« ヤマツツジの冬芽 | トップページ | ナガバジャノヒゲ »

2008年1月 3日 (木)

日だまりに

Oinunohuguri3ヶ日とも良いお天気で、穏やかなお正月です。
今日は昼食後散歩に出ましたが、フリースを着て出たら暑い位でした。
日だまりでオオイヌノフグリが気持良さそうにひなたぼっこをしていました。葉が霜にあたり色づいており、これがアクセントになり雰囲気の違う写真になりました。

Inuhuguri2花は左右対称ですが、上下はふぞろいで、幅が広く色が濃い方が上側です。
離弁花(花びらが一枚一枚離れている花)のように見えますが合弁花(花びらがもとの方でくっついて筒状になっているもの)です。裂け目が深いので離弁花のように見えます。
西アジア、中近東の原産で世界中に帰化しているそうです。
(オオイヌノフグリ 大犬の陰嚢 '08.1.3)

|
|

« ヤマツツジの冬芽 | トップページ | ナガバジャノヒゲ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

畑や庭にも出てきますので種を採って播いたら、2年草ですので翌年には咲くのではないでしょうか?
同じ仲間のフラサバソウの種を蒔いたら、翌年からあちこちに種が広がり、毎年沢山芽が出て咲いてくれます。

投稿: やまそだち | 2008年1月 4日 (金) 20:14

オオイヌノフグリは大好きなのに 何度かもらって植えてもいついてくれません
何がいけないのかしら・・・?
花びらの上下が不ぞろいなところが気に入ってます

投稿: yuuko | 2008年1月 4日 (金) 18:51

aoikesiさん

北から南まで広がっているようですね。
花の顔はほんとに色々で面白いですね。
それぞれが生き延びる為の工夫なのでしょうか?

投稿: やまそだち | 2008年1月 4日 (金) 15:34

オオイヌノフグリは強い花ですね。
こちらでも日だまりでは開いています。
帰化植物は全体的に強いですね。

花びらの形の不揃いにはなにか訳があるのでしょう。
やはり虫との関係でしょうか。
こういうことって考えると面白いですよね。

投稿: aoikesi | 2008年1月 4日 (金) 10:41

きよこさん

あけましておめでとうございます。
オオイヌノフグリは屋久島までは広がっていないのですね。
3が日は暖かい日でしたが南国のようにはいきません。
今年も屋久島の様子楽しみにしています。

投稿: やまそだち | 2008年1月 4日 (金) 08:00

やまそだちさん、あけましておめでとうございます。
オオイヌノフグリは、こちら屋久島では見かけないので懐かしいです。
暖かそうなお正月でしたね。

投稿: きよこ | 2008年1月 3日 (木) 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマツツジの冬芽 | トップページ | ナガバジャノヒゲ »