« ハナイバナ | トップページ | ヒメウズ »

2008年4月25日 (金)

ムサシアブミ

Musasiabumi同じサトイモ科の植物でもミズバショウやザゼンソウに比べると一般受けしない植物です。
関東以西に分布する、マムシグサやウラシマソウと同じテンナンショウ属という仲間です。
仏炎苞の模様と暗紫色の部分が気持ち悪いと言う人も多いようです。
毎年,この時期になると隣町の水辺の脇の竹やぶににょきにょきと出てきます。
花の形が武蔵の国で使われた馬の鐙(あぶみ)を逆さにしたようなのでムサシアブミと名前を付けたそうです。

(ムサシアブミ 武蔵鐙 '08.4.25)

|
|

« ハナイバナ | トップページ | ヒメウズ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

aoikesiさん

図鑑によれば海岸近くの林で見られることがおおい、となっていますが、こちらでもその場所以外では見ていませんので、本来の自生地かは???です。
関東以西となっているものは茨城にはないものが多いですね。
こちらで良く見られるものはミミガタテンナンショウ、ウラシマソウです。

投稿: やまそだち | 2008年4月26日 (土) 11:24

ムサシアブミはまだみたことないです。
面白い形!

こちらではウラシマソウやマムシグサです。

投稿: aoikesi | 2008年4月26日 (土) 09:34

kitaさん

寒さには結構強いのでしょうかね?
近くの、おばああさんに聞いてみたら「子供の頃からあった」と言っていました。
群馬県の林でも見たことがあります。

投稿: やまそだち | 2008年4月26日 (土) 07:23

yuukoさん

ミズバショウとおなじで苞 ですが、水芭蕉なども一般的に花と言っていますね。

良い形ですよね。色が青やピンクだったら人気者でしょね。

投稿: やまそだち | 2008年4月26日 (土) 07:21

さなえさん

生け花にも使うのですか?
そうですね、自然にあるものはなんでも利用するのが自然らしくていいですね。

「花に寄せて」は見られました。おさわがせしました。delicious

投稿: やまそだち | 2008年4月26日 (土) 07:14

凄い株ですね。我が家にも何年か前に、知多半島の趣味家からタネを頂いて来たのが芽生えて、花を咲かせるようになりました。その方は、薩摩の道端にタネが転がっていたのを拾ってきたとかで、温室で作っていました。

投稿: kita | 2008年4月26日 (土) 06:09

素晴らしい~
この手のものはとても好きです

葉っぱがミツバなのですね
花(でいいですか?)のかたちの素晴らしい事!
是非 どこかで実物が見たいです

投稿: yuuko | 2008年4月25日 (金) 22:28

こんばんは。

この手のたぐいは、気持ち悪いと言う方が多いですねぇ。

私は、浦嶋草などよく生けるのですよ。
テンナンショウもよく使います。

投稿: さなえ(花の庵) | 2008年4月25日 (金) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハナイバナ | トップページ | ヒメウズ »