« コナスビ | トップページ | 雲南省の花(2) »

2008年7月 7日 (月)

中国雲南省の花旅

Setuzan
6月29日朝、成田を出発し7月6日夜に帰国、成田に1泊し今日帰ってきました。
2、3日目の標高3,600mの山の中の山荘の2泊がちょっときつかったですが、それ以後は高度にも慣れ4,000mの散策もなんとか楽しく花を観察できました。
「雲南省 青いケシウォッチング」というツワーでしたので8種類の青いケシの仲間を見る事ができました。
写真の整理には時間がかかりそうですが、見た花をいくつか紹介します。

Betonicfolia最初に見た青いケシです。メコノプシス・ベトニキフォリアと言う名前です。青いケシ(メコノプシス属)は変化が多く、まだまだ未知の部分も多いようで名前も学者により違っている部分もあるようです。
(2008.7.1 雲南省老君山山麓)

Nomocharis
ユリの仲間のノモカリス・フォレスティーと言う花です。ユリ属とバイモ属の中間的な属だそうです。花の色も変化があり、写真のものは花びらにキザキザがありますが、無いものが多いようです。
(2008.6.30 雲南省老君山山麓)

|
|

« コナスビ | トップページ | 雲南省の花(2) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

aoikesiさん

代替えカメラは借りられたのはラッキーでしたね。
写真楽しみにしています。

投稿: やまそだち | 2008年7月 9日 (水) 14:23

やまそだちさん、お世話になりました。
山の写真を撮るときだけは、壊れたカメラがうらめしい!!
超広角レンズ持参したのに(涙)
花の写真はお借りしたカメラで満足です。

投稿: aoikesi | 2008年7月 8日 (火) 17:11

さなえさん

標高は3000m〜4000mですが、雪は全くありません。
雪が有るのは6000mの山だけです。
日本では見られない花が多く、特に青いケシに取り憑かれ、今回の参加者の何人かは何度も訪れているようです。

投稿: やまそだち | 2008年7月 8日 (火) 11:54

shukuさん

なんとか無事帰ってきました。
2年前に比べると中国もかなり変わっており、前回はなかなか食べられるものがありませんでしたが、今回はほとんどが食べる事ができました。
とは言ってもやはり日本のものが一番です。すべてがおいしく感じます。

投稿: やまそだち | 2008年7月 8日 (火) 11:49

おはようございます。

楽しみにしておりました。

しかしところ変われば、花姿もかなり変わりますね。

高山植物なのでしょうが、まさに高嶺の花、神様の造形美と言う感じがします。

投稿: さなえ(花の庵) | 2008年7月 8日 (火) 05:59

お帰りなさいまし!(^o^)/
うわぁ~~~~ うっとりしてしまいます~~lovely

投稿: shuku | 2008年7月 7日 (月) 22:29

yuukoさん

梅雨時ですので、雨は降っていました。でも花を観察する時は運良くほとんど降られませんでした。
移動中は結構降っている場所もありました。

ノモカリスはユリ科ですので、内側が内花被片、外花被片と呼んだ方が良いのでしょうね。
どちらにもギザギザが入ったものもありました。

投稿: やまそだち | 2008年7月 7日 (月) 22:05

信徳さん

早々とありがとうございました。
私は日本では青いケシは見た事がありませんが、このベトニキフォリアは英名Himalayan blue poppyで、まさにヒマラヤの青いケシは本種のようです。しかし、名前にヒマラヤが付いていますが、本来のヒマラヤには分布せず、本種に出会えるのは雲南省北西部だそうです。

投稿: やまそだち | 2008年7月 7日 (月) 21:51

遠景が素晴らしいです
空気の違いが感じられますね

雨も降ったのですか?
濡れた花びらもきれいですね
下草も生えているところなんですね

ユリの仲間の方は草の無いところですか?
これは変わった花ですね
もう既に実が付いているような・・・
ギザギザと斑点があるのが花びらで その後ろにある花びらみたいのは何でしょうか?

投稿: yuuko | 2008年7月 7日 (月) 20:52

雲南省からお帰りなさい!早速覗かせて頂いています。本場ヒマラヤの青いケシは流石に綺麗です。日本では塩原温泉、湯沢薬用植物園の三か所で見た事がありますが、やはり本場の露に濡れた綺麗な画像にウットリです。ユリの花も独特の色合い、形で綺麗ですね。

投稿: 信徳 | 2008年7月 7日 (月) 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コナスビ | トップページ | 雲南省の花(2) »