« 庭の芽だし | トップページ | かろうじてイヌノフグリ »

2008年2月28日 (木)

カラスノエンドウの葉

Karasuha3カラスノエンドウの花は以前から良く写真を撮っています。
ここ2年ほど霜のおりた葉や紅葉した葉、春先の葉などを見てきました。
花の時期の葉に比べると形が極端に違っており、最初は別の植物かと思うほどでした。特に秋から冬の葉は丸いものが多いようです。
今の時期には茎も伸び出し葉の形も色々なものが見られます。
写真(左)は同じ株のものです。丸い葉、卵形の葉、細長い葉など様々です。あと一ヶ月もすれば花が咲きます。
(左 '08.2.28撮影)
Karasuha5
tuliptulip
花の時期の葉(右)は狭倒卵形で先端が矢筈状にへこむものが一般的です。
(右 '07.3.30撮影)
footfoot
同じ植物を1年間観察して見ると面白い発見が色々あります。

|
|

« 庭の芽だし | トップページ | かろうじてイヌノフグリ »

植物」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

コメントしたつもりが抜けていました。
スミレなども花時と夏では葉の状態がかなり違いますので、栄養をためる時期と花の時期では違うのでしょうかね?

投稿: やまそだち | 2008年3月 7日 (金) 08:14

全然違いますね!
秋から冬の葉は コロンとして少し肉厚ですか?
冬の寒さに耐えるように変化するのでしょうか
面白いです

投稿: yuuko | 2008年2月29日 (金) 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の芽だし | トップページ | かろうじてイヌノフグリ »