« ハナハタザオ | トップページ | ハマウツボ »

2008年6月12日 (木)

マツバウンラン

Matubaunran北アメリカ原産の帰化植物で、北関東、北陸地方以西では普通に見られようです。
といっても、ある年に芝生に群生していたので、翌年行ってみたら全く見られませんでした。
写真は撮れる時に撮っておくべきですね。
細い茎がまっすぐ伸び、先端付近に薄紫色のちっちゃな花をつけます。
変わった花の形をしていますが仮面状花冠と言うそうです。
「松葉」のように葉は細長く,花が「ウンラン」に似ているので、松葉海蘭です。
スマートな優しい花だと思いませんか。

(マツバウンラン 松葉海蘭'08.6.11)

|
|

« ハナハタザオ | トップページ | ハマウツボ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

帰化植物の中では可愛い花ですね。
ホソバウンランの野生化したものは私の昨年、初めて見ました。

投稿: やまそだち | 2008年6月13日 (金) 21:56

とっても愛らしい花だと思います
茎がピンと立っているところもいいですね

ホソバウンランは近くに生えていますが 他の草の支えがなくては立っていられないのが残念です

投稿: yuuko | 2008年6月13日 (金) 21:26

aoikseiさん

黄色のマツバウンランは無いと思います。
黄色い花ではホソバウンランというのがありますが、花はちょっと違います。

投稿: やまそだち | 2008年6月13日 (金) 20:33

マツバウンランは10数年ほど前に仙台の隣駅、長町駅の構内に群生していました。
これの黄色い種もあったのでは。

投稿: aoikesi | 2008年6月13日 (金) 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハナハタザオ | トップページ | ハマウツボ »