« ムシトリナデシコ | トップページ | ニガイチゴの実 »

2008年6月24日 (火)

ニワトコの実

Niwatokomi里山で一番早く蕾みが膨らみ、4〜5月に黄色みを帯びた白い花を咲かせます。今年も春に花を撮ろうと思っていてとうとう取りそこねてしまいました。
1週間前くらいから実が色付き初め、今朝は真っ赤になっていました。
どこにでもあり、昔から日本人には馴染み深い木ですので、花や実を見た事はあると思います。
ニワトコに関する面白い話としては
宝塚のヒットソング「スミレの花咲く頃」の原曲はウイーンで作られた「白いニワトコが再び咲く時」、それがフランスに渡って「リラの花咲く頃」というシャンソンになり、さらに日本でスミレに変わったとのこと。

(ニワトコ '08.6.24)

|
|

« ムシトリナデシコ | トップページ | ニガイチゴの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

あれ?名無しの権兵衛になってしまってました。
Elderflowerは名前だから花を使うかどうかってことですよね?うーーん。なんなんだろう。調べてみますね。

投稿: Magnolia | 2008年6月27日 (金) 09:16

名無しのごんべえさん

ヨーロッパの人達はElderflower(ニワトコ)から自家製ドリンクを作っているんですね。
葉を利用するのでしょうか?

投稿: やまそだち | 2008年6月25日 (水) 18:19

欧州人はelderflower soda が好きですからね。ライラックやスミレじゃそうはいかない。

投稿: | 2008年6月25日 (水) 15:11

信徳さん

鳥の繁殖時期ですから鳥達にはありがたい実でしょうね。
縄文時代の遺跡から、ニワトコの実がよく出てくるそうです。
これでお酒を造ったとか・・
若葉は苗代に鋤きこんで緑肥にもしたそうですし、随は今でも顕微鏡用の薄い切片作製に使うそうです。
とても役立つ木のようです。

投稿: やまそだち | 2008年6月24日 (火) 21:51

今晩は!ニワトコの実は随分早くから成るのですね。こんなに早く実がついたら鳥が、いの一番で啄ばむ事でしょう。それに接骨木と書いて昔は接骨医が使ったそうです、人にも鳥にも優しい木だったのですね。

投稿: 信徳 | 2008年6月24日 (火) 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムシトリナデシコ | トップページ | ニガイチゴの実 »