« コナラの芽だし | トップページ | 霜をかぶったノゲシ »

2007年12月27日 (木)

霜のスカシタゴボウ

Sukasitagobo昨年も暖冬で霜が降りるのが遅かったのですが,今年もまだあまり霜が降りません。今日は久しぶりで日の出前に散歩に出ました。お天気も良いので霜も降りていましたが、それほど冷え込んでおらず霜もそれほどではありませんでした。
この辺は寒いと言っても日に当たると霜もすぐ解けてしまうので、日の出直前にスカシタゴボウを撮って見ました。やはり朝日が当たっていないとどんよりした写真になってしまいますね。
スカシタゴボウは田んぼの淵に生え,春から秋の頃まで黄色い小さな花を付けるアブラナ科の草です。
(霜をかぶったスカシタゴボウ '07.12.27)

|
|

« コナラの芽だし | トップページ | 霜をかぶったノゲシ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

スカシタゴボウはこちら山に越してきてからはとんとお目にかかっていません。霜でお化粧してきれいだこと。

投稿: aoikesi | 2007年12月28日 (金) 11:14

アライグマさん

相変わらず慌て者です。
修正しました。
ありがとうございました。

投稿: やまそだち | 2007年12月27日 (木) 22:37

>黄色い小さなを付けるアブラナ科の草です。
小さな何をつけるのでしょうか。(・・?)
気になって眠れない
(^^;★\(-.-;)こんなに早く寝るなって。

投稿: アライグマ | 2007年12月27日 (木) 20:56

yuukoさん

そちらは冬には雪に覆われますから草は見られませんよね。
もう少し寒くなれば日の出直後の霜のついた写真が撮れるでしょう。

投稿: やまそだち | 2007年12月27日 (木) 19:33

スカシタゴボウが凍ってるの 初めて見ました
霜が降りる頃までは生えていないんだわ、きっと

とても可愛いですね
そちらでは陽が登ると融けてしまうんですか
晴れたところでキラキラしてるのを見たいのに残念ですね

投稿: yuuko | 2007年12月27日 (木) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コナラの芽だし | トップページ | 霜をかぶったノゲシ »