« ツルマサキの実 | トップページ | 霜のスカシタゴボウ »

2007年12月26日 (水)

コナラの芽だし

Konaramedasiコナラの林を歩いていたら,沢山の芽だしを見つけました。
コナラやクヌギなどのドングリは地面に落ちると湿気が切れなければ、すぐに根を伸ばし始めるそうです。
真っ赤な目出しがあちこちに出ていましたが、厳しい寒気に会うと、真っ赤になるそうです。
これから冬を越し.来年にはちゃんと葉を出せるのでしょうか?

(コナラの芽だし '07.12.24)

今年も残りわずかになり、なんとなく慌ただしいですね。図書館まで出かけたら道路もだいぶ混んでいました。
毎年のことながら、今頃になると何となくやり残した事があるように感じます。

|
|

« ツルマサキの実 | トップページ | 霜のスカシタゴボウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

aoikesiさん

何とか冬は越せるでしょうが,世代交代にはまわりの木がありますので無理でしょうね。

投稿: やまそだち | 2007年12月27日 (木) 19:31

コナラの芽がかわいい!
今ごろ目を出して大丈夫なのでしょうか。

投稿: aoikesi | 2007年12月27日 (木) 16:45

はやみーさん、こんばんわ!

私も何回かドングリを鉢に埋めましたが、水やりをちゃんとやったものは芽を出してくれます。庭が狭いので鉢で元気に育っています。
庭でも落葉などで湿気を保てば芽は出て来るとおもいます。

山のものも春になれば葉を出してくれると思いますが。まわりに大きなコナラが沢山ありますので、大きくは慣れないでしょうね。

投稿: やまそだち | 2007年12月26日 (水) 19:25

秋の終わり、蔵王から拾ってきたドングリを今年も周辺に埋めました。とは言え、育つ保障はないのですけど、毎年家族でドングリを拾ってしまうので恒例行事になっています。
写真のドングリクン、冬を無事越えてほしいですね。

投稿: きれいですね~ | 2007年12月26日 (水) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルマサキの実 | トップページ | 霜のスカシタゴボウ »