« ウツボグサの越冬葉 | トップページ | ヤブツバキ »

2008年1月 9日 (水)

モミジバフウ

Momijibahu今日は久しぶりで植物園に行ってきました。隣が県民の森になっておりいろいろな樹木が見られます。
花はソシンロウバイが咲いているだけでしたが、冬芽や木肌を観察してきました。
モミジバフウの実が沢山見られました。青空に良く似合っていました。
モミジバフウは紅葉がきれいなので街路樹などに良く植えられています。北米中南部〜中米原産で日本には大正時代に渡来したそうです。別名アメリカフウの名が付いています。
栗のいがのような変わった実を沢山つけます。
葉がカエデに似ているのでモミジバの名前が付いていますがかマンサク科です。
(モミジバフウの実 '08.1.9)

同じ仲間のフウは中国中南部・台湾原産です。

|
|

« ウツボグサの越冬葉 | トップページ | ヤブツバキ »

植物」カテゴリの記事

コメント

はやみーさん

こちらでは公園や街路樹で良く見かけますが、東北ではどうでしょうか?
多分植えられていると思いますが・・・

投稿: やまそだち | 2008年1月10日 (木) 17:14

yuukoさん

ウニに似ていますね。
機雷は私も見た事がありませんが、とげみたいなものがある形のものもあるのかな??

投稿: やまそだち | 2008年1月10日 (木) 16:57

きれいですね~。
モミジバフウは、どこでも見ることができるのでしょうか。

今日は自然とふれることなく、人に揉まれてきたので、
ほっとする風景です。

投稿: はやみー | 2008年1月 9日 (水) 21:45

ほんとに青空に似合いますね

形はムラサキウニのような 機雷みたいな・・・
とは言っても機雷は見たことが無いんですけど こんな形でしたっけ?

投稿: yuuko | 2008年1月 9日 (水) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウツボグサの越冬葉 | トップページ | ヤブツバキ »