« スナビキソウ | トップページ | ニワゼキショウとオオニワゼキショウ »

2007年6月15日 (金)

ホタルブクロ

梅雨に入ったとたん、今日は暑い夏の日になりました。畑を覗くとキュウリが4本ほど食べ頃になっていました、今年の初収穫です。ついでにジャガイモも一株掘ってみると大きいのが7個穫れました。
シンプルにキュウリは味噌を付けそのまま、ジャガイモはふかしてちょっと塩をふり、今日のビールのつまみです。
Hotarubukuro2     (ホタルブクロ 蛍袋 '07.6.15)
ホタルブクロの道と勝手に名づけた山道があります。道の両側にホタルブクロびっしりと咲きます。昨日、雨が降り出したのも気にせず行ってみました。丁度見頃で雨の雫が花に付き、生き生きとしていました。
Hotarubukuro3
別の道の土手で、今度は白いのを見つけました。車を道路脇に置き撮ってきました。キキョウ科の花はどれもきれいで大好きでです。

|
|

« スナビキソウ | トップページ | ニワゼキショウとオオニワゼキショウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アッキーマッキーさん、こんばんわ!

西の方では白の方が多いようですが、こちらは白のものは少ないです。
今年は特に花付きが良いような気がしますが、日当たりの良い所ではこのような大きな株が良く見られます。

投稿: やまそだち | 2007年6月20日 (水) 20:45

こんにちは、やまそだちさん
白のホタルブクロ、こんなに群生しているっていうか、1株にいっぱい花をつけてるのは、初めてみました。すごいですねえ。

投稿: アッキーマッキー | 2007年6月20日 (水) 19:47

yuukoさん、こんばんわ!

ホタルブクロはかなり大きくなりますよ。
繁殖力が強いようですので庭に植えたら、増えるでしょうね。

投稿: やまそだち | 2007年6月16日 (土) 19:52

ふみさん、こんばんわ!

きれいなササユリですね.近くなら毎日通うところです。
そちらもやはりホタルブクロは白ですか。北は紅紫色系が多いようですね。

投稿: やまそだち | 2007年6月16日 (土) 19:49

ホタルブクロ、見事に咲いていますね
こんなに背丈が伸びるものなんですか

以前、山でホタルブクロが咲いているのを見つけました
でも、こちらではみんな庭に植えているので 誰かがこんなところに持ってきて植えたのかな・・・と思いました

投稿: yuuko | 2007年6月16日 (土) 15:02

やまそだちさん、こんにちは~
ササユリの花に出会ったのでお知らせしようと
思ってたところでした。夢心地で撮りましたよ!

ホタルブクロの花はこちらのは白っぽいです。
少しピンクが入っていますが、濃い色ではなかったと
思います。それにしても見事なホタルブクロの道ですね。
こんなにたくさん咲いている所は見た事がありません。
ヤマホタルブクロは伊吹山で見ましたが、白っぽい
色だったと思いますが、記憶が曖昧です・・・

投稿: ふみ | 2007年6月16日 (土) 14:49

azamiさん、おはようございます

蔵王のコース紹介ありがとうございました。
忘れてしまわないように名前を勝手に付けています。「キキョウの丘」の今年の様子はどうかな? とか・・・・・・

投稿: やまそだち | 2007年6月16日 (土) 08:06

さなえさん、おはようさん

そちらは白だけですか!
こちらは淡紅紫色がほとんどです。ですから白は珍しく見つけると皆喜びます。
伊豆半島にシマホタルブクロというのがあり、これは白の花です。
良く似た萼片の反り返りが無いヤマホタルブクロも白はほとんで見かけません。
タンポポと同じように地方により、色が違うのですね。

投稿: やまそだち | 2007年6月16日 (土) 08:02

おはようございます・・・すっかり真夏のような陽射しです。
雨の日でも、それを楽しむ風景や花が咲いているのですね。
やまそだちサンが名前を付けたとおり、素敵な道です。
ありがとうございます♪

投稿: azami | 2007年6月16日 (土) 07:37

おはようさんどす。

あれっ!やまそだちさんのほうはホタルブクロ白も色付も両方あるのですね。

こちらは自生は白だけです。
3年程前の7月に長野に行った折には道の脇に色つきばっかりで白を見かけることはありませんでした。
その折、道の駅でシロバナホタルブクロを500円で売ってました。

どの地域が白で、どの地域が色がついているのか私はとても興味があります。

投稿: さなえ(花の庵) | 2007年6月16日 (土) 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スナビキソウ | トップページ | ニワゼキショウとオオニワゼキショウ »