« かろうじてイヌノフグリ | トップページ | ホトケノザ »

2008年3月 1日 (土)

庭にはびこる

Titikogusa寒さも峠を越し、我が家の庭では色々な野草が活発になってきました。
なかでも、取っても取っても出てくるのが今日紹介する二つです。車庫の脇にはびこっています。
きれいな花なら残しておいても良いのですが、いくら植物が好きでもこれは庭にはご遠慮願いたいものです。
真ん中のちょっと葉の幅が広く色の濃いのが、ウラジロチチコグサ、そのまわりのはチチコグサモドキです。
どちらも帰化植物ですが繁殖力旺盛で、全国に広がっているようです。
とくにウラジロチチコグサはストロンで分株するので放っておくと一面に広がります。
これから草むしりも忙しくなります。
(ウラジロチチコグサとチチコグサモドキ '08.3.1撮影)

|
|

« かろうじてイヌノフグリ | トップページ | ホトケノザ »

植物」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

ヒヨコ草(ハコベ)は一年中花を咲かせ種も沢山出来るので畑は、今頃からあっという間に広がってしまいますね。
昔はニワトリや小鳥の餌にしました。
英語でもChickweedで「ニワトリの雑草」と呼ぶそうです。

投稿: やまそだち | 2008年3月 2日 (日) 17:47

やまそだちさん、こんばんは。

我が家の畑の花壇はヒヨコ草がはびこり始めました。
勢いが良すぎて、私には付いていけません。

ようやく、待ちに待った節分草が庭の花壇に咲き始めました。

投稿: さなえ(花の庵) | 2008年3月 1日 (土) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かろうじてイヌノフグリ | トップページ | ホトケノザ »