« 至仏山の花観察(3) | トップページ | 尾瀬ケ原散策(2) »

2008年7月29日 (火)

尾瀬ケ原散策(1)

Nikokisuge3305至仏山を登った翌日25日、6時30分山の鼻のロッジを出発。
早足のハイカーが次々と追い越して行きます。
私は相変わらず、のんびりの尾瀬ケ原散策の開始です。
天気も晴れ時々曇り、途中、ぱらっと雨もきましたが傘も必要ない一日でした。
今回は尾瀬に40年以上かよっているNさん、地元群馬のPさん、Aさんに見たい花の情報を聞いてきました。
おかげで、目的の花はほぼ見られました。Nさん、Pさん、Aさんありがとうございました。

Hitujigusa3832今日の泊まりは竜宮小屋、のんびり原を一周して3時過ぎには小屋に到着。入浴前に小屋の近くの池糖へヒツジグサを見に出かけました。
未の刻(午後2時頃)に花が開くのでこの名前が付けられましたが、正午前に開き夕方には閉じます。

|
|

« 至仏山の花観察(3) | トップページ | 尾瀬ケ原散策(2) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

一面おニッコウキスゲは景色として遠くから眺めるのも、良いものですね。
尾瀬ケ原には池塘が沢山ありますが、どの池塘にもある訳でなく、全くない池塘も沢山あります。
花はスイレンよりちょっと小さいですね。

投稿: やまそだち | 2008年7月30日 (水) 21:48

一面の緑の上に出ている黄色の美しいこと!
湿原ならではの風景でしょうか

湿原の水溜りにヒツジグサが浮かんでいるのですね
スイレンより小さいのでしたよね
とても美しいです

投稿: yuuko | 2008年7月30日 (水) 12:00

信徳さん

ニッコウキスゲは一週間前が最盛期だったようですが、まだまだ花は沢山見られました。
ヒツジグサは夕方近かったので光線も強くなく、白があまり飛びませんでした。

投稿: やまそだち | 2008年7月30日 (水) 10:43

さなえさん

今は至仏山は山の鼻側は登り専用で、降りられませんので、鳩待峠から往復しました。
竜宮まで行きたかったのですが、時間的に無理と思い山の鼻に泊まりました。

投稿: やまそだち | 2008年7月30日 (水) 10:41

ニッコウキスゲが満開でしたね。綺麗な黄色のジュウタンが遠くに広がっています。ヒツジ草も時期的には最高です。

投稿: 信徳 | 2008年7月29日 (火) 21:01

こんばんは。

至仏からおりて、山の鼻に泊まられたのですね。

あの辺りは、はっきりと覚えています。

川上川の流れも澄んでいました。

今一度、必ずと思っています。

投稿: さな、花の庵 | 2008年7月29日 (火) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至仏山の花観察(3) | トップページ | 尾瀬ケ原散策(2) »