« コケオトギリ | トップページ | ピンク色のハマゴウ »

2008年8月 4日 (月)

アメリカネナシカズラ

Amerikanenasi北アメリカ原産の寄生植物です。海岸でひものような黄褐色のつるをハマゴウに絡ませていました。
花も実も小さく直径3mmくらいです。
ネナシカズラの学名はCuscuta PentagonaでPentagonaは「5稜のある」と言う意味です。花を上から見ると五角形なので付けられtいます。
アメリカ国防省の通称ペンタゴンも建物が五角形ですね。
(アメリカネナシカズラ '08.8.1)

*学名
万国共通の植物の名前で原則としてラテン語を使用する事になっています。
属名と種小名で表します。Cuscutaが属名(ヒルガオ科)でPentagonaが種小名です。

|
|

« コケオトギリ | トップページ | ピンク色のハマゴウ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

全寄生植物で葉緑体がなく、他の植物から栄養を吸収します。
葉は退化してしまっています。丸い緑の葉ハマゴウの葉です。
在来種のネナシカズラは北海道にもありますよ。

投稿: やまそだち | 2008年8月 4日 (月) 23:17

信徳さん

世界共通ですので,学名が載っている図鑑を持っていれば何処の国に行っても,使えます。

投稿: やまそだち | 2008年8月 4日 (月) 23:10

ずい分細いツルですね
葉っぱは丸みがあって可愛い感じがします
小さなお花が沢山つくのですね
面白そうな植物ですね

投稿: yuuko | 2008年8月 4日 (月) 20:26

学名をラテン語表記を初めて知りました。言われてみれば成る程ですが共通語は英語ではなくラテン語なのですね。

投稿: 信徳 | 2008年8月 4日 (月) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コケオトギリ | トップページ | ピンク色のハマゴウ »