« ツルウメモドキの実 | トップページ | イボタノキの実 »

2007年11月23日 (金)

ウメモドキ

Umemodoki2昨日紹介したツルウメモドキはニシキギ科、ウメモドキはモチノキ科です。
ウメモドキは湿地に自生する木ですが、鳥に運ばれたのか湿っていない場所でも見かけます。
今の時期はまだ葉が付いたものと葉がすっかり落ちているものが見られます。
庭などではウメモドキの実が真っ先に鳥に食べられますが今年は山に実が多いので、人里の実はまだまだ見られそうです。
「庭にあるウメモドキに実が付かない」という話を良く聞きますが、雄雌別株ですので、雄木かもしれません。
(ウメモドキ 梅擬 '07.11.22)

|
|

« ツルウメモドキの実 | トップページ | イボタノキの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ふみさん、こんばんわ!

こちらも今朝は庭の水鉢の表面にうっすらと氷がはっていました。
花も少なくなり、木の実や紅葉、ロゼットなどを観察しています。
後は冬芽観察の時期になりました。

投稿: やまそだち | 2007年11月24日 (土) 16:08

yoshidaさん、こんにちわ!

花が少なくなって、実や紅葉の観察が増えてきました。

投稿: やまそだち | 2007年11月24日 (土) 15:53

やまそだちさん、こんにちは~
ウメモドキの赤い実が綺麗ですね。
湿地の植物観察でも赤い実をいっぱい見ました。
ウメモドキの実も教えて貰ったのですが、
すぐに忘れてしまいます。実は苦手です。

寒くなりましたね。散歩しても野草があまり
見られなくなってちょっと残念です・・・
18日未明からの冷え込みで、鈴鹿山系の山々は
初冠雪でした。紅葉も麓まで降りて来ました。

投稿: ふみ | 2007年11月24日 (土) 12:58

真っ赤に色づき綺麗ですね。
こちらでも、ウメモドキやソヨゴ、センリョウなど樹木の赤い実が目立つ季節になりました。

投稿: yoshida | 2007年11月24日 (土) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルウメモドキの実 | トップページ | イボタノキの実 »