« 湿地の植物 | トップページ | ヒメクグ »

2007年10月16日 (火)

海岸の植物

Uragiku14日の愛知県で見た花です。海の近くの川辺(汽水域の湿地)で見られたウラギクです。
図鑑では本州の関東地方以西の太平洋側、四国、九州に分布となっていますが、限られた場所でしか見られない絶滅が心配される植物の一つです。
葉は細い線形で花は直径2cmとやや小さめなキクです。
花の色は淡い紫色でまだ咲き初めでしたが、一斉に開いたら見事だろうと思われる群落でした。
(ウラギク 浦菊 '07.10.14)
*****
Hamaazami
ハマアザミは本州伊豆半島以西、四国、九州の海岸の砂地に生えています。
残念ながら日立の海岸では見られません。
写真からも分かると思いますが、海岸植物特有の葉が厚くて光沢があります。
ハマザミは何度か見ていますが、今回見たものは株数も多く、花も沢山ついて見事でした。
(ハマアザミ 浜薊 '07.10.14)

|
|

« 湿地の植物 | トップページ | ヒメクグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

aoikesiさん。こんばんわ!

どちらも日立近辺でも見られません。伊豆半島迄行けば見られるようです。
伊豆半島といえば今月末にはソナレセンブリを見に行く予定です。

投稿: やまそだち | 2007年10月17日 (水) 18:57

ウラギクはこちらにないのね。
浜アザミも。
いいもの見せてもらいました。

投稿: aoikesi | 2007年10月17日 (水) 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湿地の植物 | トップページ | ヒメクグ »