | コメント (8)
|

2007年6月17日 (日)

クララ

Kuraraクララという変わった名前の植物、日当たりの良い道端や山道で見かけます。見た通りマメ科の植物です。
調べて見ると、根をかじると目がくらくらするほど苦いので「くらら草」と呼ばれたそうです。
漢方で根を止血、健胃剤として使うそうです。
牧草地で繁殖しているのは牛馬は食べないからです。
林の縁に咲いており、クリーム色の花は緑にとけ込んでしまい、はっきりしない写真になってしまいました。
(クララ 眩草 '07.6.17)

| | コメント (2)
|

2007年6月16日 (土)

ニワゼキショウとオオニワゼキショウ

Niwazekisyo_1Oniwazekisyo左(ニワゼキショウ 庭石菖)  右(オオニワゼキショウ 大庭石菖)

5月〜6月、芝生の中などで良く見かけるニワゼキショウ。北アメリカ原産の帰化植物です。葉がセキショウに似ているのでこの名前がつけられましたがアヤメ科の植物です。
花の色は白色〜紅紫色まで種々あり一面に咲くととてもきれいです。

良く似たものにオオニワゼキショウがあります。花の色は淡青色です。
オオの名が付いているので花が大きいかと思いきや、花はニワゼキショウより小さいです。全体がニワゼキショウより大きく、実が特に大きいです。
今日、両方が混じって咲いていましたので並べて見ました。
左がオオニワゼキショウ、右がニワゼキショウです。
Niwaoniwa
(オオニワゼキショウとニワゼキショウ '07.6.16)

| | コメント (2)
|

2007年6月15日 (金)

ホタルブクロ

梅雨に入ったとたん、今日は暑い夏の日になりました。畑を覗くとキュウリが4本ほど食べ頃になっていました、今年の初収穫です。ついでにジャガイモも一株掘ってみると大きいのが7個穫れました。
シンプルにキュウリは味噌を付けそのまま、ジャガイモはふかしてちょっと塩をふり、今日のビールのつまみです。
Hotarubukuro2     (ホタルブクロ 蛍袋 '07.6.15)
ホタルブクロの道と勝手に名づけた山道があります。道の両側にホタルブクロびっしりと咲きます。昨日、雨が降り出したのも気にせず行ってみました。丁度見頃で雨の雫が花に付き、生き生きとしていました。
Hotarubukuro3
別の道の土手で、今度は白いのを見つけました。車を道路脇に置き撮ってきました。キキョウ科の花はどれもきれいで大好きでです。

| | コメント (10)
|

2007年6月14日 (木)

スナビキソウ

Sunabikiso海岸の砂地に生える植物で何処でも見られそうでなかなか見られません。
一昨年、家から少し離れた海岸で思いがけず見つかりました。
同じ場所に先日行ってみたら、消えていました。車で少し移動しながら海岸を探しているうちに大きな群落が見つかりました。花の時期が少し過ぎていましたが、何枚か写真におさめ、来年花の良い時期のこようと帰ってきました。こういう時はとてもうれいいですね。
花は白ですが、花の中心が緑かっかった黄色をしています。ワスレナグサと同じムラサキ科に属します。
(スナビキソウ 砂引草 '07.6.12)

| | コメント (4)
|

2007年6月13日 (水)

ヒロハノレンリソウ

Hirohanorenrisoこの花を初めて見たのは3、4年前関越自動車道の分離帯でした。
なんだろうと調べたら、ヨーロッパ原産の植物で大正年間には鑑賞用として栽培され、近年逸出し野生化したものがある事を知りました。
昨日行った、海岸近くの公園の薮にからんでいました。
色は紫紅色から白まであるようです。
日本の在来種にレンリソウという同じ仲間の花がありますが、残念ながらこちらの花にはまだ出会った事がありません。葉は見ているのですが。
(ヒロハノレンリソウ 広葉の連理草 '07.6.12)

| | コメント (5)
|

2007年6月12日 (火)

ウメガサソウ

Umegasa2今日は海岸に出かけました。朝から真夏の日差しで気温も上がりましたが、林の中は涼しい風が吹いていました。赤松林の中に毎年可愛い花を咲かせてくれます。ウメガサソウです。
名前は花の形が梅に似ていて笠のように下向きに咲くために付けられたそうです。
花が下向きに咲きますのでロウアングルにしないと花の中は見えません。
花の大きさは直径1cm、背丈は10〜15cmくらいです。
左手前の茶色の球形は昨年の実です。
近くにはイチヤクソウも咲いていました。
(ウメガサソウ 梅笠草 '07.6.12)

| | コメント (6)
|

2007年6月11日 (月)

ササユリ

Sasayuri
(ササユリ 笹百合 '07.6.10 咲き出したばかりです)

9,10日と愛知県まで出かけ関東では見られない花を見てきました。
その一つがササユリです。西日本を代表するユリで、葉が笹に似ています。
Sasayuri2
日本にはユリが13種ほどが自生するそうですが、私にはこのユリが色も姿も一番やさしいユリに感じます。
東北地方にはこれより色が少し濃いヒメサユリが自生しています。

10日は朝から雨が降っていましたが昼近くに雨があがり、雨上がりのササユリが見られました。

| | コメント (8)
|

2007年6月 8日 (金)

尾瀬の花

Mizubasyo
明日からまたちょっと出かけますので、今回見た尾瀬の花を2、3紹介します。
ミズバショウはちょっと遅めかと思っていましたが、まだまだ、真っ白な新鮮な花が沢山見られました。
その他、林の中ではスミレを含め予想以上の花があり、山小屋到着が遅れてしまいました。

Iwanasi2
←イワナシ
林に入るとイワナシが沢山咲いていました。果実が梨の実の果肉に似ているのでこの名が付けられています。ツツジの仲間で枝先にピンクの可愛い花をつけます。

Togakusi4047
トガクシショウマ→
トガクシショウマは長野県の戸隠山で発見されたのでこの名前がついています。淡い紫色の上品な花は人気があります。
限られた所でしか見られない貴重な植物です。

明日から2日ほど、出かけますのでお休みします。

| | コメント (13)
|

新緑の尾瀬(ブナの森)

Buna_1
(燧林道のブナの森)
5日〜7日の3日間新緑の尾瀬を楽しんできました。
コースは沼山峠〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原(2泊)〜燧裏林道〜御池です。
尾瀬沼や尾瀬ケ原のメインコースは平日なのにツワー客で一杯でしたが、ちょっと外れると人にはほとんど会わずのんびりとブナの新緑、新鮮なミズバショウが十分楽しめました。
Musikari_1MurasakiyasioTamusiba
左:林のあちこちに咲いていたムシカリ(オオカメノキ)
中央:ムラサキヤシオの赤紫色が鮮やかに目にしみます。
右;開き始めたばかりの真っ白なタムシバ
写真をクリックすると大きくなります。

| | コメント (4)
|

2007年6月 4日 (月)

ハンショウヅル

Hansyozuru1
昨年、一昨年と良い花が撮れなかったハンショウズル、今年はと先週に様子を見に行き蕾を確認、今日、水汲みがてら寄って見ました。
今年は花も虫に食べられておらづ、花も丁度良い時期でなんとか満足できる写真が撮れました。2週通ったかいがありました。
蔓性ですので他の木や草にからみついています。この株はベニバナハコネウツギの木にからまっていました。
人に滅多に会わない場所ですのでゆっくり観察できました。
Hansuozuru2
 ・・・・・・・・・・


花びらのように見えるのは4個の萼片で花弁はありません。
白い毛の縁取りが花をすっきりさせています。
半鐘を見る機会はほとんど無くなりましたが、花の下がる様子を半鐘にたとえたものです。
学名はClematis.japonicaです。
(ハンショウヅル 半鐘蔓 '07.6.4)

明日から7日迄尾瀬に行ってきます。

| | コメント (9)
|

2007年6月 3日 (日)

センダン

Sendan毎年、今の時期、緑色の柔らかな葉の間に薄紫色の小さな花がほんわかした感じで咲いています。
家の近くの草むらの中に1本生えており、数日前から咲き始めました。
何度も見ているのにセンダンの花の撮影は初めてです。好きな花なのですが難しそうなので敬遠していたようです。
花がびっしりと咲くと木全体が薄紫色に染まり見事です。
この辺のものは植栽されたものようですが、伊豆半島以西では野生状態のものが見られるそうです。
(センダン 栴檀 '07.6.2)

| | コメント (6)
|

2007年6月 2日 (土)

サイハイラン

昨夜、近くの友人からサイハイランが咲いたと電話があり、今日、早速行ってきました。
大分前に近くの山を購入し、小屋を建て一部畑にし残りは自然を残しています。薮を整理したらキンラン、ギンランなど色々な植物が復活し花が咲き出しました。サイハイランもその一つです。

Saihairan山を歩いていてサイハイランの葉は良く見かけますが、花の時期に出くわす事はそう多くありません。
教えてもらって行くのが確実ですので大助かりです。
下に垂れ下がった花は目立ちませんので、掘り採られることは少ないようです。写真のものが普通見られるものですが、花の色がもっと赤っぽいものや、黄色いのを見た事があります。
写真は下から撮っているので紫色の唇弁が見えますが上から見ると見えません。
(サイハイラン 采配蘭 '07.6.2)

| | コメント (2)
|

2007年6月 1日 (金)

ヤセウツボ

Yaseutubo花の写真を撮り始めて14年になりますが、花の一番良い時期になかなか会えないものです。早すぎたり、遅すぎたり、丁度良い時期に会っても風が強かったり、雨に降られたりで思うようなものが撮れません。
今日のヤセウツボも散歩道の草むらにあるのは分かっていたのですが、花の時期を過ぎておりました。
ヨーロッパ、北アメリカ原産の帰化植物でシロツメクサ等に寄生します。
葉緑素を持たず、根を宿主の根に食い込ませ養分を吸収するそうです。
ナンバンギセルと同じハマウツボ科に属します。
(ヤセウツボ 痩靭 '07.5.31)

| | コメント (9)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »