« コゴメウツギ | トップページ | ウスベニチチコグサ »

2008年5月28日 (水)

ベニバナハコネウツギ

Benibanahakoneハコネウツギははじめ白色で、しだいにに紅色にかわるので、山で見ると白と紅色の混じったものが多く見られます。
時々、白ばかりや濃い紅色ばかりのものを見かけます。
今まであまり気にしなかったのですが、図鑑ではそれぞれシロバナハコネウツギ、ベニバナハコネウツギという名前を付けています。
「箱根空木」の名前がついているので箱根に生育しているかと思ったら箱根にはないという。(低地には自生しているのが最近わかったそうです)
ある本には「間違えてつけられたのだろう」とありました。
いまさら、変えるわけにはいかないでしょうね。

(ベニバナハコネウツギ '08.5.26)

|
|

« コゴメウツギ | トップページ | ウスベニチチコグサ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

良く似たニシキウツギも同じように開花したときは白色ですが、しだいに紅色に変わっていきます。
白と紅の2色が見られるので二色空木です。

投稿: やまそだち | 2008年5月29日 (木) 07:18

そうですか!

いつも図鑑で見ると白からピンクまでいろんな色が混じっているのであんな風なものかと思っていました
花が咲いたときは白で だんだん変わるのですね

謎が解けて嬉しいです♪

投稿: yuuko | 2008年5月28日 (水) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コゴメウツギ | トップページ | ウスベニチチコグサ »