« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

サラシナショウマ

Sarasinasyoma今日も朝から本降りの雨が降っています。しばらく降っていなかったので恵みの雨ですが、肌寒い感じです。

真っ白な試験管ブラシのような花のサラシナショウマが林の中で揺れている姿は遠くからでも目立ちます。群生していることも多く、背丈も1m以上になります。北海道から九州まで分布しています。
伊吹山や白馬で見た群落が印象に残っています。
先日群馬に出かけた時、帰りに赤城山麓の林の中で見たものです。

(サラシナショウマ 晒菜升麻 '07.9.25)

本日、HPを更新しました。
「花アルバム(24)」(9月の花)「今月の花(10月)」をご覧下さい。

| | コメント (2)
|

2007年9月29日 (土)

フタバムグラ

Hutabamugura稲刈りの終わった田んぼを歩いてみました。
田んぼは沢山ありますが、稲刈りと同時に耕してしまう田んぼ、草が全く生えていない田んぼ、稲刈り後機械で処理した藁を焼いた田んぼ、昔ながら藁を干してある田んぼ等様々です。
フタバムグラはなかなか写真を撮る機会がありませんでしたが、田んぼの縁に花が開いているのを見つけました。
花は淡い紫色で長さ2mmと小さいので、しゃがみ込んでじっくり探さないと見つかりません。
アカネ科の花はみな小さく目立たないものが多いです。

(フタバムグラ 双葉葎 '07.9.28)

| | コメント (2)
|

2007年9月28日 (金)

タカサブロウ

Takasaburo「高三郎」と人の名前のような和名を持ったキク科の植物ですが語源ははっきりしません。
北海道以外の全国に分布しています。
湿り気のある所に生え、田んぼの縁で良く見かけます。稲刈りが終わった田んぼで撮影しました。通りがかった農家の人があきれた顔をしていました。

最近は良く似た帰化植物のアメリカタカサブロウが増えてきており、見た目だけではなかなか区別が難しいです。

(タカサブロウ 高三郎 '07.9.26)

| | コメント (2)
|

2007年9月27日 (木)

ヒガンバナ

Higan3この花は季節のけじめのような花ですので、今年も紹介します。
昨年は21日に見に行きました.今年は昨日、同じ場所に行ってきました。
全国的には、今年は花がちょと遅いということでしたが、こちらは平年とあまり変わらないようです。
ただ、稲刈りが少し早いようで近くの田んぼの稲刈りはほとんど終わっており、稲をバックに撮ることは出来ませんでした。
TVで紹介される一面に植えられたものより、田んぼも縁に草と一緒に生えているものの方が好きです。

稲刈りが終わると田んぼ生える草を観察できます。今年はどんな花が見つかるか楽しみです。
(ヒガンバナ 彼岸花 '07.9.26)

| | コメント (0)
|

2007年9月26日 (水)

霧雨の草原

Matumusi24日、同窓会は夕方から、時間がたっぷりあるので榛名高原に行って見ました。小雨が降る生憎の天気ですが、傘をさし「ゆうすげの道」を歩く事にしました。さすが、歩いている人はほとんどなく静かです。
まず目に入ったのがマツムシソウ、あちこちにまだ花が残っていました。
雨の中のマツムシソウを見たのは初めてかも知れません。
Yamarakyo次に目についたのはヤマラッキョウ水玉をたっぷりつけ気持良さそうに咲いていました。
花の撮影は「雨の日は雨ならではの良い写真が撮れる」と良く言われますが、雨の日はどうしても敬遠していました。
幸い風が無く、雨も霧雨のような静かな雨でしたので何とか写真も撮れました。
(2007.9.24 群馬県榛名高原)

| | コメント (4)
|

2007年9月25日 (火)

シラヒゲソウ

SirahigesoSirahige224日に群馬県の伊香保温泉で高校の同窓会があり、行ってきました。
せっかくなので1日早く出て、Sさんから教えてもらったシラヒゲソウを見に行く事にしました。
23日は生憎の雨模様でしたが場所だけでも確認しようと出かけました。
先日の台風の大雨で途中の林道のあちこちに大きな石ころが落ちており、ちょっと心配でしたが、何とか教えてもらった場所迄行き花を見つける事が出来ました。
たいした雨では無かったのでカメラを取りに車まで戻り、数枚写真を撮っているうちに本降りに成り、切り上げ帰ってきました。

シラヒゲソウは初めて見る花です。Sさんありがとうございました。
ウメバチソウの仲間で、ウメバチソウの花弁が糸状に裂けたといった感じの花です。またの再会を約束してきました。
(シラヒゲソウ 白髭草 '07.9.23)

| | コメント (10)
|

2007年9月22日 (土)

カラスノゴマ

Karasunogoma同じ花を何回撮ってもどうしても満足できるものが撮れない事が多いです。
カラスノゴマは数える位しか見ておらず、写真も撮る機会も少ないので良い写真がなかなか撮れません。
昨年、しばらくぶりで見つけましたが10月で花期が過ぎており、かろうじて残っていた花を撮りました。
今年はと早めに行ってみました。今回もちょっと花の時期が過ぎていました。でも今回は昨年よりはきれいな花が撮れました。
群落を撮りたかったのですが、またお預けです。

(カラスノゴマ 烏の胡麻 '07.9.20)

25日迄、同窓会等で群馬の方に出かけます。Blogはお休みです。

| | コメント (4)
|

2007年9月21日 (金)

ツルニンジン

Jiisobu1_2Jiisobu2_2

キキョウの仲間で、根っこが朝鮮人参に似ているそうで、つる性なのでツルニンジンの名前がついています。
花が地味でしかも他の植物に絡まり、下向きに咲いていますので花が咲いていても見落とす事が多い花です。
外側は白緑色ですが、中を覗くと紫褐色の斑点があります。
日本人好みの花ではないでしょうか?
でも、茎や葉に悪臭があります。
別名ジイソブという名前を持っていますが、良く似たバアソブに対してつけられたものです。

(ツルニンジン 蔓人参 '07.9.20)

| | コメント (0)
|

2007年9月20日 (木)

アサザ

Asaza2
アサザを初めて見たのは、今から10年以上前霞ヶ浦でした。一面に咲いているのに感激しました。
その後、すっかり減ってしまい見に行っていませんでした。
先日、ある方のBlogに一面のアサザが紹介されており、早速場所を教えてもらい、今日行ってきました。A.Mさん有り難うございました。
Asaza1湖の水質悪化等により、一時絶滅寸前になったようですが、地元の人達のお陰でまた復活したようです。
以前見たのは8月でしたが、今年は遅れて咲いたようです。
花は朝開き、昼には閉じてしまう一日花です。
通勤渋滞に巻き込まれ、現地に付いたのが10時近くになってしまい、写真を撮っているうちに花が少し閉じて来たようです。
Asaza3
花は5つに深く切れ込み、先端はへこみ、縁は糸状に細かく裂けます。
この花からなんの仲間(科)かわかりますか? 実はリンドウ科なんです。
良く調べたら昔はリンドウ科でしたが、今はミツガシワ科になっています。(9.21修正)

(アサザ '07.9.20)

| | コメント (6)
|

2007年9月19日 (水)

チカラシバ

Tikarasiba久しぶりでイネ科の紹介です。
道端や空き地を見ると、皆が雑草と呼ぶ草が茂っています。良く見るとイネ科が沢山元気に伸びています。
その中で試験管ブラシのような剛毛の小穂を付けているのがチカラシバです。
両手で引っ張っても簡単には抜けません。この丈夫さを利用して子供の頃、ちょっと離れた二つの株を縛り、通る友人がひっかかり転ぶのを見て楽しんだものです。別に悪童達の遊びではなく普通の男の子の遊びでした。
今、そんな事をしたらどうなるでしょうか?
イネ科は逆光がきれいです。

(チカラシバ 力芝 '07.9.13)

| | コメント (0)
|

2007年9月18日 (火)

ツルボ

Turuboツルボは良く写真を撮るので、もう紹介済みと思っていたらまだ紹介していませんでした。
日当たりの良い草むらなどにピンク色の可愛い花を咲かせています。
群生している事も多く、ピンクの星を一面に広げたようです。
花を良く見ると花びらが内側に3枚、外側に3枚でユリ科と納得できます。
草むらにかくれている事が多いのですが、草を刈られた場所だったので花全体が良く見えました。
和名に由来は良くわかりません。

(ツルボ 蔓穂 '07.9.13)

| | コメント (2)
|

2007年9月17日 (月)

オクモミジハグマ

Okumomiji今の時期、この辺の山で良く目に付くのはハグマの仲間です。
オクモミジハグマ、オヤリハグマ、カシワバハグマが見られます。
花は良く見るとそれぞれ違うのですが良く似ていますので、葉の形で見分けるのが一番簡単です。
オクモミジハグマは葉がモミジのように掌状に浅く裂けます。
モミジに似た葉を持つハグマの仲間という意味です。母種のモミジハグマは近畿地方以西に分布しています。
Momijihaguma23つの小花が集って一つの頭花になっています。花冠は白色で5列し、筒型の総苞に包まれています。裂片はよじれています。

(オクモミジハグマ 奥紅葉白熊 '07.9.16)

| | コメント (2)
|

2007年9月16日 (日)

テンニンソウ

Teninso今日は観察会で栃木県の塩原渓谷に行ってきました。花はそう多くはありませんでしたが、8.5Kmの道を森林浴をしながらたっぷり歩いてきました。
一番多く見られた花はテンニンソウでいたるところで見られました。
群生しており蕾みのもの、咲き始めのもの等、花は沢山あり十分堪能できました。
ただ、この花一斉には咲きません、何時もながら、写真をとるとなるとなかなか良い花が見つかりません。
咲き始めの一番新鮮な花を探して撮って見ました。
何故、天人草という名が付いたかは解りません。

(テンニンソウ 天人草 '07.9.16)

| | コメント (2)
|

2007年9月15日 (土)

ホツツジ

Hotutuji花だけ見ると「これもツツジですか?」といわれそうな変わった花です。
桜でいえば穂状になるウワミズザクラのツツジ版といったところでしょうか。
他のツツジに比べ花の時期が遅く、こちらでは今頃が見頃です。
昨年も9月15日に同じ山で見ています。
Hotutuji2花冠は 3 裂し,先がくるっと反り返り、雌しべが長く突き出ています。
花の色はちょっとうすい紅色を帯びます。(色のもう少し濃いものもあります)
ホツツジという名前は見た通り花が穂になってつくことによります。

(ホツツジ 穂躑躅 '07.9.14)

| | コメント (6)
|

2007年9月14日 (金)

イヌホオズキ

Inuhozuki犬には申し訳ありませんが、例によって名前の頭に犬が付いているのでホオズキに似ているが役にたたないのでイヌホオズキと言う名がついています。
道端で見られますが、最近は良く似たアメリカイヌホオズキの方がよくみられます。
イヌホオズキの花は白色ですがアメリカイヌホオズキの花は淡青紫または白色です。
そのほか葉、茎の太さ、花の付き方、実の光沢などが違いますので良く見ると区別できます。
写真は自宅近くで見たものですが、今日山で見たものはアメリカイヌホオズキばかりでした。

(イヌホオズキ 犬酸漿 '07.9.13)

| | コメント (4)
|

2007年9月13日 (木)

オグルマ

Oguruma2オグルマに良く似たカセンソウは日当たりの良い草むらで良く見かけるのですが、オグルマはなかなか見る機会が無く、昨年ようやく、近くの田んぼの淵で見つけました。
昨年は11月14日に写真を撮ったのですが、先日近くを通ったら花が見えたので、今日行ってきました。
昨年より株が減っていましたが何株か咲いていました。花期が長いとは言え昨年より1ヶ月近く早く咲いていた事になります。昨年が遅かったようです。
放射状にきれいに並んだ花びらを小さな車に見たてたもののようです。

(オグルマ 小車 '07.9.13)

カセンソウは7月10日に紹介しました。

| | コメント (4)
|

2007年9月12日 (水)

ヤブタバコ

Yabutabakoヤブタバコの仲間は似たようなものがいろいろありますが、頭花の形や付き方などが違っています。
ヤブタバコが山道で咲いていました。この辺の山では似たガンクビソウの方が良く見られます。
ヤブタバコはやぶに良く生え、葉がタバコの葉っぱに似ているので付けられた名前です。
ヤブタバコは茎の成長が途中で止まり、枝を真横に四方に伸ばすのが特徴です。
←(ヤブタバコ 薮煙草 '07.9.9)
Gankubiso良く似たガンクビソウです。→
ガンクビソウの方は頭花の形から名前がついています。(煙管の雁首に似ています)
どちらの花も地味ですが、良く見るとなかなかか面白いかっこうをしています。同じような花で種類が多く、慣れないと識別はむずかしいかもしれません。

| | コメント (8)
|

2007年9月11日 (火)

モロヘイヤ

Moroheiya昨日も雨と雷、今日も今にも雨が降りそうなお天気です。しばらく雨模様の天気が続くようで、フィールドにも出られそうもありません。
しばらくぶりで野菜の花の紹介です。
モロヘイヤはエジプトを中心とする地中海が原産です。
きわめて栄養価が高いために健康野菜として注目され、スーパーなどでも良く見かけます。
知り合いから種をもらったので畑に播いたらどっさり生えてきました。今日、葉っぱを摘みに行ったら花が咲いていました。
シナノキ科というあまり聞き慣れない仲間です。樹木ですとボダイジュ、草ですとカラスノゴマがシナノキ科です。

| | コメント (0)
|

2007年9月10日 (月)

メドハギ

Haimedohagiまた、マメ科の小さな花です。日当たりの良い草地に生え、葉がびっしりとつき、いかにも丈夫そうな草です。
各地の野原や河原に沢山生えているので良く目につきます。
花の方は黄白色で紅紫色の斑点がありますが、あまり目立ちません。

昔、この茎を占いの筮(めどき)に使ったのでメドハギと名が付きました。その後は竹で作った筮竹(ぜいちく)が多くなったそうです。
写真のものは地面を這っており、ハイメドハギと言われるものです。

(メドハギ 蓍萩 '07.9.4)

| | コメント (4)
|

2007年9月 9日 (日)

ダイコンソウ

Daikonso6月頃から今の時期迄、花期が長い花です。今日も近くの山道で実になっているものが多かったですが、まだ花も咲いていました。
ダイコンソウはバラ科ですが、バラ科の花に何故、大根草の名前が付いたか? 
根元につく根生葉が大根の葉に良く似ているのでつけられました。
昔の人はいろいろな観点から植物を見て名前をつけたのですね。
実の集り(集合花)は球形でこれもなかなか風情があります。

(ダイコンソウ 大根草 '07.9.3)

山では秋の花が咲き始めていますが、今日も残暑が厳しかったです。

| | コメント (0)
|

2007年9月 8日 (土)

サワシロギク

Sawasirogikuそろそろ秋の野菊達が咲き始めます。その中でサワシロギは当地ではあまり見られず、私の知っているのは1カ所だけです。ちょっと湿った所に生えています。
舌状花ははじめ白色で、しばらく立つと紅紫黄を帯びます。
他の野菊とくらべると花の数が少なく、長い柄の先にぽつりぽつりと付けます。
2年ぶりで行ってみたら、ちょっと薮に成っており前より株も少なく、花もちょっと貧弱でした。
寂しい感じの野菊ですが、何となく心引かれる花です。

(サワシロギク 沢白菊 '07.9.4)

| | コメント (6)
|

2007年9月 7日 (金)

ヤハズソウ

Yahazusoこの時期、マメ科の花が色々咲いています。
ヤブマメ、ツルマメ、メドハギ、ヤブツルアズキ、ネコハギなどの花が見られます。その中でも目立たないヤハズソウです。
道端で沢山見られます。花がまばらに付いており、葉の陰に隠れていて気を付けて見ないと見逃してしまいます。花は長さ5mmほど、葉の長さも1〜2cm位です。
葉の先を引っ張ると、矢筈の形にちぎれるので付いた名前です。

(ヤハズソウ 矢筈草 '07.9.4)

関東地方を直撃した大型台風、雨風の被害が各地で出たようです。幸いこちらは種まきしたばかりの畑が荒らされた程度で済みました。また、種の播き直しです。 

| | コメント (6)
|

2007年9月 6日 (木)

ワレモコウ

Waremoko2ワレモコウがあちこちで見られるようになりました。秋の草原が良く似合うこの花、ススキの中で揺れる姿が一番です。
近く川の土手に咲いていたものです。この辺ではちょっとした草むらで見られるポピュラーな秋の花です。
赤紫色の丸い玉は小さい花が集ったものです。花弁はなく暗赤紫色の4枚の萼片から成っています。

(ワレモノウ 吾木香 '07.8.31)

今夜,大型台風が関東地方に上陸するようです。被害が心配です。

| | コメント (2)
|

2007年9月 5日 (水)

クサネム

Kusanemu舞台のフィナーレの挨拶ポーズのクサネムです。
葉がネムノキに似ているのでクサネムの名前がつきました。ネムノキと同じように暗くなると葉っぱを閉じ睡眠状態に入ります。
田んぼの淵に沢山生えていましたが、花がぱらぱらでなかなか良いのがありません。
淡黄色で目立ちませんが旗弁の元の赤褐色の斑点が、チャームポイントでしょうか?
マメ科の花はかわいいのですが、どれも小さく撮りにくい花です。

(クサネム 草合歓 '07.9.4)

| | コメント (2)
|

2007年9月 4日 (火)

マツバニンジン

Matubaninjin1昨日、思いかけず見たマツバニンジンです。4、5本ありましたが満足な花の咲いていたのはこの一株だけでした。
帰化植物のキバナノマツバニンジンを淡紫色にしたような花です。
初めて見た花でしたのでマツバニンジンでは?と家に帰りすぐハンディ図鑑を見たら載っていませんでした。大きな図鑑を見て確認できました。
Matubaninjin2
アマ科アマ属で日本にはマツバニンジンの一種だけが自生しているそうです。北海道から九州に分布となっていますがあまり見られないようです。
写真を撮った時(9:30頃)は5個咲いていたのに帰り(11;30頃)には花がしぼんでしまい3個になっていました。

(マツバニンジン '07.9.3)

| | コメント (10)
|

2007年9月 3日 (月)

ヒナノキンチャク

Hinanokintyaku1今日は暑さがぶり返しましたが、前から見たかったヒナノキンチャクの花を探しに行ってきました。
背丈が5,6cmしかなく、花は2mmくらいですので探すのが大変です。前に実を見た場所を地面を這うように探すとそれらしき葉が、近くを探すと咲き始めのものを発見。一株みつかると目が慣れ次々と見つかりました。
予想以上に沢山の株がありました。
Hinakin5草の中に生えており、これではなかなか見つからないわけです。
花は淡い紅紫色で先が橙黄色で何とも可愛い花です。
和名は果実から付けられました。

(ヒナノキンチャク 雛の巾着 '07.9.3)

写真を撮っていると見慣れない淡い紫色の花が目に入りました。帰って図鑑で調べるとこれがマツバニンジンという珍しいものでした。
今日は嬉しい日になりました。植物観察はやはり犬も歩けば・・ですね。

| | コメント (10)
|

2007年9月 2日 (日)

エノキの実

Enokiエノキは昔の街道の一里塚などに植えられました。あちこちに由来のあるエノキがあるようです。また葉は国蝶のオオムラサキの餌になります。
家の近くのエノキの実が色好き始めました。
若い果実は写真のように黄色です。熟すと赤褐色になります。
実は食べた事がありませんが、甘みがあり、干し柿に似た味がするそうです。
多くの実を付け、実が落ちるとあちこちから芽が出てきます。葉の脈が目立ちますのでわかりやすい木です。

(エノキ 榎 '07.9.2)

| | コメント (2)
|

2007年9月 1日 (土)

ネコノシタ

Nekonosita2近くの海岸で、10年ほど前に見たきりで消えてしまったネコノシタがあったと誘われ見に行ってきました。
花の時期は少し過ぎていましたが10株近くが見られました。以前あった所の近くです。砂地を這うように広がっています。

Neknosita1海岸は風が強かったのですが、久しぶりの再会でしたので2時間ほどじっくり観察してきました。
葉がざらつき、その感じが猫の舌ににているために付いた名前です。別名ハマグルマといい、こちらは花を車輪に見立てたものです。

(ネコノシタ 小葉擬宝珠 '07.8.1)

この辺の海岸は海流の影響か?年々砂浜が減って来ており、そのせいで消えてしまうのでしょうか?

| | コメント (6)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »