« もう春が?? | トップページ | テイカカズラの実 »

2007年12月20日 (木)

ヤツデ

Yatude今の時期、海岸を歩くと崖でヤツデの花が咲いています。暖国育ちの日本特産種の木ですが、茨城県のお隣の福島県南部のいわき市が北限のようです。
日陰でも育つので目隠し用に庭木としても植えられています。
海岸林の木ですが、実が鳥に良く食べられるので,離れた里山や林でも野生状態のものが見られます。
葉の形が手のひらのように裂けるのでので八つ手の名前がつけられましたが、学名(世界共通の名前)はFatsia(フェチャ) japonica(日本)でフェチャは「はち」の読み基づいて命名されたそうです。
葉の切れ込みを数えてみたら、7か9でした。
(ヤツデ 八つ手 '07.12.20)

|
|

« もう春が?? | トップページ | テイカカズラの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ふみさん

キヅタと同じウコギ科ですので、同じような花ですね。
両性花は自家受粉を裂けるため,まず雄しべが先に熟し,花粉を播き散らし、その後雌しべが伸びてきます。
ドングリ10種とはさすがですね。

投稿: やまそだち | 2007年12月21日 (金) 14:12

やまそだちさん、お早うございます。
私も先日ヤツデの花を撮りましたが、
よく見ると可愛いですよね~
ヤツデは庭や公園などに植えられているので
よく見ますが、花が咲いていても地味なせいか
今まで見過ごしていたような気がします。

今年はドングリを10種類探しましたよ。
先ほど画像掲示板にお届けしました。

投稿: ふみ | 2007年12月21日 (金) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう春が?? | トップページ | テイカカズラの実 »