« チョウジギク | トップページ | イヌザンショウ »

2008年8月13日 (水)

ミズギク

Ozemizugiku2オゼミズギクは一昨年9月に紹介していますが,花が終わりに近い時期でした。
先月行った時は咲き始めでしたが、今回は満開の状態を見ることができました。そこで再登場です。
原では黄色のオゼミズギクと紫色のサワギキョウが競演していました。
ミズギクの変種でミズギクとの違いは葉の裏の腺点が多いという事ですから見かけは全く変わらず,アマチュアには区別の必要はないですね。
水菊の名前通り、湿原に生えるキクです。
「オゼ」の名のつく植物はオゼヌマアザミ・オゼタイゲキ・オゼミズギク・オゼトリカブト・オゼソウ・オゼコウホネ・オゼノサワトンボとありますが、今回オゼノサワトンボを見ましたので,これで全部見た事になります。

(オゼミズギク 尾瀬水菊 '08.8.9)

|
|

« チョウジギク | トップページ | イヌザンショウ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

枝分かれが少ないのでひょろっとした感じに見えるのでしょうか。
同じ仲間のカセンソウやオグルマに比べると背はちょっと低いかもしれません。

投稿: やまそだち | 2008年8月14日 (木) 13:14

ミズギクは湿地帯に咲くだけあって茎が長いですね。ひょろっと立って咲く菊は余り見かけません。

投稿: 信徳 | 2008年8月13日 (水) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウジギク | トップページ | イヌザンショウ »