« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

シロバナマンテマ

Sirobanamantema昨年,家の近くの廃線になったローカル電車の線路脇で見つけたシロバナマンテマが今年も沢山咲き出しました。昨日,雨の合間に撮ってきました。
マンテマは海岸近くの草むらで以前から見ていましたが、シロバナマンテマは昨年初めて見ました。白花の名前がついていますが,花の色は白色か淡紅紫色です。
帰化植物はいつの間にか入り込んでいますので、同じ場所でも年により色々な花が出てきます。
良く似たフタマタマンテマ(ホザキマンテマ)というのもあるようですのでそちらも探してみたいと思っています。

(シロバナマンテマ '08.5.30)

| | コメント (6)
|

2008年5月30日 (金)

キツネアザミ

Kituneazami花はアザミに良く似ていますが,とげが無くアザミ属ではありません。
本州以南の各地の空き地や畑で良く見られます。
農耕と共に日本に渡来した「史前帰化植物」と言われています。

「史前帰化植物」とは江戸時代中期以前に日本に渡来し、その記録が明らかでなく、在来種か外来種かわからない植物を言います。
江戸後期以降、日本に渡来した明らかな帰化植物とは別に扱っています。
一般に帰化植物といえば「史前帰化植物」は含まず、江戸後期以降の帰化植物をいいます。
和名の由来は諸説あります。

(キツネアザミ 狐薊 '08.5.24)

| | コメント (8)
|

2008年5月29日 (木)

ウスベニチチコグサ

Usubeni日当りの良い草むらには色々な花が咲いています。
ニワゼキショウの方が目立っていますが、主役はウスベニチチコグサです。以前に何回か見ていますが、写真が見つかりませんので、タチチチコグサとして見すごしていたかもしれません。
ふるい図鑑ではタチチチコグサとしていたようです。
チチコグサの名が付く花はハハコグサに比べ地味なのであまり関心を持って見られることはありません。
でも,こうして見るとかわいい花です。
右下の黄色はハハコグサです。

(ウスベニチチコグサ '08.5.26)

| | コメント (4)
|

2008年5月28日 (水)

ベニバナハコネウツギ

Benibanahakoneハコネウツギははじめ白色で、しだいにに紅色にかわるので、山で見ると白と紅色の混じったものが多く見られます。
時々、白ばかりや濃い紅色ばかりのものを見かけます。
今まであまり気にしなかったのですが、図鑑ではそれぞれシロバナハコネウツギ、ベニバナハコネウツギという名前を付けています。
「箱根空木」の名前がついているので箱根に生育しているかと思ったら箱根にはないという。(低地には自生しているのが最近わかったそうです)
ある本には「間違えてつけられたのだろう」とありました。
いまさら、変えるわけにはいかないでしょうね。

(ベニバナハコネウツギ '08.5.26)

| | コメント (2)
|

2008年5月26日 (月)

コゴメウツギ

Kogomeutugi今に時期ウツギの名のつく花が色々咲きますね。今日、山ではハコネウツギも咲いていました。ウツギはつぼみでした。

コゴメウツギはバラ科ですがとげはありません。
花弁は白ですが、萼筒のが内側が黄色いので遠くから見ると黄色っぽく見えます。
萼片も白いので花びらが10枚に見えますが、へら状の5枚が花びらで、丸い白いのは萼片です。
コゴメ(小米)は米粒を砕いたもので、小さい白い花を小米に見立てたと言います。

(コゴメウツギ 小米空木 '08.5.23)
downwardright画像をクリックすると大きくなります。

| | コメント (7)
|

2008年5月25日 (日)

キショウブ・ササバギンラン

Kisoubu夕べから降り始めた雨も昼頃にはやみ、空も明るくなって来たので午後から1時間ほど近くを散歩してみました。
散歩コースは10以上ありその日の気分で決めます。今日のコースは川沿いから田んぼ道、そしてちょっとした雑木林です。川沿いにはハナウドが満開そしてキショウブが雨上がりで鮮やかでした。薄日なので黄色も飛ばずに撮れそうなのでカメラを向けました。
帰化植物ですが昔から日本にあったように風景に溶込んでいます。

(キショウブ 黄菖蒲 '08.5.25)

Sasabaginran雑木林は木々の緑がすっかり広がり、ちょっと薄暗い感じ、以前はキンラン、ササバギンランが結構あった場所です。もしかしたらとのぞくとササバギンランが数株目に入りました。まだ、生き残っていたようです。
この林ではしばらくぶりの再会です。これでまた増えてくれると良いのですが、ランとなると根こそぎ持って行く人が後を絶たず,苦い思いをたびたびしています。
ランは基本的に栽培不可能ですので持って帰っても育ちません。
(ササバギンラン 笹葉銀欄 '08.5.25)

| | コメント (4)
|

2008年5月24日 (土)

チョウジソウ

Tyoujiso08チョウジソウを見に行きたいと思いながら、なかなか行けません。
今日も午後から予定が入っており,明日も一日用事があり、それではと午前中に行ってきてしまおうと高速をとばし見に行ってきました。
今年は花期は早く、ちょっと遅めでかろうじて見ることができました。
「それほどしてまで見に行くほどの花ではない」と言われそうですが、色合いが好きな花です。
湿地の植物である所にはどっさりあるようですが、準絶滅危惧種になっていますので、なかなかお目にかかれない花です。
行った甲斐がありマイヅルテンナンショウも初めて見ることができました。
(チョウジソウ 丁字草 '08.5.24)

| | コメント (6)
|

2008年5月23日 (金)

ヒメコウゾ

山を歩くと暑くなる季節になってきましたが、緑がまぶしく空気がおいしく感じます。
タブノキやシロダモの新芽が開きとてもきれいな時期でもあります。

ヒメコウゾはこちらの山では良く見かけます。オレンジの実は昨年7月に紹介しました。
クワの仲間で、葉はクワやヤマグワに良く似ていますが、花や実は桑とは違うので見分けられます。(クワ科ですが,属はコウゾ属です)
コウゾ属にはそっくりのカジノキやコウゾがありますが、どちらも雌雄別株ですがヒメコウゾは雌雄同株ですのでこれも見分けられます。
毛が出ているのが雌花、丸いのが雄花です。
(ヒメコウゾ 姫楮 '08.5.21)Himekozo

| | コメント (3)
|

2008年5月22日 (木)

九州で見た花

今回はあまり沢山の花は見られませんでした。
紹介したもの以外で見られた花をいくつか載せて九州シリーズは終わりにします。
左から、由布岳バックにヒメハギ、キスミレ、サクラソウ、エヒメアヤメです。
画像をクリックすると大きくなります。
HimehagiKisumireSakurasoAhimeayame

| | コメント (3)
|

コガクウツギ

Kogakuutugi7084九州で見た花の3枚目です。
本州の伊豆半島以西、四国、九州に分布する日本固有種です。
アジサイの仲間ですが、花は地味で目立ちません。白か淡黄色の装飾花を1〜3枚つけます。
標高1160mの山に登ったのですが、山道に沢山ありました。まだ咲きはじめです。
この山の頂上付近の開けた草むらにはキスミレやサクラスミレがちらほらと残っていました。

(コガクウツギ 小額空木 '08.5.17)

| | コメント (4)
|

2008年5月21日 (水)

バイカイカリソウ

Baikaikari2今日も九州で見た花です。草原で沢山見られました。
イカリソウと言う花がありますが、これは花の形が船のいかりに似ているから名前がつけられたそうです。
バイカイカリソウという名前は花が梅に似ているから、ちょっとおかしいですね。
まあ,イカリソウと同じ仲間で梅の花に似ていると言うことでしょう。
花をみてもイカリソウの仲間とは思えませんね。
葉を見るとイカリソウと同じですのでそちらは納得できます。
Baikaikari1

バイカイカリソウは本州では中国地方、四国、九州に分布しています。
花の時期としてはもう終わりに近い状態です。
みな背が低く、写真の撮りにくい花です。

イカリソウはメギ科ですが,メギ科にはサンカヨウ、トガクシショウマ、タツタソウとみなお気に入りの花です。

(バイカイカリソウ 梅花碇草 '08.5.17)

| | コメント (6)
|

2008年5月20日 (火)

ミヤマキリシマ

Miyamakirisima6965無事に帰ってきました。前半2日は同期入社の仲間との和気あいあいの観光でした。後半の2日は一人で山や高原を歩いてきました。
ちょうど端境期で花は多くは見られませんでしたが、新緑の山、清々しい高原を満喫してきました。
見たかったミヤマキリシマを見ることができました。バイカイカリソウもまだ沢山見られました。

Miyamakirisima6987ツツジは花はみな良く似ており、見ても種類を見分けるのは難しいです。
ミヤマキリシマは自生地が限られているので分かりやすいかもしれません。
ちょっと花が小さなツツジで九州の比較的標高の高い火山地帯に自生しています。
ミヤマキリシマは今年は10日くらい花が遅いそうです。
花の色はそれぞれ濃淡があり少しずつ色が違います。
今回は熊本県の阿蘇で見てきました。背後に見える山は根子岳です。
九重連山も見事なようですが、そちらは6月初旬が見頃のようです。

(ミヤマキリシマ 深山霧島 '08.5.18)

| | コメント (8)
|

2008年5月14日 (水)

ミツバウツギ

ウツギと名の付く木は沢山あります。ウツギ、ノリウツギ、タニウツギ、フジウツギ、コゴメウツギ・・・・
茎の中が空洞になっている木のことを「ウツギ(空木)」と呼んでいます。

Mitubautugiウツギやノリウツギはユキノシタ科、
タニウツキやツクバネウツギはスイカズラ科、
フジウツギはフジウツギ科、
ドクウツギはドクウツギ科、
コゴメウツギはバラ科
そしてミツバウツギはミツバウツギ科とそれぞれ違う仲間です。
葉が3枚で枝が中空のため「三葉空木」とつけられたのでしょう。
沢の脇の山道に咲いていました。この花は何度か見ていますが、何故か?花が沢山開いているのを見たことがありません。
木釘や箸に使うですから固い木のようです。
(ミツバウツギ 三葉空木 '08.5.12撮影)

15日〜19日まで九州に出かけますのでお休みです。

| | コメント (6)
|

2008年5月13日 (火)

オオツクバネウツギ

Otukubaneutugi公園など植えられている園芸種のアベリア(ハナツクバネウツギ)と同じ仲間です。
園芸種のようには花数も多くなく、色も地味で葉の色と良くマッチしています。黄色の編み目模様もきれいです。
花の付け根に4枚か5枚の萼が見えますが、これが果実に付き、羽根つきの羽に似ているのでツクバネウツギと名前がつけられています。

*オオツクバネウツギとツクバネウツギの違い
ツクバネウツギは萼が5枚で同じ大きさですが、オオツクバネウツギは5枚のうちの1枚が小さいか、4枚しかないので区別できます。

(オオツクバネウツギ '08.5.10撮影)

| | コメント (0)
|

2008年5月12日 (月)

ラショウモンカズラ

Rasyomonkazura4月に隣町の滝巡りをしたとき、登山口近くでラショウモンカズラの葉を見つけました。
そろそろ花が咲いている時期ではとちょっと行ってきました。
株数は多くありませんでしたが,咲き始めていました。新しい場所の発見です。
山の中で明るい紫色は良く目立ちます。花茎は直立しますが、花の後は蔓性の走出枝が地面を這います。このつるのためカズラ(蔓)の名前がついています。
写真の左に斜めに伸びた茎が見えますが、これが走出枝です。
ラショウモンの方は花の様子を羅生門の鬼の腕に例えたそうです。

(ラショウモンカズラ 羅生門蔓 '08.5.11撮影)

| | コメント (2)
|

2008年5月11日 (日)

オトコヨウゾメ

Otokoyozome1朝から小雨が降る寒い日でしたが,地元の所属するサークルの観察会で福島県まで行ってきました。
春の花が終わり,新緑がみずみずしい林を歩いてきました。
花は少なかったですが、ツクバネウツギ、ミヤマハコベ、ツクバキンモンソウ、ヒメウツギ、オトコヨウゾメは見頃でした。

オトコヨウゾメはガマズミの仲間ですが、花はまばらで垂れ気味に咲き、奥ゆかしい感じの花です。紅葉や真っ赤な実もきれいです。
雨に濡れ、しっとりしたものを見られました。
ヨウゾメはガマズミのことをさすようですが、名前の由来ははっきりしませんでした。和名の漢字も見当たりません。

(オトコヨウゾメ '08.5.11撮影)

| | コメント (6)
|

2008年5月10日 (土)

ハマエンドウ

Hamaendo08昨日海岸で見られました。最近、この花も減ってきているように感じます。
スナビキソウと一緒に撮りたかったのですが、同じ砂浜なのに何故か一緒には咲いていませんでした。
一緒にハマヒルガオの葉が見えますが、まだつぼみで花はもう少し先になりそうです。
花は咲き出しは赤紫色ですがだんだん青紫色に変わります。
花や実がエンドウに似ていて海岸に生えているのでハマエンドウの名前がついたそうですが、エンドウの仲間でなくレンリソウ属です。

我が家のエンドウもようやく食べられるようになりました。やはり感じが少し違います。

(ハマエンドウ '08.5.9撮影)

| | コメント (0)
|

2008年5月 9日 (金)

スナビキソウ

Sunabikiso081午前中は山に、午後は久しぶりで海岸に行って見ました。昨年花期を過ぎていたスナビキソウの様子を見るためです。
昨年は6月14日で花がほとんど終わっていました。まだ早いかと思ったら、もう満開を過ぎた株もありました。
今年は全般的に花が早いのですが、予想外の早さです。花の時期は難しいですね。

Sunabikiso082
図鑑を見ても、あまり良い花は載っていないので、花期が難しい花なのでしょうか?
砂引草という名前どおり、砂浜の砂の中に地下茎を伸ばして増えて行きます。
花は白ですが,のどもと部分が緑かかった黄色を帯び、地味ながら味のある色の花です。
(スナビキソウ 砂引草 '08.5.9撮影)

| | コメント (6)
|

2008年5月 8日 (木)

オオコガネネコネメソウ?

Okoganeneko5日に見られた花ですが、コガネネコノメソウに比べ茎に毛が多く花も若干大きいように感じます。
これがオオコガネネコノメソウではと、同行者と話しております。
どなたかお分かりになりますか?
湿った林内に沢山見られました。霧雨のため茎の毛も肉眼ではっきり見えました。

ネコノメソウの仲間では他にハナネコノメ、ニッコウネコノメ、マルバネコノメ、ヤマネコノメソウ、ネコノメソウ、ツルネコノメソウ、イワネコノメソウの7種が見られました。

(オコガネネコノメソウ? '08.5.5 長野県)

| | コメント (11)
|

2008年5月 7日 (水)

ワダソウ

Wadaso61765月5日に見た花です。白い花びらに赤褐色の葯が映えるのですが、この株は最盛期を少し過ぎており葯が黒くなってきています。
雨に濡れ、葉も花も生き生きとしていました。

ナデシコの仲間で、茨城県にも分布していますがあまり見かけません。
良く似た花にワチガイソウ、ヒゲネワチガイソウがありますが花びらの先がへこんでいるがワダソウです。
歩き始めに見たのですが、その後ワチガイソウ、ヒゲネワチガイソウも出てきて3者を比較することができました。
和名の和田草は長野県和田峠に多かったということだそうです。

(ワダソウ 和田草 '08.5.5 長野県)

| | コメント (4)
|

2008年5月 6日 (火)

コイワザクラ

Koiwazakura4日〜5日に群馬県まで出かけました。(今回は運転手役です)
5日は時間がとれたので、地元のAさんと西上州の山に行ってきました。
朝からどんより曇り、今にも降り出しそうでしたが下山時少し雨にあっただけですみました。
山道は昨年秋の大雨で何カ所も土砂崩れで流されており、その度に道を探しながらの山歩きになりました。
←(霧の中のコイワザクラ)
画像をクリックして探してみて下さい。

Koiwazakura2苦労のすえ、目的のコイワザクラに会うことができました。霧でかすんだ岩にピンクの花があちこち咲いている姿は幻想的でした。
望遠レンズを持っていかなかったので、写真は近くにあった2株ほどしか撮れませんでしたがしっかり目に焼き付けてきました。
岩に咲き、岩桜より花が小さいので小岩桜の名前が付いたのでしょう。
イワザクラは見たことがありませんが、岐阜県、紀伊半島、四国、九州などで見られるようです。
コイワザクラとの出会いは今回で2度目です。
(コイワザクラ '08.5.5)

| | コメント (8)
|

2008年5月 3日 (土)

タニギキョウ

Tanigikyo背丈も10cm、花びらも1cm以下の小さな花なので見落とすことも多いですが、山道の木陰や谷筋などで良く見られます。
和名は湿った谷筋に多く見られることからついたのでしょう。
花は白色かわずかに紫色を帯び、薄い紅紫の筋が入ります。
紫色を帯びたものを探すのですがなかなか見つからず、花数が揃ったものも少なく、天気が良くないと開かないし、被写体になるものは少ないです。
そんな訳でお気に入りの花ですが、なかなか良い花が撮れません。
葉はハコベのような感じですが、ちぎると白い乳液を出しますので分かります。
(タニギキョウ キキョウ科 '08.4.30)

rvcar4日から6日まで出かけますのでお休みします。

| | コメント (2)
|

2008年5月 2日 (金)

ミツバツチグリ

Mitubatutiguriこの仲間(バラ科キジムシロ属)やヘビイチゴ属は黄色の5弁花の良く似た花をつけます。
花では区別できないので、小葉の数や葉の形などで見分けます。
山道の日当たりの良いところで、今の時期良く見られます。
キジムシロも目につきますが、こちらはが5〜9個の小葉をつけます。
西日本に多いツチグリの根茎に似て葉が3小葉であるという意味の名です。
ツチグリの根茎は紡錘状で、焼くと栗のような味がし、生でも食べられるそうですが、ミツバツチグリは食べられません。
(ミツバツチグリ 三葉土栗 '08.5.1)

| | コメント (0)
|

2008年5月 1日 (木)

トウゴクミツバツツジ

Togokumituba2昨日、見たトウゴクミツバツツジです。
日本はスミレ王国ですが、ツツジも多く4月〜5月にかけていろいろなツツジが花を開きます。
ミツバツツジも種類が多いですが、この辺で見られるのはトウゴクミツバツツジだけです。

Togokumituba
花の色は紅紫色で葉の展開前に開きますので、ヤマツツジよりは早く咲き出します。
葉が展開していますので、ちょっと盛りを過ぎているようです。
(トウゴクミツバツツジ '08.4.30 福島県)

downwardrightdownwardrightnew
本日ホームページに「今月の花5月」「花アルバム28」をアップしました。
Macをお使いの方 Internet Explorerで見ると画像が見えない等の不都合が出ることがあります。その場合はSafari、Firefox等で見て下さい。

| | コメント (2)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »