« ノキシノブ | トップページ | イチヤクソウの花がら »

2008年2月 2日 (土)

ゲンゲ

Genge2
先日,屋久島の知り合いのBlogでゲンゲが咲き出したという紹介がありました。
こちらのゲンゲはどんな様子か今朝、近くの田んぼに見に行ってきました。今朝は氷点下まで冷え込み、紅葉した葉にびっしりと霜がついていました。
こちらではあと2ヶ月しないと花は咲きません。
狭い日本ですが北と南でこんなにも違うのかと、あらためて実感しました。
(ゲンゲ 紫雲英 '08.2.2)

Oinunohuguri
   ⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂
あたり一面霜で真っ白、そんな中けなげに咲いているオオイヌノフグリを見つけました。
あと一ヶ月もすれはこのあたりもすっかり早春の装いとなるでしょう。

|
|

« ノキシノブ | トップページ | イチヤクソウの花がら »

植物」カテゴリの記事

コメント

クスクスさん

日光と気温の両方の条件があるのですね。
やはり珍しいのでしょうかね?
これからまだまだ霜は降りるので、探してみます。

投稿: やまそだち | 2008年2月 4日 (月) 09:45

やまそだちさん 今晩は
こちらは、雪で足止め 家で遊んでいます。
オオイヌノフグリの開花する周囲の温度は、15度内外と聞いていました。霜の中で咲く、それとも急冷却でしぼむ暇が無かった? いずれにしても珍しい、決定的瞬間の写真のようです。

投稿: クスクス | 2008年2月 3日 (日) 20:39

aoiksesiさん

オオイヌノフグリは日が当たらないと開かないんですが、何故か開いているものがありました。
日の出に時間は過ぎていましたが、空は厚い雲に覆われており、お日様はまったく出ていませんでした。
植物にも変わり者がいるようです。

投稿: やまそだち | 2008年2月 3日 (日) 12:01

オオイヌノフグリが下の中で咲いている!
いい写真ですね。
これって日差しがないと開かないんじゃなかったですか。

投稿: aoikesi | 2008年2月 3日 (日) 10:05

yuukoさん

この日は曇っていたので、あまり霜はないかと思っていましたが、気温が低かったので、霜がちゃんと降りていました。
からった晴れた日なら、もっと真っ白な霜に成るのですが・・・
ちょっと草むらが深い所はこんなふうに砂糖菓子のような霜がつくようです。

投稿: やまそだち | 2008年2月 3日 (日) 08:50

オオイヌノフグリの霜がすごいですね
砂糖菓子そのものです
先日友人の所に行ったら 息子さんがハッカが特産の町で買ったハッカの葉のお菓子をくれました
葉っぱにグラニュー糖をまぶした感じでパリパリしてるんです
それにそっくりです

投稿: yuuko | 2008年2月 2日 (土) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノキシノブ | トップページ | イチヤクソウの花がら »