« アカモノの実 | トップページ | ナンバンギセル »

2008年8月18日 (月)

ヤマハハコ

Yamahahako比較的低い山から高い山まで生育しているので、見る機会が多い花です。
白く花びらのように見えるのは総苞片で、真ん中の黄色いのが花です。
学名はAnaphalis margaritaceaでマルガリタケア(margaritacea)は「真珠状の」という意味だそうです。
また英名はParlly everlastingで「いつまでも変わらない真珠のような花」といった意味だそうです。
素敵な名前がつけられています。まさにドライフラワーにぴったりの花ですね。
草むらにひっそりと咲いていたもので,まとまって咲いているものとは違った雰囲気のものになりました。
(ヤマハハコ 山母子 '08.8.15)

sign01四年前、中国四川省に行った時の写真で未紹介のものが,そのままになっていました。今回整理しHPに「雲南省の花旅(2)」としてアップしました。のぞいて見て下さい。

|
|

« アカモノの実 | トップページ | ナンバンギセル »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

これは一般的なものより葉も細く、花も少ないです。
普通は花はもっとごっそりついています。
葉が緑っぽいものも良く見かけます。
花期は7月〜9月と長いようです。

投稿: やまそだち | 2008年8月19日 (火) 17:20

信徳さん

ヤマハハコは遠くから見ると真白な花のように見えますね。
池の平でも沢山見られたと思います。
花付きはもっと良いと思います。これは葉も細く、ちょっとか弱いヤマハハコです。

投稿: やまそだち | 2008年8月19日 (火) 17:16

これ、やっぱりヤマハハコですよねぇ・・・

うちにあるのも同じです
先日 カワラハハコと書いたものです

でも、もう一種類葉っぱや茎がこんな風に白くなくて濃い緑で、葉の広さも広いものがあるんです
それがゴチャッと群生します
花も少し早くに咲くんです
あれも、同じヤマハハコでいいのかしら・・・・・・・・

投稿: yuuko | 2008年8月19日 (火) 09:15

池の平に行った時に色は違っていましたが、ハハコグサに似ている花が沢山あって写真を撮り後で調べたらヤマハハコでした。その時は真ん中が黄色であることは分かりませんで今日初めて知りました。

投稿: 信徳 | 2008年8月19日 (火) 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカモノの実 | トップページ | ナンバンギセル »