« 雪山散歩 | トップページ | ムラサキケマン »

2008年2月24日 (日)

ヒガンバナの葉

今朝から強風注意報が出ており、台風並みの冷たい風が吹き荒れています。
これでは何処にも出かけられません。
午後からは群馬から同窓生が来るので、こちらにいる仲間と泊まり込みでアンコウを食べに北の方に出かけます。

Higanbanaha先日田んぼで青々と茂ったヒガンバナの葉が光り輝いていました。
ヒガンバナは秋の花の時期に葉ありません。
花が終り晩秋になってから葉が出て来て冬を越し夏には枯れます。
冬眠する植物が多い中、夏眠する植物です。
まだ寒いですが早春の光を浴び、秋の花のためせっせと栄養分をためている時期ですのでとても元気な葉です。
日本人には馴染み深いの花ですので名前の方言も多く20近くあるようです。
(ヒガンバナの葉 '08.2.22撮影)

|
|

« 雪山散歩 | トップページ | ムラサキケマン »

植物」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

キツネノカミソリやナツズイセンの葉も似ていますが、葉の幅や色合い、場所などが違いますね。
ヒガンバナの花は誰でも分かりますが、葉は気がつかない人も多いかも知れませんね。

投稿: やまそだち | 2008年2月25日 (月) 16:53

ヒガンバナの葉っぱ 何かに似ていますね・・・
この葉っぱをみてヒガンバナと気がつく人は少ないでしょうか?
柔らかそうで青々していて なんだか美味しそう~♪

投稿: yuuko | 2008年2月24日 (日) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪山散歩 | トップページ | ムラサキケマン »