« ナガバジャノヒゲ | トップページ | 御形(ゴギョウ・オギョウ) »

2008年1月 5日 (土)

ミヤマウズラ

Miyamauzuraミヤマウズラは山の林の中で見られるランの仲間です。
花が小さく地味なので花の時期(8.9月)には見過ごされる事も多いですが、冬枯れの山道では葉が良く目立ちます。濃緑の葉に白い斑が入りとてもきれいな葉です。
夏には気付かなかったのに冬になり「こんな所にもミヤマウズラがあったのか」と気ずきます。
和名は葉をウズラの卵に見立てたものですが、ウズラの卵の模様に見えますか?
(ミヤマウズラ 深山鶉 '08.1.2)
うずらの卵にはいろいろな模様がありまが「同じうずらからは、同じ模様の卵しか生まれない」そうです。

|
|

« ナガバジャノヒゲ | トップページ | 御形(ゴギョウ・オギョウ) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

普通は白い斑の入ったものですが、たまに無地のものもありますので、斑がはっきりしないものもあるでしょうね。
花の時期はこれほど葉は目立ちません。

投稿: やまそだち | 2008年1月 6日 (日) 17:47

すごくきれいな模様! と思ったらミヤマウズラですか

うちに生えてるのと柄や質感が違う感じがします
やっぱりやまそだちさんの写真が鮮明だからなのでしょうね
ウズラの卵に似てますね♪

投稿: yuuko | 2008年1月 6日 (日) 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナガバジャノヒゲ | トップページ | 御形(ゴギョウ・オギョウ) »