« スカシユリ | トップページ | ハンゲショウ »

2007年7月 6日 (金)

ギンリョウソウ

しばらく、きつい山に登っていないのでトレーニングをかねて急登と言われた山に行ってきました。かなり深い山で峠に出る迄は薄暗い所が多く、急登でした。1週間分くらいの汗をかいてしまいました。登りは誰にも会わず下りで一人登ってくる人に会いました。登山口に戻り、二つ目の山へ、疲れが出てスローペースで何とか登ってきました。
Ginryoso
いつも見ているギンリョウソウですが、薄暗い深い山の中で見ると、何か神秘的な感じがします。別名のユウレイタケが頭に浮かびました。

低山から亜高山まで、薄暗い林に生える、腐生植物で、気持悪いと思う人もいるようです。花の良い時期のものは純白で見事です。
今日の写真は花が終わったもので、この後、丸い液果になり、茎がつぶれ種子をまき散らします。果皮が多肉で水分の多いものを液果と言います。トマトもブドウも液果です。
(ギンリョウソウ 銀竜草 '07.7.6)

|
|

« スカシユリ | トップページ | ハンゲショウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん、こんばんわ!

何を思案しているのでしょうか??^_^;

8月〜9月に咲く、良く似たギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)はさく果(さくはくさかんむりに朔)です。

投稿: やまそだち | 2007年7月 7日 (土) 21:12

うふふ、、
二人並んでうなだれて、何を悩んでるの?・・・


なんだかツルツルしたお顔だと思ったら 花が終わった後なんですか
ギンリョウソウも液果になるんですね
花の時期にしか見たことがありません

投稿: yuuko | 2007年7月 7日 (土) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカシユリ | トップページ | ハンゲショウ »